グッドワイフ最終回あらすじネタバレ感想!杏子が選んだのは多田?壮一郎?

THEGOOD WIFE

3月17日放送の『グッドワイフ』最終回のネタバレ、感想を書いていきます!

9話のラストに多田が逮捕!杏子は多田を救うことができるのでしょうか!?

では、3月17日放送の『グッドワイフ』最終回のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

「グッドワイフ」1話~最終回を全部無料で見る方法はこちら

THEGOOD WIFE グッドワイフ最終回見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?

スポンサーリンク

グッドワイフ最終回あらすじ

最終回のあらすじをまずは確認!

壮一郎(唐沢寿明)の指揮により、神山多田法律事務所に現れた脇坂(吉田鋼太郎)は、多田(小泉孝太郎)を贈賄容疑で逮捕する。
壮一郎の私情が絡んでいるのではないかと、神山(賀来千香子)に指摘される杏子(常盤貴子)だが、多田は、過去に担当した案件の判決から、小宮裁判官(野間口徹)との関係を怪しまれていたのだ。
負ければ、神山多田法律事務所が潰れてしまいかねないと、神山と杏子を中心に、事務所一丸となり、検察を相手に裁判で戦うことに。一方で、朝飛(北村匠海)は不穏な動きを見せる。

そんな中、いよいよ多田の裁判が始まる。
しかし、多田にとって不利な証拠が次々と出てくるばかり。さらに検察側はさらなる隠し玉を控えていて…。さらに、杏子との関係が悪いままの円香(水原希子)は、脇坂と会っていた。そして、思わぬ行動をとってしまう…。

次々と追い込まれていく中で、どん底だった自分を救ってくれた多田を信じ、杏子は多田のピンチを救うことができるのか?

そして、亀裂が入った壮一郎との夫婦関係はどうなるのか?

妻として、女性として、杏子がする決断は…?

引用元:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/

スポンサーリンク

グッドワイフ最終回のネタバレ

最終回の完全ネタバレになります!

多田の逮捕

壮一郎の指示で、神山多田法律事務所に現れた脇坂は、多田を贈賄容疑で逮捕。

そして、小宮裁判官との関係を問いただす。

2人は良く食事をしており、「日常的接待の見返りとして裁判で有利な判決をもらってるんじゃないですか?」と聞く脇坂に対し、多田は「友人として食事はしますが、お互い割り勘ですよ。」と攻防が続く。

それを見ていた壮一郎は「こちらも手ぶらでは逮捕しない。ゆっくり教えてやるよ。うまく周囲をごまかしてきたようだが、お前はもう終わりだ。」と告げる。

 

神山と杏子が多田に接見。

杏子は「どうして蓮見は取り調べに同席してたの?」と尋ねる。

「俺を最初に疑ったのが蓮見さんみたいだ。きっかけは俺が担当した案件らしい。」と多田がおととしに担当した案件が発端だと話す。

 

多田逮捕の裏側

多田が疑われている案件は、おととし3月に発生。

依頼人である加害者は、仕事帰りの繁華街で、通りすがりの被害者とケンカになり殺人罪で起訴された。

興奮した被害者にナイフで襲われた依頼人が身を守るためにナイフを奪おうとして逆に殺してしまった。

 

目撃証言もあり、多田は正当防衛で弁護をした。

一審ではその主張が認められ、その一審の裁判官が小宮裁判官だった。

ところが、検察が控訴した二審では判決がひっくり返り、依頼人は殺人罪を言い渡された。

 

今回、正当防衛を認めた小宮の判決が不自然だと思われた。

それをきっかけに、多田と小宮の癒着が疑われ始めた。

多田が小宮に賄賂を贈ったのかどうか…そこが争点になってくる。

 

小宮と多田の関係

小宮は、「賄賂なんてとんでもない。犯罪者を見逃しちゃいけない。かといって冤罪も生んじゃいけない。こっちは必死で判決出してんのに」と一蹴する。

杏子は裁判で小宮に証言を依頼するが、状況がハッキリするまでは動くなと上から言われているとのことだった…。

多田が有罪になれば小宮の罪も問われる…裁判所も慎重にならざるを得ないのだ。

 

神谷は、「過去の多田と小宮が担当した裁判を調べたが、二人が癒着してるとは思えない。なのに起訴が決まった。この案件、ご主人の私情が絡んでる可能性はない?」と指摘する。

 

壮一郎の思惑は?

