西郷どんの島娘とぅまは誰?吉之助との結末は?ネタバレと予想も!

西郷どん

大河ドラマ「西郷どん」の第18回「流人 菊池源吾」で登場する島の娘とぅまは誰?この後、吉之助との関係はどうなっていくのか!?今回は、史実に基づいたネタバレと予想をご紹介します。

 

スポンサーリンク

島娘とぅまは二階堂ふみ

島娘とぅまを演じているのは、二階堂ふみさんです。
演技派女優として、いろんな役に挑戦していますよね!!
昨年まで出演していたバラエティ番組で、女優業に専念するためぐるナイの「ゴチメンバー」を脱退したことが記憶に新しいです!

操上和美さんに撮って頂きました。ぜひ! @wackomaria_guiltyparties @grindmagazine

Fumi Nikaidoさん(@fumi_nikaido)がシェアした投稿 –

  • 本名:二階堂 ふみ
  • 生年月日:1994年9月21日(23歳)
  • 出生地:沖縄県那覇市
  • 身長:157 cm
  • 血液型:O型

12歳の頃、地元沖縄のフリーペーパーに載っていたのを見たマネージャーによってスカウトされ芸能界入り。ファッション誌『ニコラ』の専属モデルを務めていました。

テレビドラマ『受験の神様』で演技デビューしてからの女優としてのキャリアは目をみはるものがあります!

代表作は
『ヒミズ』
『劇場版 神聖かまってちゃん ロックンロールは鳴り止まないっ』
『地獄でなぜ悪い』
『四十九日のレシピ』
『私の男』
『蜜のあわれ』

などなど!演技の賞もたくさんとって、若手女優の筆頭株ですよね。

同じく、人気俳優の菅田将暉さんと仲が良いようです。
二人でストリートミュージシャンみたいなことをしてるのが週刊誌に撮られてました。

西郷どんの撮影に入る前はキレイなピンク色に髪を染めていました。
似合ってますね〜

 

スポンサーリンク

島娘とぅまは吉之助の2番目の妻

島娘とぅまには「愛加那(あいがな)」という名前があります。
西郷と結婚した時に、「愛」という名前をもらい愛加那と名乗るようになります。
加那は今で言う○○子みたいな感じですね。

愛加那

aigana


西郷隆盛の妻。西郷が奄美大島に流刑になっていた際に、結婚。菊次郎をもうける。 西郷が後に鹿児島に帰還した際に、島に残りそのまま生涯島から出ることはなかった。 息子・菊次郎は後に西郷の後妻・イトに引き取られ、台湾・宜蘭庁の初代庁長や京都市長となる。
引用元:https://bakumatsu.org/men/view/207

史実に基づく脚本になったら、愛加那ちゃんかわいそすぎますよね!!
夫にも子供にも会えずに、独り奄美で死んで行くなんて!

▼あんごについて説明した記事です。▼
 

まとめ

島娘とぅまを演じるのは、若手演技派女優の二階堂ふみさんでした!
そして、島娘とぅまは、吉之助の2番目の妻となり、西郷から贈られた「愛加那(あいがな)」という名前を名乗り子供も生まれます。しかし、その後離れ離れになる運命です。
ドラマ版ではどんな脚本になるでしょうか!今後が楽しみですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です