【3年A組】4話視聴率・ネタバレ(1月27日放送)動画を作ったのは甲斐(片寄)?

3年A組

1月27日放送の3年A組第4話の視聴率・あらすじ、ネタバレを書いていきます!

景山のドーピング動画を作った犯人は、甲斐(片寄涼太)だった!?

4話では、甲斐が生徒の解放をかけて柊と戦います。

では、3年A組第4話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

人質みんな生きてたね!

 

▼3年A組動画はHuluで無料見逃し配信中▼

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第4話の視聴率

『3年A組』第4話の視聴率は、9.3%

第3話からは1.7ポイントのダウンで、1桁代に急落してしまいました。

この日は、裏で嵐の活動休止に関する会見が行われていたため、そちらに視聴者を持って行かれてしまったのかも…

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第4話のあらすじネタバレと感想

3年A組4話あらすじ

警視庁理事官である五十嵐(大友康平)は、ついに一颯(菅田将暉)と対面。が、五十嵐が盗聴器を付けていることを察した一颯は、拳銃を突き付けて――。
一颯の本日の授業は澪奈(上白石萌歌)を陥れたフェイク動画を「撮影した」3年A組の生徒は誰なのかというもの。しかしいつもとは違い、その犯人の特定を生徒たちではなく郡司(椎名桔平)に命じる

そして、指定した時刻までに動画撮影者を見つけられなければ教室内の5人の生徒の命を奪うと宣言。世の人々は一斉に警察の動きに興味を向ける。郡司が捜査を進めると動画には、水泳部のジャージを着た人物が映っていたことが判明する。同時に生徒たちの間では、水泳部員の花恋(堀田真由)に疑いがかかる。彼女は、動画に映っているのは水泳部マネージャーの真壁(神尾楓珠)かもしれないと反論する。澪奈、花恋、真壁はかつて、水泳部の仲間として親しくしていた。

そんな中、郡司のもとに3年A組の生徒を名乗る人間から連絡が入る。その生徒の協力を得た郡司は、フェイク動画を撮影したと思われる生徒を特定するが…。
新たな謎が刻まれる衝撃の第4話―――。必見。

澪奈(上白石萌歌)の死の鍵を握る疑惑のフェイク動画撮影者は、里見(鈴木仁)だった。しかし、その動画の撮影を指示した人間は別にいる……。一颯(菅田将暉)は、その正体が誰なのかと生徒たちに尋ねる。勿論、誰も名乗り出るはずもない……と思った矢先、挙がる一人の手。その手の主は甲斐(片寄涼太)だった――。

甲斐が罪を認める中、一颯は甲斐の後ろに更なる黒幕がいるはずだと追求する。だがそれを認めない甲斐。すると一颯は甲斐が真実を明らかにしなければ次は10人の生徒が犠牲になると告げる。戦慄する3年A組。
甲斐から情報を引きだそうとする生徒たち。だが、口をつぐむ甲斐にさくら(永野芽郁)は自らを奮い立たせ、甲斐に言葉を投げかける。しかしそれでも何かを語ることはなく、一人教室を出て行く甲斐。だが、そのさくらの勇気に心を動かす生徒が現れる。次第に、動き出す教室内の空気。

そして、夜8時が近付く。いら立った男子生徒が甲斐に迫り、3年A組は一触即発状態に。甲斐は一颯に「お前が勝ったら洗いざらい吐いてやる。ただし、俺が勝ったらみんなを解放しろ」と、闘いを挑む。
一颯が3年A組に放つ、魂の授業とは――。

引用元: https://www.ntv.co.jp/3A10/story/

ドラマ『3年A組』第3話の評判は?

3話の評判を見ていきましょう!

 

▼1人目の犠牲者・中尾蓮(三船海斗)のプロフはこちら▼

3年A組 3年A組の中尾蓮役の三船海斗!1話最初の犠牲者は子役出身のイケメンだった!

 

▼3年A組クラス全員のキャスト紹介はこちら▼

3年A組 【3年A組】キャスト一覧!生徒29人の詳細プロフィール・画像あり!

 

 

▼3年A組見逃し配信はこちら▼

3年A組 3年A組の1話動画を無料視聴する方法!(1月6日放送)pandoraでも見れる?

 

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第4話ネタバレと感想

ただの不良生徒だと思っていた甲斐(片寄涼太)が実は心優しい孝行息子だった!

景山澪奈(上白石萌歌)の自殺の原因となったフェイク動画の撮影を里見に指示したのは、甲斐(片寄涼太)だった。

甲斐の母親は交通事故で脊髄を痛め、要介護状態になっていた。

甲斐はダンスの夢を諦めて幼い弟妹の面倒を見ながら、バイトをして一人で家計を支えていた。

そんな時、ダンス仲間から「景山に会わせてくれたら20万やる」という話を持ちかけられた甲斐はそれに応じる。景山は茅野さくら(永野芽郁)をクラスの奴隷呼ばわりしないことを条件に、ダンス仲間の先輩に会うことを了承した。

甲斐は、景山が危険な目に会うことを薄々感づいていたが、水泳選手として何不自由なく夢を叶えていく景山への嫉妬からその危険を見て見ぬ振りしていた。

当日、案の定さらわれそうになった景山を見て、良心が痛んだ甲斐は景山を助けたが、後日景山誘拐未遂の首謀者半グレ集団「ベルムズ」のKの指示で、「景山が2度と泳げなくなるような動画」を撮影することに。

里見にフェイク動画の撮影を指示した犯人は甲斐。

そして、動画を編集したのは「ベルムズ」のK

甲斐は友人にも教師にも助けを求めず、自分だけで行動して挙句に景山を追い詰めたことを反省した。

柊は全てを知った上で、郡司刑事を「ベルムズ」のK逮捕へと向かわせるべく仕向けていた。

郡司は「ベルムズ」のアジトを見つけ、逮捕することに成功。

気になることに、「ベルムズ」のKと諏訪唯月(今田美桜)がお揃いのペンダントを持っておりただならぬ関係のように見えた。

そして、柊は突然倒れる。柊は持病を抱えているようだ。

柊に殺されたと思われていた6人の生徒たちは全員生きており、他の生徒たちと再開する。

「先生は自分たちのためにこんなことをしてくれている」と言い放ち、柊の味方をしたのだった。

 

 

▼3年A組ロケ地情報はこちら▼

3年A組 【3年A組】2話ロケ地・撮影場所はどこ?魁皇高校・澪奈がいた歩道橋を紹介!

 

ドラマ『3年A組』第4話のネットの反応や評価は?

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です