後妻業4話視聴率あらすじネタバレ感想(2月12日放送)小夜子の弟登場で新展開?

後妻業

2月12日放送の【後妻業】第4話の視聴率、あらすじ、ネタバレ、感想を書いていきます!

3話では耕造が亡くなり、朋美の中で小夜子が「後妻業」ではないかという疑念が深まっていきました。しかし、小夜子は「殺して欲しいと頼まれた」と断言するのでした…。

4話はどのような展開になるのでしょうか!?

では、2月12日放送の【後妻業】第4話の視聴率、あらすじ、ネタバレ、感想を見ていきましょう!

【後妻業】動画はFODで無料見逃し配信中!

スポンサーリンク

後妻業|第4話の視聴率は?

後妻業4話の視聴率は、5.9%でした!

博司の登場、朋美の夫婦の問題など…4話は話題もりだくさんでした!来週は視聴率挽回なるか!?

 

▼【後妻業】視聴率1話〜最終回まとめはこちら▼

後妻業 後妻業のドラマ視聴率一覧を1話から最終回まで随時更新中!木村佳乃が悪女に!

スポンサーリンク

後妻業|第4話のあらすじ

そのころ、本多(伊原剛志は小夜子が早くも次のターゲットを見つけたことを突き止め、後妻業の黒幕である柏木(高橋克典に接触。朋美に雇われた探偵だと身の上を明かしたうえで、小夜子について探りを入れるが、当然、柏木はそう簡単に口を割らない。そこで次は、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一に接触。新井が小夜子が公正証書を作成する際に証人となっていた、という事実をネタに、揺さぶりをかける。小夜子が今までのように簡単に公正証書を作れないよう、手を回したのだ。

そんなやり手の本多が現れたことで、次の手を考える柏木。そこへ、刑務所から出所したばかりの小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之が訪ねてくる。行くあてのない博司は、金の無心をするため、柏木から小夜子の居場所を聞き出す。小夜子は、5年以上会っていなかった弟が現れたことに立腹するが……。

引用元:https://www.ktv.jp/gosaigyo/story/04.html

後妻業|第3話の評判は?

『後妻業』3話を見ていた視聴者さんの感想はどうでしょうか?

朋美が小夜子の家に乗り込むのですが…そのやりとりは、毎度おなじみのコント感が満載!

バトルというより、「2人って意外と気が合うのでは?」と思えるような言い合いでしたね。

 

そして、ラストでは柏木が小夜子のことを「尊厳死のプロ」と発言。

小夜子は、やっぱり白なのか?

それとも、本当にこれまでの夫を殺してきたのか?

まだ謎が残る終わり方でしたね。

 

▼【後妻業】3話見逃し配信はこちら▼

後妻業 後妻業|3話動画の無料視聴はこちら!(1月21日放送)dailymotion,pandoraで見れる?

スポンサーリンク

後妻業|第4話ネタバレと感想

第4話放送後に更新するよ!

 

その頃、本多は黒幕である柏木に接触。

朋美から依頼された探偵だと話したうえで、小夜子について探りを入れる。

とぼけようとする柏木に、竹内小夜子の遺言証書の証人に、柏木の名前があったことを伝えて柏木をゆさぶる。

 

本多は次に、後妻業の片棒を担いでいる司法書士・新井欽司(河本準一)に柏木からの紹介だと言って接触。

名城(小夜子の一番最初の夫)の遺言公正証書の証人に新井がなっていたという事実をネタに揺さぶりをかける。

こうして、小夜子が今までのように簡単に公正証書を作れないよう手を回した。

 

朋美の夫と初めて会った本多。

義理の父のことなのに無関心な夫に対して、苛立ちを隠せない本多。

小夜子が新しいターゲットに接触していることを聞き憤慨する朋美。

本多は、小夜子がすでに3億もの金をこれまでに手にいれていることまで調べあげていた。

 

柏木の元へ刑務所から出所したばかりの小夜子の弟・黒澤博司(葉山奨之が訪ねてくる。

金も仕事も家もない博司は、金の無心をするため、柏木から小夜子の住所を聞き出す。

博司は柏木と小夜子が後妻業として稼いでいることに感づいているようだが、柏木に口を出すなと釘を刺される。

 

博司は小夜子のマンションへと向かう。

小夜子は柏木に、博司の家を工面してあげて欲しいとお願いする。

どうしても弟と近くにいたくない理由があるようだ。

 

その頃、本多と朋美は小夜子の同業、瀬川から小夜子の生い立ちについて聞いていた。

そして、過去に男のせいで借金を背負っていたことも…。

何不自由なく育った自分と、小夜子のことをつい比べて同情してしまう朋美。

 

次の日、朋美は本多から幹夫のことを聞き、小夜子から助けたい一心で老人ホームへと向かう。

そして小夜子と付き合うことはやめたほうが良いと話す。

そこへ小夜子が現れ、二人の大バトルが始まる。

 

小夜子の家で、博司と一緒に食事をとる。

博司の作ったカレーに、小夜子が漬けたキュウリの浅漬け。

姉と弟の間に、少し楽しい時間が流れた。

 

朋美が自宅に戻ると、そこで夫の司朗と従業員の絵美里が愛し合っている姿を目撃…。

泣きながら走り去る朋美と偶然ぶつかる電話中の柏木。(柏木は博司の家を探しに東京に来ていた)

 

柏木の電話の相手は小夜子。

博司の家を探してくれて感謝する小夜子に、柏木は「しゃーないやろ。お前の大事な息子のためや」と。

博司は小夜子を姉だと思っているが、本当は小夜子は母親だったのだ…。

「こんなワルが母親だとわかったらガッカリするだろうから」そう柏木に話す小夜子。

 

泣いている朋美のところに、本多から電話が入る。

「うちには帰れない」そういう朋美に「うちで良かったら来るか?」と本多は声をかけた。

 

小夜子は、自分の通帳を出してくる。その残高はたった30万…。

小夜子は大金をどこに使っているのだろうか?

 

▼前回【後妻業】第3話のあらすじ・ネタバレ記事はこちら▼

後妻業 後妻業3話視聴率あらすじネタバレ感想(2月5日放送)!小夜子が殺人?本当は白?

後妻業|第4話のネットの反応や評価は?

第4話の放送後の視聴者さんの感想をご紹介!

博司が実は、小夜子の息子だと発覚。

そして、最後に小夜子が見ていた通帳の残高は30万円…。

たくさんお金があるはずの小夜子だけど、ではこれまで奪い取ったお金はどこへ???

謎が深まる4話でした。

後妻業|第4話視聴率あらすじネタバレ感想まとめ

第4話も、序盤はW木村対決があって、声が出るほど笑わせてもらいました!

が、朋美の旦那の不貞行為、そして博司が小夜子の息子とわかったところでは心が締め付けられました。

この緩急の差が、後妻業のおもしろさなのかもしれませんね。

第5話では、後妻業チームの反撃がスタート!どうなるのか見逃せません!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です