【ドロ刑】3話あらすじ・ネタバレ感想!げんなりケンティーが愛らしい?

ドラマ「ドロ刑」3話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

望んで入った訳ではないのに後継者と見られてしまう班目。

テンションがた落ちの彼に次はどのような試練が待ち受けているのでしょうか?

それでは、ドラマ「ドロ刑」3話のあらすじ・ネタバレ・感想をご紹介します!

スポンサーリンク

ドロ刑の3話あらすじ

まずは、3話の予告をcheck☆!!

3話公式あらすじ

犯人逮捕に貢献して以来、勝手田かってだ(丸山智己)から一方的に“後継者”と認められ熱血指導を受けるはめになった斑目まだらめ(中島健人)。お茶汲みや掃除など一見捜査と関係のない無駄な雑務をさせられウンザリする。一方、皇子山おうじやま(中村倫也)の下についた美希みき(石橋杏奈)は「流行りの店に行かないと流行りの泥棒は捕まえられない」という謎の名目で連日フレンチの会食に連れ回され、げんなり。

そんな中、高度なハッキング技術で電子キーの金庫を破る金塊強奪事件が発生する。相当計画的な犯行と見た鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は13係の手に負えない事件は早々に諦めて検挙率の上げやすい自転車泥棒で数を稼ごうと最初から諦めモード。斑目は『精鋭部隊』とは程遠い13係からの異動を願い出るが相手にされず…。

一方、金塊を盗んだ窃盗団の事務所では、本業のオレオレ詐欺の業績が先細っていることで、金庫の暗号解析アプリの開発で窃盗団のボスから期待を寄せられる『タナカ』こと河原順平じゅんぺい(寛一郎)が人知れず自分の仕事に息苦しさと不満を感じていた…。
その夜、いつものバーで仕事の不満を爆発させる斑目を諭そうとする煙鴉けむりがらす(遠藤憲一)だが、斑目は聞く耳を持たず…。憂さ晴らしに煙鴉に渡されたクーポン券を持ってゲーセンにやってきた斑目は、対戦ゲームで対決した男とゲームの話で意気投合し、職業を偽りつつ仕事の愚痴をこぼす。IT系の仕事をしていると話す男は斑目に気を許し、「会社を手伝わないか?」と持ちかけるが、実はこの男こそ窃盗団の順平で…!!順平の正体を知り、最初から煙鴉が仕組んでいたと気づいた斑目は慌ててバーに戻るが、煙鴉は“潜入捜査”で手柄を上げろとけしかける!

人として気の合う順平を潜入捜査で欺くことに心を痛める斑目だが、窃盗団による次の犯行日が近づいていた。そして現行犯逮捕を狙う当日…。13係が張り込む中、前代未聞のトラブルと大ピンチが斑目を襲う!

引用元:https://www.ntv.co.jp/dorokei/story/03.html

スポンサーリンク

ドロ刑の3話を視聴してのあらすじ

あれからというものの、班目は勝手田の熱い(?)指導を受けていました。指導といってもお茶くみ掃除取り調べの見学。どれも地味な雑務ばかりで班目はテンションがた落ちの様子。対する小平は皇子山の下についてから外食ばかりで飽きあきしているといいます。

そして、13系が追うターゲットとなる事件が発生してしまいます。それはハッキングで金庫を破り、金塊を盗むという金塊強奪事件です。

ですが、頭のいい窃盗団というところから係長はすでに諦めムードへ突入します。

「点数稼ぎに自転車泥棒を検挙しちゃいましょ」

係長の話しに勝手田は捜査をさせて欲しいといいますが……。係長は聞く耳もたずのようで。班目も13係から異動したいと係長へ話しますが、これも聞く耳もたず。係長のスルースキルは高いようです。

一方、その金塊を強奪した窃盗団では本業であるオレオレ詐欺を事務所で行っていました。そこへ顔を出したのは、ハッキングの腕をもつ”タナカ”。ボスから期待を寄せられており、ボスからの次の”仕事”も心苦しさを感じながらも引き受けようとします。

夜になった頃、班目はいつものバーで煙鴉に愚痴をこぼしていました。煙鴉はそんな班目に諭そうとしますが、班目は聞こうともしません。

そんな班目に煙鴉はゲーセンへ行くように勧めます。クーポン券を持ってゲーセンで楽しんでいると、対戦ゲームで知り合った男と意気投合することになります。班目は職業を偽って愚痴をこぼしますが、知り合った男、順平は会社を辞めて会社を手伝って欲しいと言われます。

だがしかし、この男、順平はあの窃盗団の一員だったのです。班目は順平の正体を知り、いつものバーへ向かって煙鴉へどういうことか問い詰めます。しかし、煙鴉はチャンスだと言います。

「潜入捜査をして手柄をあげろ!」

嫌な顔をする班目ですが、翌日は順平とともに事務所へ向かいます。人として気の合う順平を欺き騙す……班目は心を傷んでいました。それでも窃盗団が犯行を行う日は近づいていきます。犯行当日、班目の潜入が他の実行犯メンバーにバレてしまい、順平と共に地下金庫中へ閉じ込められてしまいます。現場から金塊を持って逃走をしようとした実行犯メンバーは13系の手によって現行犯逮捕されます。

地下金庫へ駆けつけた13系メンバー、しかし、金庫はかたく閉じてしまい金庫の暗号を知っている会社員も連絡がつかないまま……。

気絶から気がついた班目は順平に朝まで待つしかないと言いますが、順平は無理だと言います。金庫は密閉状態となっており大人2人でいると4時間もつかもたないかの極限状態となっていたのです。

「あいつら……殺す気だ」

閉じ込められしまった班目を助けたいと思っている13系メンバー。電子ロックは壊されており、残るはダイヤルキーでのロック解除しかありません。そこで絶対音感をもつ小平がロック解除に名乗り出し、解除を試みます。しかし、間に合う気がしません。

何を思ったのか皇子山は地下金庫から飛び出し、とある場所へ向かいます。それは……煙鴉が立ち寄るバー。皇子山は煙鴉に金庫を開けるよう話します。

「手伝わないと言ったら?」

「死ぬだけです。……彼が」

地下金庫は煙鴉が7つのロックの1つだけ残し、会社員がその1つのロックを解除しました。無事に助かった班目。順平が逮捕されそうとなったとき、班目はロックキーを解除するアプリをつくっただけで金塊は盗んでいないと順平を庇うのでした。

「いたんだね、仲間」

「君にも来るよ、マスタードラゴン」

その後、順平はすぐに釈放されあの窃盗団の主犯は匿名で送られてきた情報で逮捕されました。係長は順平の仕業ね、と言いました。

これにて金塊強奪事件は幕を閉じたのです。

ドロ刑の3話の感想

命の危機をなんとか脱した班目!

煙鴉が手助けをしましたが、金庫破りでそのまま御用になるかと思いきや、その手があったか!と驚きました。

皇子山は悔しそうにしていましたね。思い返せば、皇子山の自宅は煙鴉についての資料が多く目につきました。執着があるように思えます。伝説の泥棒だからなのか、それとも?

関係性が気になります……。

スポンサーリンク

ドロ刑の3話Twitterの反響

twitterではどのような感想が出ているでしょうか?

https://twitter.com/mayukentylove/status/1056214424946540544

最後までお読みいただきありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です