【3年A組】5話視聴率・ネタバレ(2月3日放送)内通者は今田美桜!?

3年A組

2月3日放送のドラマ「3年A組」5話の視聴率・あらすじ、ネタバレを書いていきます!

4話では甲斐(片寄涼太)が不良に見えて実は超孝行息子だったという展開に驚き、柊先生倒れちゃったけどこの後どうなるの!?と、ゾクゾクの展開でしたね!

5話では内通者が判明する?では、あらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

5話はカチュウシャ女子今田美桜回になりそう!!

 

▼3年A組動画はHuluで無料見逃し配信中▼

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第5話視聴率

2月3日放送の3年A組第5話視聴率は、10.4%!

前回の9.3%から1ポイント以上アップして2桁代に返り咲きました。

やはり、前回は裏で嵐の活動休止記者会見が放送されていたから視聴率が落ちてしまったのかな〜?

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第5話のあらすじネタバレと感想

3年A組5話あらすじ

一颯(菅田将暉)が倒れた―――。
それから約2時間後、時刻は3月4日午後10時30分から物語は始まる。
一颯を心配するさくら(永野芽郁)らの一方、その隙を見て生徒たちは手分けして脱出方法を探り、閉ざされていた美術準備室の扉を破ることに成功。そして彼らは没収された携帯電話やカバンを回収し、外部との連絡手段を獲得する。

様々な人間からの生存報告、そして一颯が倒れたという情報が瞬時に拡散していく。
その報を聞いた警察は動きだし、SITの突入を決意する。……突入まで時間はない。
そんな中、美術準備室の床から下の階の教室につながる扉が開き、殺されたはずの中尾(三船海斗)、里見(鈴木仁)、西崎(今井悠貴)、瀬尾(望月歩)、瑠奈(森七菜)、美咲(箭内夢菜)が見つかる。まさかの事態に喜ぶ生徒たち。

しかし、なぜか神妙な面持ちの里見たち。彼らは、脱出を試みようとする生徒らに「自分たちは学校から出るつもりはない」と告げ、さらには「先生と一緒にこのまま学校に立てこもってほしい」と他の生徒に訴える……。その真意とは。
たった55分間の激動の物語。争いと葛藤。彼らそれぞれが取る、選択とは……。
―――この1時間が、「3年A組」の大きな岐路となる。

引用元: https://www.ntv.co.jp/3A10/story/

ドラマ『3年A組』第4話の評判は?

4話の評判を見ていきましょう!

 

喜志正臣役の栄信さん、アンナチュラルにも出てましたよ!

▼喜志正臣役の栄信記事▼

unnatural ドラマアンナチュラル2話犯人役の俳優は誰?仮面ライダーにも出演?

 

▼3年A組クラス全員のキャスト紹介はこちら▼

3年A組 【3年A組】キャスト一覧!生徒29人の詳細プロフィール・画像あり!

 

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第5話ネタバレと感想

柊先生が持病の悪化で倒れている隙に、生徒たちは美術準備室への突入に成功!

殺されたはずの生徒たちの生存も確認して、さてここから脱出しようという動きになったのですが、内通者の「逢沢博己(あいざわひろき)」によって邪魔されます。

しかし、逢沢はケンカが弱いので甲斐隼人(片寄涼太)にぶん殴られて爆弾の起爆装置も取り上げられて戦力にならないー。

殺されたことになっていた生徒たちは「柊先生は自分たちのためにやってくれている、このまま残ってくれないか」と言い出しますが、瀬尾雄大(望月歩)たちは「そんなこと知ったことじゃねーと大反発」。

景山の死の黒幕をあぶり出すための柊先生の作戦と知り、これまで柊先生の俺の授業で説教された生徒たちの心がだんだん動いて、今にも突入するシットを爆弾で追い払おうとします。

そのとき、柊先生復活!茅野(永野芽郁)に支えられた柊先生が登場。

そして、諏訪唯月(今田美桜)はベルムズのKの力で芸能界で幅を利かせてのし上がってきたことを認める。

諏訪がベルムズのKからもらったペンダントの中には、フェイク動画の依頼人顧客リストが入っていた。

(えーー!?そんなバレバレな名前でリスト作ります!?バカなの!?と、思いますよね…)

汚れ役は俺だけで十分とシットに会いにいきます。すべての責任を背負って、生徒たちを守る柊先生。

顧客リストによれば、景山のフェイク動画を依頼したのは、なんと「魁皇高校の教師」だった!

ドラマ『3年A組』第5話のネットの反応や評価は?

みんな武智先生に夢中ですね!!

来週もお楽しみに!

3年A組 3年A組6話あらすじネタバレ感想(2月10日放送)!犯人は武智先生!?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です