「蓮見さんは本気ですよ。直々に指揮をとって特命のチームを立ち上げる」と朝飛は検察の同期から聞いた情報を円香に話す。

「それだけの証拠があるってことですか?」と円香が尋ねると「絶対に有罪にしようっていうのは確かみたいですね」と朝飛は答えた。

 

一方、壮一郎に会いに行く杏子。

「あなたの指示なのよね?多田先生の逮捕は?」

「立場上、君とその話はできない」

「多田くんは賄賂を贈るような人じゃないよ。おかしいじゃない。検事正のあなたが直々に捜査するなんて」

「あいつの言うことは無条件で信じるんだな」

「佐々木さんに言われたんでしょ。そのために犯罪捜査の見直しをしてきたんじゃないの?それなのにやってることはこれなの?」

 

壮一郎は、佐々木が自殺をした日のことを思い出していた。

「もう君には関係ない」という壮一郎に対し「多田くんの疑いは、必ず私が晴らす」と言い返した。

 

多田の保釈

多田が保釈されて戻ってきた。

おととしの事件について、多田は二審の有罪判決の方が怪しいのではないか?と思っていることを話す。

 

被害者の父親は検事。しかも仙台高検の検事長でかなりのお偉いさんだと言う。

検察としては、そのお偉いさんの息子を殺した相手を正当防衛で無罪にするわけにはいかない。

癒着しているのは、二審の裁判官と検察ではないか?そう多田は考えていた。

 

「今、この案件は上告中で最高裁が判決を出す前に、小宮が出した一審の無罪判決にケチをつけてくれたほうが検察としては都合がいい。蓮見さんはそういう検察の思惑を利用して僕をはめようとしているのかもしれない…」と話す多田を、驚く目で見る杏子。

 

この裁判で負ければ、神山多田法律事務所が潰れてしまいかねない。

神山と杏子を中心に、検察を相手に戦うことになった。

 

円香は朝飛と一緒に食事に行って偵察。

「検察にはどんな切り札があるのか?」と尋ねるが、朝飛は「すぐわかりますよ」と言って答えてくれなかった。

 

公判スタート

多田の裁判が始まった。

 

神山と杏子側からは、ここ3年間で多田と小宮が食事をした記録を提出。

お互いに支配いをしており、対等で節度のある友人関係であることを主張。

 

一方、脇坂はおととし3月に起きた事件の目撃者を証人として召喚。

証言をする変わりに多田から「謝礼を受け取りましたか?」と尋ねたところ、証人は「いえ。受け取っていません。」と返答。

しかし、目撃者に10万円が支払われた記録があると言う脇坂。

証人はそれは謝礼ではなく、交通費と宿泊費であることを説明した。

 

だが脇坂はそこから、「多田は過去にもお金を払って証言をさせている事実がある。もちろん証拠もありますよ。」と言って、過去の支払い額を出し追い詰めていく。

杏子は証人の休業補償として、証人と話をしてその分を支払うこともあることを言い返したが、中には100万ものお金を払っていたこともあった多田。

杏子もさすがにそれには反論できなかった…。

 

神山は、検察は決めつけで話をしていると言い返すが、「決めつけかどうかはこれから立証していきますよ」と告げるとそこに証人として朝飛がやってきた。

そして、そのタイミングで壮一郎も裁判を傍聴しにやって来た。

 

朝飛は、フットサル後の飲み会で多田が小宮にお金を渡しているところを目撃したと、フットサルのメンバーから聞いたことがあると証言。

脇坂は次に、多田の銀行口座の記録を出し、毎月同じ頃に10万円が引き出されていることを証拠として提出。

そして、弁護側が提出した多田と小宮との食事の記録と見比べてみると、お金を引き下ろしたその日に、多田が小宮と必ず食事に行っていることがわかり、多田を守るために提出した資料が検察側の証拠の裏付けとなってしまった。

検察は、多田が小宮に金員を渡していたということを内容とする追起訴を行うことを告げた。

 

