【ドロ刑】1話あらすじ・ネタバレ感想!ケンティーのヘタレっぷりがウザかわ

ドラマ「ドロ刑」1話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

若手警察官と泥棒のコンビが繰り広げる新感覚ドラマがやってきました!どのようなドラマを魅せてくれるのでしょうか?

ケンティーのゆとりウザかわ警官っぷりが炸裂しました。彼だからこそ許される役かも。

それでは、ドラマ「ドロ刑」1話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

 

スポンサーリンク

ドロ刑の1話あらすじ

まずは、1話の予告をcheck☆!!

1話公式あらすじ

夜明け前の閑静な住宅街の邸宅に忍び寄る怪しい人影。厳重なセキュリティーをすり抜け、いとも簡単に金庫を破った男は、優雅に煙草をくゆらせていた…。
翌朝、現場でその華麗な手口を目にした捜査三課の刑事・皇子山隆俊おうじやまたかとし(中村倫也)はある人物の犯行と確信する。その男こそ、煙草の香りの他はどんな証拠も残さず、誰もその姿を見たことがないという伝説の大泥棒・通称:煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)である。

その頃、非番の若手警察官・斑目勉まだらめつとむ(中島健人)は、電車内で泥棒騒ぎに遭遇。せっかくのオフを台無しにしたくないと見て見ぬ振りを決め込むものの、すられていたのはなんと自分の財布で…。「公務員は安定している」という理由で警察官になった斑目はあらゆる課でお荷物扱い。
本人も自分が警察官に向いていないことは自覚しているのだが、その噂を聞きつけた警視庁の鯨岡千里くじらおかちさと(稲森いずみ)からなぜか華の刑事部へ引き抜きの声がかかり…!?
刑事部へ異動したものの、花形の捜査一課ではなく、窃盗事件を専門にする地味な三課の泥棒刑事であることをたまたまバーで隣り合わせた男に愚痴る斑目。そのダメっぷりに呆れる男だが、帰り際に斑目にかけられた一言に愕然とする。「煙鴉さん」…と。

翌日、三課の面々は10年に一度の大物空き巣“キツツキのマサ”こと瀬戸正次郎せとまさじろう(高橋克実)の現場を押さえようと捜査を進めていた。宝塚瑤子たからづかようこ(江口のりこ)と共に張り込む斑目だが、一人になった途端瀬戸に尾行がばれ、上司から大目玉を食らう。度重なる失敗でうなだれる斑目の前に再び現れた煙鴉は「お前に捕まえさせてやる」と言うと、ある場所に連れて行く。その先に現れたのは、なんとあの“キツツキのマサ”で…!

勢い余って犯行前に瀬戸を捕まえてしまった斑目。しかし、警察に勾留できる48時間のうちに自供がなければ瀬戸は釈放されてしまう…。刻々と迫る制限時間の中、余裕の笑みを浮かべる瀬戸を相手に焦る三課の刑事たち。斑目は煙鴉の助けを借りるが…。二転三転する展開に主導権を握っているのは誰なのか!?先の読めない心理戦が繰り広げられる!

引用元:https://www.ntv.co.jp/dorokei/story/01.html

 

スポンサーリンク

ドロ刑の1話を視聴してのあらすじ

そこは静かな住宅街にある邸宅……そこへ忍び込む1人の怪しい人影。警備もなんのその。彼にかかれば鍵をかけられた金庫を容易に開いて、お金を持ち去る。現場に残るは微かな煙草の香り。彼こそは、痕跡を残さない伝説の大泥棒、煙鴉なのでした。煙鴉の手口を見て、彼しかいないと判断したのは捜査三課の刑事・皇子山隆俊。警察が現場を調べている間、煙鴉は「簡単だよなぁ……」と呟いて、去っていくのでした。

その頃、非番である若手警察官・斑目勉は映画を見ようと電車へ乗っていたところ、泥棒騒ぎに遭遇します。しかし、犯人が捕まっており非番であることから見て見ぬふりをしてやり過ごそうとしていましたが、自分の財布もスられていることに気づきます。

