グッドワイフ|7話あらすじネタバレ感想(2月24日放送)裏切り者と真の情報提供者は⁉

THEGOOD WIFE

2月24日放送の『グッドワイフ』7話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

7話では、ついに多田と壮一郎が直接対決!

では、2月24日放送の『グッドワイフ』7話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

「グッドワイフ」1話~7話を全部無料で見る方法はこちら

THEGOOD WIFE グッドワイフ7話見逃し動画を無料視聴する方法はこちら!pandoraでも見れる?

スポンサーリンク

グッドワイフ|7話のあらすじ

まずは『グッドワイフ』7話のあらすじをチェック!

杏子(常盤貴子)への多田(小泉孝太郎)の告白を聞いてしまった夫・壮一郎(唐沢寿明)は、怒りに満ちていた。しかし、多田の告白自体を知らない杏子は、壮一郎の弁護人として、事件の全容を聞くことになる。
1年前、特捜部長時代の壮一郎のもとに、大物政治家・南原(三遊亭円楽)の汚職のタレコミが入った。佐々木(滝藤賢一)と共に極秘捜査をし、匿名の情報提供者から汚職を証明する決定的な “ある文書” をもらう約束を取り付けたが、その直前に逮捕されてしまっていた。南原の汚職を暴くためには、1年前の匿名の情報提供者を見つける必要があるのだが…。

一方、神山多田法律事務所には、カリスマ IT 社長・剣持(浜野謙太)から大きな案件が持ち込まれ、多田、杏子、朝飛(北村匠海)の3名で担当することに。剣持は SNS を駆使し、自らが広告塔となり若くして成功を収めている人物。最近、彼がモデルと思われる主人公の映画が無断で公開されたうえ、剣持を誹謗したかのような内容だった。自分のイメージも、さらには企業イメージまで下がったと憤慨し抗議するが、映画会社は一貫して剣持をモデルにしたことを否定。剣持は名誉毀損で映画会社を訴えることにしたのだ。
のらりくらりとかわす映画プロデューサー(田中要次)らを相手に杏子たちは裁判に臨むが、思うようにいかず窮地に追い込まれる。

そんなとき、杏子と打ち合わせで事務所に来ていた壮一郎と多田が鉢合わせる…!

引用元:https://www.tbs.co.jp/the_good_wife2019/story/

スポンサーリンク

グッドワイフ|7話ネタバレ

ここからは7話のネタバレです!

消された真実

多田の杏子への告白電話を、全て聞いていた壮一郎。

「一度ちゃんと話したい。今日の夜7時に事務所の屋上へ来て欲しい。その気がなかったら来なくていい。俺も忘れるから。」というメッセージを留守電に残していたが、それを壮一郎は削除。

多田の気持ちは杏子へ伝わることはなかった…。

 

南原汚職の情報提供者について

壮一郎は、南原次郎が今回の事件に関わっていることを杏子に伝え、南原が自分の汚職を隠すために富岡製鋼を使って、壮一郎に収賄の罪をかぶせたと考えていることを話す。

実はこの情報は匿名の人物から寄せられたもので、汚職を証明する決定的な文書をもらう約束をしていたが、その直前に壮一郎が逮捕されてしまったため手にいれることができなかった。

情報を提供してくれた人物の身元はまだわかっていないため、情報提供者を探して、南原の件を証明する文書を手にいれるところから始めなくてはいけない。

 

多田と杏子のすれ違い

多田は事務所の屋上で杏子を待つ。

が、杏子はもちろん訪れるわけがない…。

翌日、多田の態度がおかしいことに気付く杏子。

だが、その真相は壮一郎によって闇に葬られたのだから、わかるわけがなかった。

 

IT社長・剣持からの依頼

新しい案件の依頼人は、剣持宏光。有名なIT企業社長だ。

新しく公開された映画の内容が剣持をモデルとした内容で、しかも悪意のある演出があったため、剣持のイメージが大きく崩れて会社の業績が悪化。

なんと1000億円もの損失が出たという。

映画の制作会社に行って抗議をしたが、平行線状態。

そのため名誉棄損で訴えたいと言う。

賠償金の請求はしないが、映画の上映中止と動画での謝罪を求めることを提案。

剣持は、着手金はもちろん支払うし、勝訴となれば顧問弁護士を神山・多田法律事務所に変えることを約束した。

 