朝飛は最後に何か被告に言いたいことは?と脇坂に聞かれ、「信じていたので、裏切られた気持ちです」と話した。

 

多田の裏の顔

多田は、小宮にはお金を渡していない。

毎月下ろしていたお金は生活費だと話した。

 

ただ、過去に証言にお金を払ったことはあったという。

嘘の証言を依頼したわけではない。

大事な裁判の時に「逆恨みされたくない」とか証言をしぶる相手に名目をつけてそれなりのお金を払ったことはあったと話した。

 

神山は「グレーだね。法的には罪じゃなくても、弁護士の職業倫理としてはアウト」と多田を叱責した。

しかし、それは10年以上前のことで、今の事務所に来てからは一切やっていないと多田は説明するが、「一緒に立て直してきたこの事務所をつぶすつもり?今度の逮捕は蓮見さんの私情とは関係なかったのかもしれないわね」と言って部屋を出ていった。

 

「ごめん」と杏子に謝る多田。

「あせってたんだ。弁護士として結果を出してもっと上に行きたかった」と話す多田。

小宮にお金は渡していないと言うが、「正直完全には信じられない」と杏子は正直な思いを告げた。

 

脇坂と円香

壮一郎は脇坂に「もっと証拠が必要です。関係者全員を徹底的に調べ上げてください」と指示する。

そして「私はくさった膿を出し切りたいんです」と脇坂に圧力をかけた。

 

円香は、戸梶に連絡を取り何でもいいから情報が欲しいと依頼する。

だが戸梶も、脇坂に円香との関係を知られている以上、下手に手は出せない。

「そんなに多田先生が大事か?」と聞かれた円香は「多田先生のためじゃないから」と言って杏子を見ていた…。

 

脇坂は、円香を呼び出した。

「蓮見くん、奥さんとはダメだろうなぁ…君が支えてやったらどうだ?」とけしかける。

そして蓮見のために情報を待ってるよ…と伝える。

 

小宮と不利な情報

小宮の行きつけの居酒屋に向かう杏子。

そこで食事をしていた小宮に、証言にあったお金のことを尋ねる。

「驚きましたよ。金の受け渡しなんかしてないのに。何かの間違いですよ。」と話す小宮だが、どこか怪しい。

小宮に違和感を感じた杏子は、小宮のことを調べてみることにした。

 

円香は情報屋と接触。

「まずいんじゃないの。おたくにとっては。」と言われてしまう内容だという。

 

壮一郎の元に、離婚届けを取りに行った杏子。

「満足?わざわざ多田くんの裁判を見に来て」という杏子に対し、「あいつがどういう男かわかっただろ」と言う壮一郎。

「まだ有罪だと決まってない」

「俺の邪魔はさせない」

「あなたの思い通りにはさせない」

2人に火花が散る。

 

円香は杏子に、情報屋から仕入れた情報を伝えようとするが、杏子は「今はあなたの顔をみたくないの」と拒否。

結局、話せずに円香は事務所を後にした。

 

多田との信頼関係

多田は朝飛に連絡をした。

「僕、謝りませんよ」という朝飛に「わかってるよ。別に恨んでねーし。」と明るくふるまう多田。

そして、「おまえ駆け引き得意なんだから、企業の買収案件どんどんチャレンジしろ。それで実績作っていくんだぞ。」と朝飛にアドバイスをした。

「自分の心配をしてください。有罪になったらキャリアは終わりますよ」という朝飛に対し、ただはフッと笑い「そうだなぁ。朝飛、頑張れよ」と告げて電話を切った。

多田なりの、朝飛への配慮だったのだろう。

 

杏子が小宮のことを調べると、小宮は少し被告人よりの判決を出す傾向があることがわかった。

冤罪を恐れるタイプの裁判官だと神山も理解していた。

杏子はそのあたりをもう少し詳しく調べてみると伝えた。

 

元気のない神山に、杏子は「多田先生はお金を渡していたと思いますか?」と尋ねる。

「わからないや。信じてたけど過去のことだって隠されてたし。」と答える神山。

「神山先生を尊敬しているからこそ言えなかったのかも」

「それは、あなたのご主人も一緒かもよ。あなたきっとできたいい奥さんだったでしょう?女が立派すぎると男は弱みを見せられないから」と話した。

 

