あなたには渡さない2話あらすじ・ネタバレ感想!婚姻届を買う!?

あなたには渡さない

ドラマ「あなたには渡さない」2話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

怒涛の1話のセリフ「ご主人をいただきました」展開からいったいどうなってしまうのか?

衝撃のセリフもそうですが、婚姻届を購入とはいったい?

気になるドラマ「あなたには渡さない」2話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

 

スポンサーリンク

あなたには渡さないの2話あらすじ

まずは、2話の予告をcheck☆!!

2話公式あらすじ

 金沢の多衣(水野美紀)の元を訪れ、旬平(萩原聖人)との婚姻届を6000万円で買ってほしいと告げた通子(木村佳乃)。通子がその6000万円で新しい料亭『花ずみ』を始めると聞いた多衣は、金を用意する明日まで金沢で待っていてほしいからと通子に旅館を紹介する。だが旅館の一室に入った通子は、多衣がどうしてこの宿に通子を泊まらせたのかに気付き怒りに震える。
翌日、再び通子と対面した多衣は「担保はあなた自身。あなたに賭けてみたくなった」と6000万円を振り込むことを確約。さらにもう一つ担保があると言い、実は旬平の母親から預かっていたというある帯を手渡す。
新生『花ずみ』に向けて動き出す中、笠井(田中哲司)が様子を伺いに訪問。軽口を叩きながらも通子を優しく激励する。そんな様子を意味深に見つめる旬平。さらにそこに多衣までが現れ、四角関係の当事者が一堂に会し一触即発の空気に!
そうして、いよいよ通子が女将を務める新・『花ずみ』の開店日を迎え――。

引用元:https://www.tv-asahi.co.jp/anawata/story/0002/

 

スポンサーリンク

あなたには渡さないの2話を視聴してのあらすじ

※放送後をお楽しみに

 

あなたには渡さないの2話の感想

※放送後をお楽しみに

 

スポンサーリンク

あなたには渡さないの2話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

※放送後をお楽しみに

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です