3年A組6話あらすじネタバレ感想(2月10日放送)!犯人は武智先生!?

3年A組

2月10日放送のドラマ「3年A組」6話の視聴率・あらすじ、ネタバレを書いていきます!

澪奈(上白石萌歌)の動画を撮らせた犯人は魁皇高校の教師?という展開に、武智先生が怪しいんじゃないか?
と思うのですが、みなさんいかがでしょうか?

では、「3年A組」6話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

武智先生が出てくるとアホすぎて和んじゃうんだけどねw

 

▼3年A組動画はHuluで無料見逃し配信中▼

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第6話のあらすじネタバレと感想

3年A組6話はからまた新たな展開が!

3年A組6話あらすじ

澪奈(上白石萌歌)を死に追いやった動画の作成を半グレ集団・ベルムズに依頼した悪の根源は、なんと魁皇高校の教師であるという疑惑が沸き立つ。様々な憶測が飛び交う中、一颯(菅田将暉)は自身を撮影した動画をSNSに投稿し、さらに3年A組全生徒の生存が確認出来る写真をアップロードする。生徒殺害の疑惑は消え去り、ますます一颯の狙いが分からなくなる世の人々。と、世間では一颯が実は澪奈の死の真相を暴こうとしているヒーローではないかという意見が生まれ始める……。

一方、死の恐怖から解放されたと思っていた生徒たち。だが一颯は教師陣に向かってフェイク動画の作成を依頼した人物に名乗り出るよう要求した後、夜8時までに名乗りでなければ教室を爆破すると宣言。驚くA組生徒たち。話が違うと責め立てる生徒に向かって一颯はいつもと変わらぬ表情で、その覚悟が揺らがないことを話し、再び携帯電話などの通信手段を回収し始める。事件初日と同じ光景に戸惑いの空気が流れる教室。と、さくら(永野芽郁)だけがあることに気付き―――。

第2章開幕。これまでとは違う様相を見せる3年A組の物語。その向かう先を示す第6話。
必見。

引用元: https://www.ntv.co.jp/3A10/story/

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』5話視聴後のSNSの反応は?

5話を見て、視聴者はどんな反応をしているでしょうか!?

 

 

 

とにかく武智先生が怪しい!!という声が多いですね。

▼3年A組クラス全員のキャスト紹介はこちら▼

3年A組 【3年A組】キャスト一覧!生徒29人の詳細プロフィール・画像あり!

 

ドラマ『3年A組』第6話ネタバレと感想

柊先生と手を組んだと思って和気あいあいと食事したり、シャワーを浴びる3Aの生徒たち。

しかし、柊先生からは真実にたどり着くまで生徒を利用してるだけと言い放った。

フェイク動画の依頼主が名のり出なければ生徒の命の保証はないとのこと。

その後、結城美咲が「柊先生に騙された」とフェイクの手足の動画を添付してSNSに投稿

それが原因で生徒にケータイをもたせておくことは危険ということで、再びケータイ没収。

しかし、結城美咲は没収されたケータイを運ぶ手伝いをするふりをしてこっそり自分のケータイを取り出していた。

さて、3Aの生徒達はフェイク動画を投稿した教師を探し始めた。

水泳部顧問の坪井が怪しいということに。

水越鈴音(福原遥)は水泳部に所属していたが、坪井の行動で退部を余儀なくされた。

景山澪奈が坪井になびかなかったからフェイク動画を依頼して澪奈を潰しにかかった?

その頃、郡司刑事は柊が学生時代にバイトしていた特撮映画の撮影所に聞き込みにいく。

そこで、柊はスーツアクターとして悪役を演じており主役にも抜擢されかけたが「持病の癌」が理由で辞退し、彼女の相楽文香と同じ教職を目指すようになったこと、さらに相楽文香は撮影所の社長の娘だということが分かった。

さらに、捜査を進めると相楽文香の父が大量の爆薬などを発注していたことが判明。

柊と文香父が繋がっていることが分かった。

20時になっても魁皇高校の教師が名乗り出ることはなかったため、柊は生徒を教室に監禁して教室を爆破したように見せかけて隣の3年B組の教室を爆破。

恐れおののく生徒たちの中、茅野(永野芽郁)だけは柊が本気じゃなかったことを見抜いていた。

なぜなら、朝の時点で柊先生は「メガネをかけてる時は本心、外している時はウソ」と言う信じる信じないゲームを提案していたから。茅野は、柊先生が教室を爆破すると言った時、メガネを外していたからウソだと見破っていた。

そして、6話最後にフェイク動画の依頼人は数学教師の「武智大和」だと言い放った柊先生。

武智先生は来週どんな弁解をするのか?

スポンサーリンク

ドラマ『3年A組』第6話のネットの反応や評価は?

6話視聴後のネットの反応を見てみましょう。

今回のストーリーで柊先生が伝えたかったことは、一時の感情に流されて不用意な発言行動をすると取り返しのつかないことになって最悪誰かを殺しかねない。物事のうわべだけを見ずに本質を理解しろということでしたね。

問題行動をネットに投稿する輩が問題になっている昨今、柊先生を通して3年A組の製作陣は世の中に強いメッセージを放っているようです。

これはしっかり胸に刻まねばなりませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です