壮一郎は、佐々木のお墓の前にいた。

そして、墓前に佐々木と食べていたグミを供える。

 

杏子はデスクから書類を落としてしまい、それを拾い上げている時に1枚の資料を目にする。

そこには、小宮がいつも通っている居酒屋の店主の顔があった。

それを見て、多田が渡していたお金の行き先を見つけた杏子。

賄賂ではなかった。だが、何のお金かを言ったら小宮の立場がまずくなるため、多田は話せなかったのだ。

だが、裁判では「金の受け渡しはなかった」そう弁護して欲しいと杏子に頼む。

 

円香は悩んだ末、杏子に渡すつもりだった情報を脇坂に渡した。

「ありがとう。蓮見くんも喜ぶと思うよ」と話す脇坂。

 

そんな中、壮一郎もずっと探していた情報を見つけだした。

 

最終決戦

脇坂が多田に直接、質問をする。

円香が脇坂に渡した写真がクローズアップされる。

そこには、多田が小宮にお金を渡しているところが写っていた。

 

杏子は、それが円香が渡したものだと脇坂の目線から気付いた。

 

神山は何のお金なのか、多田に尋ねる。

それを杏子が知っていたことも知り、反証の準備に時間がかかるから裁判所にかけあってくると言って部屋を出た。

 

小宮のために、また法廷で嘘を重ねるのか?と多田に聞く杏子。

「過去にグレーな手をつかったことを後悔してるんだよね?もしまた嘘をついたら、弁護士としてまたそれを後悔するんじゃないのかな?自分だけは自分の罪を知っているから。」と気にかける。

 

「私は多田くんの無実を証明したい。私を弁護士としてやり直させてくれたのは多田くんだから。本当のことを言ってくれれば戦う準備はできてる。」そう最後に話すと、多田はそれに同意してくれた。

 

杏子は円香に、多田が法廷で本当のことを話すことを伝えた。

そして「もしかしたら、わざと(情報を)検察に渡したんじゃありませんか?法廷で多田先生に本当のことを言わせるために。」と、杏子は円香の気持ちを見抜いていた。

「多田先生は賄賂を渡す人ではないと信じていました」円香はそう答えた。

事務所を辞めるという円香に対して、「私やっぱり、円香さんのこと嫌いになれません。」杏子はそう伝えた。

それを聞いて涙する円香。

 

朝飛からの新情報

朝飛は同期の検事から、壮一郎が決定的な情報を手に入れて動き出したことを聞いた。

何かの罠かもしれない。だから、今行われている裁判を何とかして中止させるよう円香に伝えた。

 

多田は、小宮にお金を渡していたのは、冤罪者被害の会への寄付だったことを正直に話した。

なぜそのことを早く話さなかったのかと脇坂に問いただされた多田は「小宮さんの立場を考えたからです。公正中立である立場の裁判官がある特定の団体を支援することは望ましくありません。それに今、この団体は冤罪判決を出した東京地裁を相手に訴訟を起こしているんです。支援が知られたら小宮さんの立場が非情にまずくなります」と、全てを話す多田。

脇坂は写真が出てきたことにより、また適当な嘘をついている可能性があることを指摘する。

そこで杏子が反論。

写真には、店主である真鍋が写っていた。

真鍋も冤罪被害者の会のメンバーで、小宮が冤罪判決を出してしまった冤罪被害者だったのだ。

そして杏子は、真鍋から冤罪被害者の会に寄付をした領収書を証拠として提出。

脇坂が出してくれた写真のおかげで、説明がスムーズにいったと話す杏子。

脇坂は、ようやくはめられたと気づき円香を見ると、にっこり微笑む円香の姿が。

 

多田は小宮に謝る。

クビになることはないだろうと話す小宮に、手は打ってあると話す多田。

「冤罪判決を悔やんでひそかに支援していた裁判官」という美談をマスコミを呼んで記事にしてもらおうとしていたのだ。

世論が騒げば裁判所も小宮を処分しづらくなる、多田はそこまで手をまわしていたのだった。

 