おまぬけな属性を持つ班目は、お荷物扱いとされていました。警察官になった理由も「公務員が安定しているから」というもの。班目自身も警官は向いていないと自覚はあるようですが、警視庁のお偉いさんから刑事部へのお誘いが来ます。

しかし、泥棒を専門とする三課だということに班目のテンションは下がり気味。むしろ、やめようかなと呟くほど。そんな愚痴をバーで煙鴉にこぼす班目。煙鴉はお会計を済まし、帰ろうとしたところ班目が「おつかれっす、煙鴉さん」と言いました。呆然とする煙鴉。あの香りで分かったといった班目ですが、捕まえる気はまったくないといいます。現行犯か証拠をかためてからじゃないといけない、と。煙鴉が知る刑事とは一癖二癖と変わっている班目。

翌日、三課の面々は10年に一度の大物空き巣“キツツキのマサ”こと瀬戸を捕まえようとしていました。やる気がいまいち出ない班目ですが、宝塚と共に張り込みをします。一人になったときに瀬戸を尾行しますが、尾行がバレてしまいます。

夜、バーへ寄って煙鴉に尾行がバレて上司に大目玉をくらったことを言います。すると、「会わせてやる」と煙鴉は班目を外へ連れ出します。煙鴉についていくと、そこには空き巣の瀬戸の姿が!煙鴉の協力で瀬戸を捕まえた班目。ウキウキ気分で出勤しましたが、犯行前に捕まえてしまったために自供がない限り、このままだと釈放されてしまいます。

班目は煙鴉にその事を話し、自分は何をやっても半端……小石みたいなものだとつぶやきます。そんな班目に煙鴉は取り調べを班目がするよう提案をします。

「あいつは俺の仕事を何度か邪魔したことがあるからな」

相手は大物泥棒。もちろん、自供となれば簡単にはいきません。準備や度胸もいります。「俺がお前を最強のドロ刑にしてやるよ」煙鴉の言葉に班目は驚いた様子で見つめるのでした。

翌日……残された時間は12時間。取り調べ室へ連れ込まれた瀬戸。

その頃、カラオケルームで煙鴉からレクチャーを叩き込まれる班目。急いで取り調べ室へ向かう班目。三課の刑事たちに作戦を話し、自分が取り調べることを告げます。

通話で煙鴉が取り調べを聞いている中、取り調べをする班目。あらゆる証拠に対してうまいように避ける瀬戸。しかし、主導権を握り始めたのは班目でした。あらゆる犯行現場での証拠を地図つき、尚且つ写真つきで瀬戸に見せる班目。これに対して確かに認める瀬戸ですが、状況証拠に過ぎず犯行手口が分かっていないんじゃダメだと笑う始末。

詰めが甘いと言われる班目。ここで詰みか思われたとき……班目は指示を出して、煙鴉を確保することに成功。瀬戸の犯行は全て煙鴉に仕立て上げようとしていたのです。

まさかの事態に瀬戸は自分の技である突き破りを披露し、自供をします。

してやられたと思った瀬戸。全ては煙鴉の描いたストーリーのままでした。

リスクをおかしてまでなぜ協力したのか班目は煙鴉に聞きました。

「お前が俺を見つけたからだ」

13係へ異動になった班目。そこにはいわくつき?いや、班目と似たような個性の強いメンツが揃っているのでありました……。

 

ドロ刑の1話の感想

待ちに待ったドロ刑!どうやら原作とはちょっと違った設定のようですね?

いい加減系主人公である班目と渋くてカッコよさが漂う煙鴉のコンビは、なかなかハマっていると思いました。

煙鴉が班目に協力した理由も班目が煙鴉を見つけたから……香りだけを残し他の証拠を残さない煙鴉としては、自分を見つけてくれた班目に何かを感じたのでしょうね。

ただ、それが本心からなのかは謎ではありますが……。

 

スポンサーリンク

ドロ刑の1話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

https://twitter.com/Knt01___/status/1051119610139799552

最後までお読みいただきありがとうございました!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です