インハンド1話ネタバレ感想!山P&菜々緒&浜田岳の掛け合いが最高!(4月12日放送)

インハンド

4月12日放送の『インハンド』1話のネタバレ、感想を書いていきます!

山Pこと、山下智久さん演じるドSの変人天才科学者と、熱血助手、美人官僚が最新科学がもたらす様々な難事件に挑むドラマがついにスタート。

では、4月12日放送の『インハンド』1話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

「インハンド」1話を無料で見る方法はこちら

インハンド インハンド1話見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?(4月12日放送)

スポンサーリンク

インハンド|1話のネタバレ

1話の完全ネタバレになります!

謎の感染症発生

胸が苦しいといって心肺停止状態になった患者が一気に2人救急で運ばれてくる。

2人とも目の上に大きな腫瘍のようなものがあり、医師の高家(濱田岳)は何かの感染症を疑い、解剖を申し出る。

しかし、面倒なことを嫌う上司から「遺族の意志に従うように」と言われ、解剖の許可を得られなかった。

 

都内で寄生虫発生?

都内で謎の寄生虫が発生しているかもしれないとの情報が、内閣官房サイエンス・メディカル対策室に入る。

サイエンス・メディカル対策室とは、科学機関や医療機関で起きるあらゆる問題に対処するチーム。

科学が進歩しグローバル社会になったことで、従来の概念を超える未知の病気や事件など様々な問題が起こっており、それらに対処するために設立された部署だ。

官僚である牧野巴(菜々緒)は、寄生虫を専門とする学者・紐倉哲(山下智久)の元を訪れる。

 

紐倉は、関東近郊にある巨大な植物園を改造した自宅兼研究室に引きこもり、気のむくままに好きな寄生虫の研究をしている寄生虫学者。

「変態」と周りからは言われているが、博識で天才的な頭脳を持つ男だ。

研究所を訪れた牧野は、紐倉の右手のロボットハンド義手を見て驚く。

 

シャーガス病の感染

病院に運ばれてきた複数の患者が、日本ではめったに見られない「シャーガス病」にかかっている可能性があると、サイエンス・メディカル対策室に、匿名で告発状が届き、牧野はそれを紐倉に見せる。

シャーガス病は、主に中南米で見られる病気だ。

トリパノソーマ(紐倉が付けた愛称はトリパちゃん)という寄生虫が体の中に入って、心筋梗塞のような症状が出て最終的には死に至る。

確か10年前にも国内でシャーガス病患者が出たことがあったが、今回の感染源はどこなのか?

そもそもシャーガス病なのかどうかもまだ確定していないと言う。

シャーガス病の感染者がもし本当に国内にいたら、大変なことになる。

 

牧野は紐倉に協力を要請するが、「面倒なことはまっぴらだ」と断る。

だが、牧野は紐倉がパスポートを取り上げられていることを知っており、それを交換条件に力を貸してほしいと再度依頼。

紐倉は引き受けることにした。

 

紐倉が動き出す

紐倉と牧野は早速、感染が疑われる患者の処置をした医師・高家に会いに行った。

そんな矢先、また心筋梗塞と思われる患者が搬送されてきた。

 

紐倉は「内部告発したのは君だろ?真実が知りたいんじゃないのか?」と高家に話し、血液を分けて欲しいと高家に協力を要請。

今回、運ばれてきた患者もまた目の上に腫瘍のようなものができていた。

紐倉はそれを見て「シャーガス病」であることを確信した。

 

患者は、10年前にシャーガス病で死者を出したオケヤ食品の社長。

これは、過去の事件と何か関係があるかもしれない…。

 

誰かが寄生虫をばらまいている!?

シャーガス病に関する情報を調べようとしていた矢先、厚生労働省からストップがかかる。

実は、過去に問題を起こしたオケヤ食品のチチクチオイルには、特保の許可が出ており、厚生労働省は過去の事件を掘り起こしたくないと言うのだ。

 

だが、牧野はそんなことを気にしてシャーガス病がさらに拡大したらどうするのかと、メディカル対策室室長に苦言を呈する。

 

紐倉の研究所に、高家と牧野が集まる。

患者たちには、ロマーナサインという共通の症状(目の上の腫瘍)が見られたため、シャーガス病に感染して間もないことがわかる。

誰かが、トリパちゃんを持ち込んだ可能性があり、意図的にばらまいている奴がいる!?