映画を見る限り、剣持のことを映画に利用していることは明らかだった。

しかし、映画制作者側は完全にそれを否定。

あの映画が剣持をモデルにしたことを証明できれば勝つことができる。

杏子たちは情報を集めることにした。

 

剣持の裁判当日

映画制作会社側は、「全て偶然」だと言い張る。

また脚本家も口裏も合わせたように、脚本にはなんの意図もないと話す。

相手は、裁判を長引かせて映画の興行収入を増やすことを狙っていると思われた。

 

剣持は母親が心配していることを杏子たちに話し、「映像の力っていうのは強いですよ。意図をもって流された映像や動画は人の心を壊す凶器にもなるんです。僕は絶対に許せません」と裁判で戦っていくことにした。

その剣持の発言を聞いて、杏子は壮一郎の不倫相手である亜紀のことを思い出し、自分のことと重ね合わせていた。

 

杏子と壮一郎のすれ違い

壮一郎の元に情報提供者から連絡が入り、翌日会う約束になったという。

「記者会見の成果が出ましたね」という佐々木の発言を聞いて、杏子の表情が変わる。

杏子には子供たちのために記者会見を開くと話していたが、壮一郎には別の意図があったことを知り怒りを抑えされない杏子。

話そうと思ったけど多田から電話がかかってきたから話せなかったという壮一郎。

何も知らない杏子は「え?ただの仕事の電話だよ?」と返すが、多田の気持ちを知っている壮一郎は「相手は君に興味があるのではないかな」とつい嫌味を言ってしまった。

二人は言い争いになり、杏子は仕事へと戻った。

 

みちるの杏子への助言

事務所に戻った杏子は険しい顔をしていた。

みちるに聞かれて壮一郎とのケンカのことを話す。

「多田先生のことだって選択肢に入れていいんですよ。惹かれてるなら家庭とか子供とかそんなの関係なく飛び込んでいけば」と言うみちるに対して、「そんなの私じゃない。」と返すと「あなたですよ。あなたがなりたいと思う自分があなた。」とさらにみちるから言われ、杏子は本音を話す。

「昔は(多田は)弟にしか見えなかったが、再会したら色々違って見えることがあった。もし若い時にそのことに気付いていたら、多田君との人生もあったかもしれない。」と。

 

そして話題は、遠山亜紀のことに。

どうして彼女はインタビューで嘘をついたのか。

1つ考えられることは、壮一郎が嘘をついているかもしれないということ。

もう1つは、亜紀が片想いをしていて家族を大切にしている壮一郎を見て悔しくなって嘘をついた。

「亜紀に会おうと思ったことはないのか?」とみちるは尋ねる。

杏子は「それは嫌ですよ」と答えるが、「修羅場を避けていたら真実はわからない」とみちるは諭した。

 

一方、壮一郎は情報提供者に会うために外出。

それを、特捜部の脇坂の部下が尾行していた。

 

杏子ついに亜紀に会いに行く!

杏子は亜紀に会うために、彼女の勤務先である新聞社に向かった。

しかし、亜紀は新聞社を退職していた。

上司に話を聞くと、優秀で熱心な記者で、大きな事件の独自取材を続けていてもうすぐ記事にできると張り切っていたのに辞めてしまったことが悔しいと話した。

 

プロダクトプレイスメントに裁判のカギ!

剣持の案件で朝飛と話す多田。

朝飛によると、映画制作会社は映画のヒットだけではなくグッズの売れ行きも良く、主人公が来ている変な服を通信販売までしているという。

そこで多田はあることに気付く。

プロダクトプレイスメントといって、映画やドラマの中で企業名や商品を出して広告することで、この映画はスポンサーを募って資金を集めていたのだ。

実際、映画の中では23個実在する商品が使われていた。

だが、有名な役者も出ていないマイナーな映画に、なぜそんなに多くのスポンサーがついたのか…。

恐らく、映画プロデューサーは剣持の名前を出し「ヒット間違いなしだから、スポンサーになって欲しい」といって、スポンサーを集めたのだろう。

そう証言してもらえる人を探すこととなった。

 

多田と壮一郎の直接対決

そんな中、事務所に壮一郎が急にやってきた。

検察が尾行していることに気付いた壮一郎は、尾行をまきたいと事務所にやってきたのだ。

杏子が荷物を取りにいった間、多田と壮一郎は2人きりになった。

多田は「ご存知ですか?彼女はあなたの弁護を引き受けることになって、事務所で不利な立場に立たされている。彼女はあなたには言わないでしょうね。僕にはあなたが彼女をしあわせにできるとは思えない」と宣戦布告。

それに対して壮一郎は「そうかもしれませんね。しかし、あなたに関係ありますか?余計なことは考えず、ご自分の職務を全うしたらどうです?苦戦しているんでしょ。今担当している案件」と言い返した。

 

その発言で火がついた多田。

みちるに「大至急調べてもらいたいことがある」と何かを依頼。

多田の思惑とは!?

