半分青い津曲雅彦を演じるのは?クリームシチューの有田哲平!

半分、青い。

NHK連続テレビ小説「半分、青い。」に津曲雅彦役でお笑いコンビクリームシチューの有田哲平さんが出演されます。!有田さんといえば、お笑いタレントとして大人気ですが、俳優としても活躍されているんです。昨年にはドラマ「わにとかげぎす」で連続ドラマ初主演も果たしました。

有田さん演じる津曲雅彦とはどんな人物なのでしょうか?ご紹介します!

スポンサードリンク

有田哲平さんプロフィール

生年月日:1971年12月3日

身長:173cm

出身地:熊本県

有田さんは1991年に上田晋也さんとお笑いコンビ「海砂利水魚」を結成し、1992年からはじまった「ボキャブラ天国」に出演し人気になりましたが、実力はあるもののいまいちブレイクできない時期が続いていました。

2001年にバラエティ番組「ウンナンの気分は上々」で、対決に負けたら改名するという企画に参加し敗戦。罰ゲームとしてコンビ名を「クリームシチュー」に改名したことで、大ブレイク。現在は多くのバラエティー番組に出演され、テレビで見ない日がない程の活躍です。

スポンサードリンク

「半分、青い。」有田哲平さん演じる津曲雅彦とはどんな役?

岐阜・梟町のつくし食堂に、突然現れたうさんくさい男。かつては大手広告代理店に勤めていたが、独立し、“ヒットエンドラン”という会社を立ち上げる。商品プランニング、マーケティング、コンサルティング・・・様々な事業を展開しているというが、具体的に何をしているかは不明。後に鈴愛の人生に大きな影響を与える。

引用元:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/news/cast/20180719.html

公式HPによると、有田さんが演じる津曲雅彦は様々な事業を展開している”うさんくさい男”ということで、有田さんのイメージにぴったり合いそうですね。鈴愛の人生に大きな影響を与えるということは、鈴愛が今後発明する扇風機に関係してくるのでしょうか?

有田さんは昨年ドラマで主演したことで俳優業とは大変な仕事だと実感したので、しばらく俳優業をお休みしようと思っていたそうです。しかし”朝ドラ”、しかも”北川悦吏子さんにあて書きしていただいている”と聞いて、喜んで!という気持ちでオファーを受けることを決意。「熊本から出てきたお笑い芸人である僕が「半分、青い。」の世界にどんな化学反応を起こすか、楽しみにしていて下さい」と抱負を語っていました。

脚本の北川さんは有田さんの起用について、「佐藤健、中村雅俊、豊川悦治、谷原章介、斎藤工、中村倫也、間宮祥太朗、志尊淳など、イケメン祭りできてなぜ、最後の最後に、有田さんなのか?!イケメンの決定打が有田さん!納得がいかない!もしくは、すごい楽しみ!いろんな意見があると思いますが、有田さんでなければならなかった、理由があります。」とコメントされています。

有田さんがイケメンの決定打??どんな役なんでしょうか?有田さん演じる津曲の登場が楽しみです!

スポンサードリンク

「半分、青い。」98話(7月24日放送)のあらすじ

2年の歳月をかけて、涼次(間宮祥太朗)はようやく映画の脚本を書上げた。苦労に苦労を重ねた作品の完成に、内助の功に徹した鈴愛(永野芽郁)も我がことのように喜ぶ。涼次が脚本を祥平(斎藤工)に見せると、祥平は早速、映画化に向け原作者の許諾を得ようと動き出す。そして打ち合わせの日、プロデューサー・斑目(矢島健一)とともに、映画化を認めないことで有名な人気作家・佐野弓子(若村麻由美)がやってきて…。

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=436384

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。