 

10年前の事件関係者に会う

運び込まれた患者たちは、全員が10年前の事件の関係者だった。

牧野たちは、過去の被害者で自殺をした女性の実家・江里口家を訪ねた。

 

亡くなった女性の父親・新によると、娘はひどい皮膚炎の症状があって、チチクチオイルを体に塗っていたと言う。

オイルを塗ってから、発熱や倦怠感が出て、学校を休むようになった。

そして、そんな状態に耐え兼ね、自殺という道を選択してしまった。

 

紐倉は、自殺した女性の実家が気になり裏庭に回ると…そこには温室のようなものがあった。

そこで江里口は、サトウキビを栽培していた。

 

シャーガス病の隠蔽

メディカル対策室室長が、シャーガス病の件を報告しようとした時に、厚生労働省の事務次官が現れ、今回の件は高家によるでっちあげだと報告。

高家は、病院から懲戒解雇を言い渡される。

 

厚生労働省の事務次官が、今回の件を表に出さないために手をまわしたようだ。

 

牧野はこんなことはでっちあげだと室長に意見するが、大臣直々に打ち切られたのであれば、我々も手を引かなくてはならないと牧野に怒りをぶつける。

 

犯人が判明!

「犯人のところへ行こう」と言う、紐倉。

 

犯人は江里口。

江里口がサトウキビを育てていることを知って、紐倉は江里口がトリパノソーマを感染させるためのサシガメを育てていると推測。

 

事務次官を乗せたタクシーが停まる。

なんと運転していたのは、江里口だった。

江里口は何か赤い液体を、事務次官にかけた。

 

紐倉は、江里口の家に出向き家の中に侵入。

高家も同行し、サシガメを探す。

 

一方、牧野はサイエンス対策室に戻り、室長に緊急対策室の立ち上げを依頼。

室長も、納得がいかなかったと言い、事務次官の行方を追っていた。

だが、事務次官と一切連絡が取れなかった。

 

江里口の思惑

ようやく紐倉たちは、サシガメの居場所を特定。

そんな時、江里口が入ってきて2人をスタンガンで襲ってきた。

 

紐倉と高家の意識が戻った時には、江里口は、事務次官にトリパノソーマ水をかけていた。

反省の色がない、過去の関係者たちをシャーガス病に感染させ殺そうとしていたのだ。

「罰には罰を与えるんだ」という江里口を、必死にとめる高家。

 

そんな江里口と高家に「にくむべきは人じゃない。シャーガス病そのものだよ」という紐倉。

そして、家族と写っている写真を見て「こっちのほうがいいね。きれいな顔をしている」と江里口に声をかける。

「キレイな肌が欲しかった。それだけなのに…」と涙ぐむ江里口に、紐倉は「じゃあいつかアレルギーにきく薬を作ってよ。これほどまでのものを作る江里口さんなら、できるんじゃない。そしたら将来、娘さんと同じ苦しみを持つ人を救えるかもしれないよ」と告げる。

 

その、紐倉の言葉が江里口に届いた。

 

高家が助手に

「さっきは感動した」と紐倉に声をかける高家。

 

その場で二人は別れたのだが、職を失くした高家の元に紐倉が現れる。

 

紐倉「どうして医者になろうと思ったの?」

高家「人の命を救いたくて。」

紐倉「だったら医者じゃなくてもできるだろ」

 

そして、紐倉は「給料は前の倍払うよ。僕の助手にしてあげる」と高家を誘う。

「お前の助手だけはごめんだ!」と高家は断る。

 

だが…数日後、「今日から助手としてお世話になります!」と紐倉の元を訪れるのだった。

スポンサーリンク

インハンド|1話の見逃し配信や動画情報

『インハンド』はTBS放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

TBS公式動画配信サイトのParaviを利用すると、1話~最新話までがすべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

逃げ恥や下町ロケットなどTBS作品の名作動画が無料期間内で見放題になるのはTBS公式のParaviだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→Paravi公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

インハンド インハンド1話見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?(4月12日放送)

インハンド|1話の感想は?

インハンド1話を見た視聴者さんの感想です!

スポンサーリンク

インハンド|1話ネタバレ・感想まとめ

インハンド、ついにスタートしました!

山PのドSっぷりと、菜々緒さん、浜田岳さんとの掛け合いもテンポが良くて、あっという間に1時間終わってしまいましたー♪

ところどころに「シャーガスちゃん」とかかわいい面を見せる山P。

だけど、締めるところはしっかり締めるというメリハリもよかったです。

これからも3人の素敵な掛け合いが見られるかと思うと、楽しみで仕方ありません!!次回2話も楽しみ~。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です