グッドワイフ裏切り者は佐々木!9話ネタバレ感想!誰が敵で誰が味方?(3月10日放送回)

THEGOOD WIFE

3月10日放送の『グッドワイフ』9話のネタバレ、感想を書いていきます!

9話でついに、裏切り者が発覚!その真相は何なのでしょうか?

では、3月10日放送の『グッドワイフ』9話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

「グッドワイフ」1話~9話を全部無料で見る方法はこちら

THEGOOD WIFE グッドワイフ9話見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?

 

▼グッドワイフ最終回・完全ネタバレ記事はこちら▼

THEGOOD WIFE グッドワイフ最終回あらすじネタバレ感想!杏子が選んだのは多田?壮一郎?

スポンサーリンク

グッドワイフ|9話のネタバレ

9話の完全ネタバレになります!

裏切り者の正体発覚!

夜、壮一郎と共にとある場所へ出向く杏子。

「お前が罠をしかけようとしていたのか」そう壮一郎が告げた先にいたのは…

佐々木だった。

 

壮一郎は佐々木を試すために、文章のオリジナルを保管して、コピーを持ってきて欲しいと多田に依頼。

そして、それを佐々木に渡した。

 

南原の不正の証拠を握りつぶすために、佐々木はわざと多田が持ってきた文書は偽物だと壮一郎に伝えたのだ。

 

南原に初めに捜査情報を漏らしていたのも佐々木だった。

「どうして私を疑ったのですか?」と尋ねる佐々木に対し、遠山亜紀の件で佐々木は「8000万円で取引きをもちかけるくらいですからね…」と亜紀に渡したお金の金額を知っていた。それは当事者でしか知りえない情報だ。

その一言を聞いた時から、壮一郎は佐々木が裏切り者だと見抜いていたのだ。

 

検事として立派に働いてきたお前がなぜ…と不思議に思っている壮一郎。

「大儀のためには手段を選ばずやり通せ」そう教えてくれたのは壮一郎だと話す佐々木。

そして「ここ10年。検察はどんどん弱くなっています。うちに有利な司法改革をしている南原は、検察にとって必要な政治家なんです。南原を失えば、蓮見さんと私が目指してきた強い検察はまた10年遅れます。私は検察のひいては日本の未来のために正しい決断を下しただけです。」と自分の思いを伝えた佐々木。

国のために不正を見逃すことを選んだ佐々木を、壮一郎は紛糾した。

 

「俺はお前にだけは何でも話してきた。お前となら正義と戦えると思っていたよ。なぁ佐々木。そう思ってたのは俺だけだったのか」と嘆く壮一郎。

「あなたのことは尊敬していました。好きでしたよ。ただ道が違っただけです」そう言って涙する佐々木。

 

「蓮見さん、見せてください。あなたがつくる強い検察を」と言って、佐々木はビルから飛び降りた。

 

帰宅した壮一郎。

杏子に佐々木が亡くなったことを伝える。

 

南原逮捕

翌日、南原逮捕のニュースが流れ、佐々木のことも報道された。

検事正の御手洗は、おそらく佐々木がやっていることに気付いていたはずだ。

だが、南原のために目をつぶっていた可能性が高い。

脇坂は、御手洗から呼びだされ、佐々木の一件は検察の威信を揺るがす大問題で、佐々木が勝手にやったとはいえ脇坂の管理責任は確実に問われると言われてしまう…。

 

佐々木の件が明るみに出て、壮一郎の疑いは晴れた。

そして、起訴取り消しから検事に帰り咲き、しかも検事正へと昇進を果たした。

 

パラリーガル円香の秘密

杏子の元に、脇坂が訪れる。

「これまでの失礼の数々、本当に申し訳ありませんでした。」と謝る。

だが要件はそれだけではない。

 

円香が3年前に検察を辞めたのは、壮一郎と不適切な関係にあった(男女の関係)ことを伝え、円香の元夫が興信所で調べさせた調書を見せた。

 

円香は、壮一郎とのことをネタに前の夫から脅されていた。

結局のところ、壮一郎はそういう男だと脇坂は伝えた。

 

杏子は脇坂からの話を壮一郎にぶつける。

3年も前に家族を裏切っていた壮一郎を許すことはできない。

子供たちが帰る前に出ていってと告げ、杏子は家を出た。

 

事務所に戻り、円香を目も合わせずにスルーする杏子。

円香もその雰囲気を察していた。

 

杏子と朝飛、本採用になるのは?

