半分青いクリーム有田の妹・加藤恵子役は小西真奈美!17年ぶり朝ドラ出演!

半分、青い。

永野芽郁さん主演のNHKテレビ小説「半分、青い。」に、女優の小西真奈美さんが出演されることが発表されました。

小西さんの朝ドラ出演は2001年「ちゅらさん」以来17年ぶりです!小西さんは津曲雅彦(クリームシチュー有田哲平)の妹・加藤恵子を演じます。脚本家の北川悦吏子さんによると”ぶっ飛んだ役”とのことですが、一体どんな役柄なんでしょう?ご紹介します!

 

スポンサーリンク

小西真奈美さんプロフィール

生年月日:1978年10月27日

出身地:鹿児島県川内市

身長:168cm

血液型:AB型

雑誌モデルとして活躍後、1997年つかこうへい劇団に入団し女優に転向。「寝取られ宗介’98」で女優デビューしました。2001年「ココリコミラクルタイプ」でバラエティー初出演。コントでボケ役にも挑戦し、一躍人気女優に。同年NHK連続テレビ小説「ちゅらさん」ではヒロインの恋敵となるクールな女医を演じました。

2006年オリコンによる「憧れの小顔美人ランキング」で初代クイーンに。以来ずっと2位をキープしているそうです!

本当にすごい小顔です!うらやましー!

 

スポンサーリンク

「半分、青い。」小西真奈美さん演じる加藤惠子役はどんな人?

津曲の妹で主婦。廃校を利用したシェアオフィスにて“グリーングリーングリーン”という会社を1人で立ち上げる。30歳を過ぎ起業したこの会社、儲けは二の次に、自分の大好きな緑色と手触りの良さに特化した商品を開発している。当の本人も全身緑色のものをまとい、一面緑色のオフィスでモノづくりを行っている。

引用元:https://www.nhk.or.jp/hanbunaoi/news/cast/20180719.html

 

脚本家の北川悦吏子さんから加藤惠子はぶっ飛んだ人だと聞いていた小西さん。脚本を読みながら、ぶっ飛んだ、でもまっすぐで素敵なキャラクターだと思ったそうです。

「半分、青い。」を初回からずっと観ていて、何度も勇気づけられ、涙した一人として、参加する立場になった今、少しでも皆様に楽しい朝のひと時を過ごしていただけるよう、元気に、そして丁寧に、愛情を持ってこの役に向き合っていきたい」とコメントされています。

恵子はどんな風にぶっ飛んでいるキャラクターなんでしょう?ヒロイン鈴愛役の永野芽郁さんは、「小西さん演じる恵子は「半分、青い。」史上最強のビジュアルインパクト」とコメントされています。史上最強のビジュアルインパクト!?恵子の登場が待ち遠しいですね!

 

「半分、青い。」105話(8月1日放送)あらすじ

花野(山崎莉里那)の5歳の誕生日。鈴愛(永野芽郁)は涼次(間宮祥太朗)から突然、思いもよらない話を切り出される。鈴愛が問いただすと、涼次は衝撃の事実を伝え、二人は激しい口論になる。そこに花野が現れ…。涼次は光江(キムラ緑子)、麦(麻生祐未)、めあり(須藤理彩)にも固い意志を伝えるが、光江もまた納得がいかない。光江は涼次をしかりとばすと、「この家を出ていけ」と言い渡す。それを受けた涼次は…。

引用元:https://tv.yahoo.co.jp/program/?sid=436384

映画監督の夢を諦めることができず、離婚を決意した涼次。何も離婚しなくても映画監督になれるのでは。。。

唐突な展開に、NHK「あさイチ」に出演している博多華丸大吉の華丸さんも「早い!ちょうだい、紆余曲折!」とコメントされており、ネットでも同調の意見が多くありました。

鈴愛のジェットコースター人生はまだまだ続きそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です