 

一方、尾行から逃れようとしている壮一郎。

尾行車両が信号待ちで離れている隙に、タクシーから降りて身を隠した。

 

多田のブラックなやりとり

多田と朝陽は、映画のおかげで商品が売れているスポンサーの店に出向く。

そしてうまく芝居をしオーナーから「剣持がモデルだからスポンサーになった」という証言を引き出した。

裁判にてそれを証言して欲しいとお願いすると、一度は断わるオーナー。

しかし多田は、その店の過去の脱税騒ぎのことを掘り出し、「しかもその後に違う名義で会社を作っている。その会社を国税庁に調べてもらったら何が出てくるんでしょうね」と圧力をかける。

そして、再度証言に立つことを依頼した。

 

情報提供者との接触

壮一郎の前に、情報提供者があらわれる。(手袋をしている男性が映し出されるが顔はわからない)

だが、壮一郎がその人物の顔を確認する前に、検察庁の面々がその人物に声をかけ接触をとめた。

佐々木に連絡を入れると、部下の動きを把握していなかったと言う。

 

情報提供者を脇坂が取り調べていた。

だが、情報提供者は一切口を割らない。

そこに「今回に限り、今なら何もなかったことに…」と甘い言葉をかけて揺さぶる。

壮一郎と接触しようとしていたのは内閣府の職員で、証拠文書のデータは脇坂から南原へと渡ってしまった。

「中身は見ておりません」と脇坂は南原に話した。

 

新たな突破口発見!?

家では、「検察が本気になれば個人など簡単につぶせる。組織の後ろ盾を失った検事なんか無力なもんだ」と、壮一郎が気を落としていた。

それを見て杏子は「初めて聞いた。あなたの弱音。私も正直に言うと、遠山亜紀さんに会いに行ったの。」と正直に話した。

そして、新聞社の上司から亜紀がある大きな事件を追っていてもうすぐ記事にできたかもしれなかった…ということ聞いたと話すと、壮一郎はあることに気付く。

ちょうどその頃、亜紀から「経済特区について何か動きはないか」と聞かれたことを思い出したのだ。

もしかすると、亜紀も南原の事件に関する情報をつかんでいたのかもしれない。

そこで、亜紀にもう一度あってみるという壮一郎。

それを止め、自分が亜紀に会いにいくことにした杏子。

 

剣持の案件は、映画制作者側が剣持からの提案を全て受け入れて謝罪して無事、解決した。

杏子は、亜紀のところへと向かった。

 

一方、みちるの前にある男が。

親しげに声をかける男性はいったい?

 

▼グッドワイフ8話のネタバレ記事はこちら▼

THEGOOD WIFE グッドワイフ|8話あらすじネタバレ感想(3月3日放送)裏切り者の正体判明⁉

 

▼グッドワイフ最終回ネタバレ・結末予想▼

THEGOOD WIFE グッドワイフ最終回ネタバレ・結末予想!真の黒幕・情報提供者は?

グッドワイフ|7話の見逃し配信や動画情報

グッドワイフはTBS放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

TBS公式動画配信サイトのParaviを利用すると、1話~最新話までがすべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

逃げ恥や下町ロケットなどTBS作品の名作動画が無料期間内で見放題になるのはTBS公式のParaviだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→Paravi公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

THEGOOD WIFE グッドワイフ7話見逃し動画を無料視聴する方法はこちら!pandoraでも見れる?

スポンサーリンク

グッドワイフ|7話の感想は?

グッドワイフ7話を見た視聴者さんの感想をご紹介します。

グッドワイフ|7話あらすじネタバレ感想まとめ

7話を見ていると、「脇坂は本当は壮一郎の味方なのではないか!?」という声や、「佐々木さんが実は裏切っているのでは?」といった推測など、色んな話題がのぼっていました。

色んな人が怪しく見えてきて、先が読めないのがワクワクしますね!

8話では、真の情報提供者が現れ、そして裏切り者が発覚する!?絶対に見逃せない回になりそうです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です