中学聖日記6話あらすじ・ネタバレ感想!晶と再会した聖はまた恋に落ちる!?

中学聖日記

ドラマ「中学聖日記」6話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

晶に恋してしまった聖は、婚約者の勝太郎とも別れ、他の学校で教師を続ける道を選びました。
しかし3年後、聖は再び晶と出会ってしまいます。
聖は晶とハッピーエンドを迎えることができるのでしょうか?

では、ドラマ「中学聖日記」6話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介していきます!

▼結末の先読みは原作で!▼
原作漫画無料立ち読みはこちら!

スポンサーリンク

中学聖日記の6話あらすじ

まずは、6話の予告をcheck☆!!

6話公式あらすじ

3年後ーー2018年。
晶(岡田健史)の前から姿を消した聖(有村架純)は、勝太郎(町田啓太)とも別れ、千鶴(友近)と同じ小学校で教師を続けていた。

穏やかな日々を過ごしていた聖だったが、同僚と訪れた雑貨市で晶の姿を見かけてしまう。
晶は愛子(夏川結衣)の元を離れ、上布(マキタスポーツ)の実家に下宿していた。
過去の記憶がよみがえり動揺する聖。

一方、勝太郎は東京本社で過去を吹っ切るようにバリバリと働いていた。だがそこへ原口(吉田羊)が新しい部長として東京へ戻ってきて…。

そんな中、担当する生徒・彩乃(石田凛音)の遠足費の支払いが滞っていることを知った聖は、母親の元を訪ねるが…。

引用元:http://www.tbs.co.jp/chugakuseinikki_tbs/story/

スポンサーリンク

中学聖日記の6話を視聴してのあらすじ

舞台は3年後になり、子星中を辞めた聖でしたが小学校で教師を続けていました。
勝太郎との結婚は破談となり、晶は県内トップの進学校の高校に進学していました。
それぞれ新しい場所で新しい生活が普通になったころ、聖は晶を古書市で見かけてしまいます。
3年前を思い出し、逃げるようにその場を離れた聖。

聖はまだ晶を忘れられていません。
元婚約者の勝太郎も聖の前に現れ、3年前の過去を嫌でも思い出させられる聖。
同僚の野上先生は聖の事情を知っていて、「大丈夫」と慰められていましたが…。
次回は、聖が副担任しているクラスの母親に過去のことで脅されてしまいます。
聖は野上先生と。勝太郎は聖のことで慰められた原口と。晶は同級生のルナと。
それぞれどのような恋模様が繰り広げられていくのでしょうか?
晶の母親も含めて、どんどん泥沼になっていくような…。
次回も見逃せませんね!

中学聖日記の6話の感想

3年後、それぞれ新しい生活を送って平和なのかと思いきや…。
聖の前に晶が現れて、暗雲が立ち込めてきました。
中学校時代より複雑で泥沼な展開になりそう…。
ますます視聴が辛くなりそうですが、同じくらい展開が楽しみでもあり…。
聖と野上先生、晶とルナは間違いなくうまく行かなそうですよね…。
勝太郎と原口さんはこのまま熱く盛り上がり、うまくいきそうな気がする。
でも、新たに現れた美女が波乱を巻き起こすんでしょうか?
聖のクラスの母親やら、晶の母親やら、これから何をやらかしてくれるんでしょう…。
ルナちゃんもまた傷つく展開ですよね。
どうかみんながハッピーになる展開になってほしい!
しかしまあ、職員室やらラブホテルやらオフィスやら、ど定番のシチュエーションのラブシーンが一気に詰め込まれてて、ドキドキしてしまいます。
嵐の前の熱い夜ってな感じでしたねー!

スポンサーリンク

中学聖日記の6話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

 

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です