今日、朝飛と杏子のどちらが本採用になるかが決まる。

先に多田に呼ばれたのは、朝飛だった。

 

結果は…杏子の勝ち。

 

壮一郎が検事正になったのが理由ではないかと怒る朝飛。

売上げでは確かに朝飛が勝っていたが、それだけではなく、弁護士としての力を総合的に判断した結果だと多田は朝飛に話すが、朝飛は納得がいかない。

そして、朝飛は今日付けで辞めることにした。

 

杏子は、神山に壮一郎と離婚するつもりであることを伝えた。

神谷は、「そう。でも、採用はあなたの実力。期待に応えてね。」と返答をする。

 

だが、神山は検事正の妻というオプションがあったから杏子を選んだというのが本音。

「当てがはずれた。離婚するかもしれないって。」と多田に伝え、今後の様子を少し見ると話した。

 

杏子と円香

円香が杏子の元へ行く。

そして、二度と話しかけないから、最後に話を聞いて欲しいと伝えた。

 

壮一郎に思いを寄せていたのは自分だった。

元夫との仲裁をしてもらったのがきっかけで、最後は私が押し切る形で一度だけ関係を持った。

元夫に知られてゆすられていたので貯金を渡して検察を辞めて、壮一郎にもだまって消えた。

最初に壮一郎のことを悪く言ったのは、遠山亜紀とも浮気をしていたからだと思ったからだと話す円香。

 

検察を辞めた自分をバカだと思って、杏子のこともはじめは、おめでたい奥さんだと思っていた。

「でも一緒に働いて、あなたを知って、後悔しました」と続けて話す円香。

 

「蓮見のことで人間関係を失って、ここに来て何が嬉しかったって、あなたっていう友達ができたことだと思ってました。でも、あなたにとっては罪悪感だったんですね」と言う杏子に対して、「それは違います。私にはほんとの友達もいません。いらないと思って生きてきました。でもあなたと会って、人生はもしかしたらもっと楽しいものなのかもしれないと思いました。」と今の気持ちを話す円香。

「後悔していることは信じます。でも過去は変えられない。そういったのはあなたです。私には仕事が必要で、どんな状況でも事務所を辞めることはできません。これからもお互い仕事上では今まで通りでお願いします」と伝える杏子。

「申し訳ありませんでした」と言って去っていく円香の後ろ姿を見て、涙があふれて止まらない杏子。

円香のことを本当に信頼して、大好きだったからこそだ。

そして、円香も本当に心から杏子のことが大好きだった…。

 

多田のところに行き、事務所を辞めると伝える円香。

切羽詰まった様子を感じとった多田だが、「できるだけ早くお願いします」と告げ、円香は去っていった。

 

そんな中、戸梶から連絡が入る。

脇坂に円香と会っているところを見られて、色々と聞かれたため少しの間静かにしていると話す戸梶。

そして、壮一郎が検事正になってから過去にあった案件の洗い出しを始めたため、仕事が忙しくなったと話す。

 

壮一郎はいったい何をしようとしているのだろうか?