だが、急にそのマスコミたちが騒ぎ出した。

すると、そこへ壮一郎がやってくる。

 

そして、多田を通り抜け、御手洗の元へ。

裁判官との癒着の決定的な証拠を見つけたと話し、御手洗を逮捕。

なんと多田が担当していた裁判の二審の判決において、「判決に便宜を図るように」と御手洗が裁判官にメールをしていた記録を、壮一郎は入手したのだった。

 

逮捕した御手洗に、壮一郎は佐々木の話をした。

佐々木が動いているのを知りながら、南原を守るために佐々木のことを見過ごした。

「佐々木の忠誠心をあなたは利用したんだ。私は作りますよ。とてつもなく強い検察をね」そう御手洗に告げた壮一郎。

 

壮一郎は、私情を絡めたようにみせかけて、御手洗の動きを調べていたのだ。

だが多田は「俺を疑っていたのも本当だろう。このままグレーなことを続けていれば、いつか必ず一線を越える。そういう警告だよ」と壮一郎のことを理解していた。

そんな壮一郎の姿を見て、少し見直した杏子。

 

「私情を絡ませて上に怪しまれないようにしれいたとはね。あなたのご主人はすごい策略家だ。」と話す脇坂。

「すごい策略家で、すごい不器用なんでしょうね」杏子はそう返答した。

ふたりは握手を交わした。

 

杏子の最後の答え

「結婚してからの17年より、この1年のほうがあなたのことを知った気がする。自分のことも」と話す杏子。

円香のことは一度のことだと見過ごすこともできる。恐らく今までの自分だったらそうしていただろう。

でも、これから先許せるかどうかもやもやしたものを抱えながら生きていくのは嫌。

自分の気持ちからは自分だけは逃げられないから。

「だから私、もういい妻をやめる」と杏子は壮一郎に伝えた。

 

壮一郎は、離婚届けを杏子に手渡した。

「17年間楽しいこともあったよな」そう聞く壮一郎に「たくさんあった」と笑顔で答える杏子。

 

別れることを決断した2人だが、顔はとても晴れやかだった。

 

起訴取り消しとなった多田。

杏子は多田からもらったシーサーを返し「もう大丈夫だから。ありがとう。本当に。」と伝えた。

 

多田は事務所を辞めることを決意。

過去にしてきたことについて弁護士会の処分を仰ぎますと話す多田に、「わかった。でも待ってるよ。あなたのクライアントと一緒に。」と神山は答えた。

 

朝飛は、神山の父親の弁護士事務所に就職していた。

そして、最後に朝飛と神山・杏子が裁判で対決。

 

みんな、とても清々しい顔で仕事を全うしていた。

グッドワイフ最終回の見逃し配信や動画情報

グッドワイフはTBS放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

TBS公式動画配信サイトのParaviを利用すると、1話~最終回までがすべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

逃げ恥や下町ロケットなどTBS作品の名作動画が無料期間内で見放題になるのはTBS公式のParaviだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→Paravi公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

THEGOOD WIFE グッドワイフ最終回見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?

スポンサーリンク

グッドワイフ最終回の感想は?

グッドワイフの最終回を見た視聴者さんの感想です!

https://twitter.com/rtky_chii82/status/1107263878956646400

グッドワイフ最終回あらすじネタバレまとめ

毎週、楽しみにしていた「グッドワイフ」もついに最終回を迎えてしまいました!

毎話、最後の5分くらいに怒涛の巻き返しなどがあって本当に見ごたえのあるドラマでした。

 

ラストで、杏子と壮一郎は別れてしまいましたが、別れた後も家族として仲良さそうにしているところを見れて安心。

タイトルの「グッドワイフ(=良き妻)」をもう辞めると宣言した杏子は、第1話の頃のオドオドとした杏子ではなく、凛とした女性へと変化していました。

 

また、多田とつっくつこともありませんでしたが、それが杏子らしいですよね。

でも、この流れは…もしかして続編もあるのかも!?と期待しています!!

 

個人的には、円香と杏子の仲が戻ってくれたのが何よりもうれしかったです。

いつか、またこのメンバーが揃う姿を見たいですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です