 

新たな真実を知る杏子

多田に呼び出される杏子。

円香が辞めると話しているが、何か知らないか?と尋ねるが、杏子は「さあ?別に」と答える。

 

「元気?」と気にかける多田に、「神山先生から離婚すること聞いた?」と気にする杏子。

「これは純粋に聞いてるだけだから、別にあわよくばとか思ってないから…」」と話す多田に、「何あわよくばって?」と聞き返す杏子。

「いやさすがにさ、ハッキリフラれたんだから…」と多田が話すと「フラれたって何?」とまた聞き返す。

そこで、多田の告白留守電が消去されていたことが判明。

そんなことをするのは、壮一郎しかいないと思った杏子。

 

壮一郎に会って、離婚届を渡す。

「大事なのは君と子供たちなんだ」と話す壮一郎に杏子は聞く耳を持たない。

そして、多田の留守電の件も壮一郎に問いただす。

「それも隠そうと思ってたの?もうあなたのことが全然わからない。あなたに多田くんのことを言う資格なんてない。あなたが逮捕された後、助けてくれたのは多田くんなの。弁護士に復帰できたのも、励ましてくれたのも多田くん。」と多田のことを話す杏子。

「多田は君が思っているような人間じゃない」という壮一郎に対し、「あなたもね」と言い返して杏子は立ち去った。

 

狂気の夫・壮一郎の反撃

ある弁護士が不正をしていることを発見した壮一郎。

その弁護士は裁判で不自然な勝ち方をしており、他の事件でも、特定の裁判官の時には勝率が高い。

弁護士と裁判官の癒着を疑った壮一郎は、検事として本庁に残れるよう手配をするから、この件を調べ直してほしいと脇坂に依頼。

その弁護士というのが…多田だった。

 

脇坂は、朝飛に接触をしてきた。

多田の仕事の仕方について色々と聞かれたようだ。

多田が結構グレーな手をつかって弁護をしているのを見たことがある。

だから朝飛は、検察に協力することにしたと円香に話した。

 

多田と杏子

留守電を消したのは壮一郎だった?と聞かれ正直に答えた杏子。

でも、壮一郎の気持ちもわかる。

自分も「南原の不正の証拠を握りつぶそうと思った。思い直したけど。」と話す多田。

杏子と壮一郎が元通りになるのが嫌だった。

「再会して思い知った。俺は君を忘れられない」

そして、杏子にキスをしようとする…

 

が、杏子はそれを受け入れられず、多田の部屋を後にした。

 

杏子は壮一郎が逮捕された後の再就職活動の時のことを思い出していた。

色んな事務所から断られ続けている中、多田と偶然再会。

弱音を吐く杏子に、「断られる理由ばっか並べちゃダメだよ。仕事が欲しかったら自分で自分を認めないと」と話して、連絡先を渡してくれた多田。

 

そんな中、検察が事務所にやってくる。

ざわつく事務所内。

そこに脇坂が登場。

「多田に贈賄容疑がかかり逮捕状が出ている。事務所に差し押さえ許可状が出ているのでこれから捜査をさせていただきます」と話す。

 

多田は拘留され、壮一郎と脇坂から追及を受けることになった。

 

スポンサーリンク

グッドワイフ|9話の見逃し配信や動画情報

グッドワイフはTBS放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

TBS公式動画配信サイトのParaviを利用すると、1話~最新話までがすべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

逃げ恥や下町ロケットなどTBS作品の名作動画が無料期間内で見放題になるのはTBS公式のParaviだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→Paravi公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

THEGOOD WIFE グッドワイフ9話見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?

グッドワイフ|9話の感想は?

グッドワイフ9話を見た視聴者さんの感想です!

https://twitter.com/__04867908__/status/1104725450515869697

スポンサーリンク

グッドワイフ|9話ネタバレ・感想まとめ

早々に、佐々木が裏切り者であることがわかり、まさかの自殺。

壮一郎が多田に協力を依頼したということで、二人の仲も良くなる…?と思わせておいて、最後にドーンとし返しがきちゃいましたね。

でも、検事正になって検察の不正を暴くつもりで過去の案件の洗い出しをしているのかと思ったら…まさかの多田先生のこと!?

ちょっと私情を挟みすぎでは?と思ったのは私だけでしょうか。

いよいよ来週は最終回です。

来週1時間だけで全部解決できるの?と気になりますが、「もしかして続編とかあったりしてー!」と少し期待しています♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です