【イノセンス 冤罪弁護士】2話視聴率、あらすじネタバレ感想!縛りつく偏見という冤罪から解き放て!

イノセンス

1月26日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第2話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

ネコ吉
過去からついてくるものってなかなか消えないものだニャ
パコ
今回は札付きのワルの当番弁護をしていくことになるけど、これも追い込まれたうえでやっていくっぽいね?

 

早速1月26日放送のイノセンス-冤罪弁護士-第2話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス-冤罪弁護士-』第2話のあらすじ

 

拓(坂口健太郎)の父・真(草刈正雄)が最高検のエリート検察官だと知った××××は、拓がわざわざ薄給の刑事事件の弁護士をしていることを疑問に思うものの本人には聞けずにいた。そんな中、お金にならない当番弁護の依頼が舞い込む。弁護するのは、コンビニで現金を奪い店員に怪我を負わせた強盗致傷の容疑で逮捕された21歳の飲食店アルバイト・十勝岳雄(山田裕貴)。担当刑事によると、岳雄は十代の頃から窃盗を繰り返していた札付きのワルだという。接見した拓と楓に対しても態度が悪く、いきなり激昂した岳雄は、自分はやっていないと机を叩く!

岳雄の手に調理師のバイト中にできた無数の切り傷があることに気づく拓だが、自分に疑いの目を向ける楓にキレた岳雄から追い返され、まさかの弁護拒否!岳雄を心配する××××から、高校時代にはグレてしまったが今は料理人を目指して洋食屋で真面目に修行をしていた岳雄が強盗をするはずがないと言われる拓と楓。睦美から改めて弁護依頼を受けた拓は、徹底的に検証して戦うことを宣言する!
しかし、テレビ局員の××××に集めてもらった事件の情報を見ると、犯行現場の監視カメラ映像に加え現場には指紋が残っており、岳雄は限りなく黒。そんな中、別府所長(杉本哲太)に呼び出された二人は今回の弁護は楓の主導にしたいと提案される。楓は拓の暴走を防げという別府からのプレッシャーを痛感……。

翌日。起訴前弁護で不起訴を勝ち取りたい拓と楓、××××は、有罪となる根拠を崩すために犯行現場のコンビニへ。調べるうちに警察の杜撰な捜査が明らかになるものの、母子家庭で育った岳雄がグレて犯罪に走ったと決めつける近所の人たちの偏見に、楓は憤りを覚える。岳雄が事件発生時刻にいたと主張する近所のガソリンスタンドを訪ねた三人は、監視カメラに映った岳雄の姿を見つけるが画面の時刻は事件発生時刻より少し早く、アリバイにはならない。現場調査に来ていた検察官の指宿(小市慢太郎)に警察の見込み捜査を訴える拓だが、指宿は『疑わしきは疑われるだけの根拠がある』と拓の父から教わったと話す……。
不起訴を勝ち取るタイムリミットが迫る中、弁護材料が見つからず焦る楓。しかし拓はなぜかガソリンスタンドの向かいの家の庭にあった巨大オブジェに執着し、楓を苛立たせる。そして、留置所では連日の取り調べにより、岳雄が追い詰められていた。その頃、拓から監視カメラの映像解析を頼まれていた科学者の秋保(藤木直人)はあることに気づく……。果たして偏見が生む冤罪被害を防ぐことができるのか?拓が大暴走の末に見つける真実とは!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/innocence/story/

 

スポンサーリンク

ドラマ『イノセンス』第2話のあらすじネタバレと感想

 

拓の父がエリート検察官だと知った楓はどうして弁護士をしているのか聞き出そうとしましたが、タイミングが合わず聞けずじまいになります。そんなか新たな弁護依頼が舞い込んできます。弁護をするのは、コンビニで現金を奪い、店員にケガを負わせた強盗致傷で逮捕された飲食店アルバイター十勝。刑事によれば、十勝は札付きのワルだそうで邪険に扱われているようでした。接見をしにきた拓と楓にも態度を悪く接してくる十勝。
十勝の手に無数の傷跡を見つけた拓ですが、疑いの目を向ける楓に向かって十勝は激怒してしまい追い出されてしまいます。
十勝を心配する母は調理師になるため真面目にこつこつとやってきた息子がするはずがないと拓らに言います。母から弁護依頼を頼まれた拓は改めて調査を行うことにします。しかし、別府所長から呼び出されて今回の弁護は楓が仕切り主導をするよう指示をします。(別府所長からの拓暴走を止めろとの陰ながらプレッシャーを楓へ与えます)

テレビ局員の聡子に提供された事件資料を見ると、有罪を覆す資料はなくこのままでは起訴され十勝は窮地に追い込まれてしまうことは明らかでした。事件現場となったコンビニへ出向き、監視カメラを見直すうちに警察のずさんな捜査が明らかになります。十勝が事件発生時に来ていたガソリンスタンドへ拓たちは訪ねて、そこで十勝の姿がうつっている監視カメラの映像を見つけます。しかし、その映像だけではアリバイにならない事が分かります。同じくガソリンスタンドへ来ていた検察官の指宿へ拓は「警察は見込み捜査をしている」と訴えますが、「疑わしきは疑われるだけの根拠がある」と拓の父から教わったことを指宿は言うのでした。
不起訴へ繋がる決定的な証拠が見つからないまま焦る楓。拓は監視カメラにうつっていたガソリンスタンドの向かい側にある家の巨大オブジェを気にしている様子。無駄なことをしないで欲しいと苛立つ楓。タイムリミットが迫る中、取り調べに追い込まれる十勝……。
取り調べを受けている中、楽になってしまいと呟いた十勝に怒鳴る楓。留置所をあとにしようとしていた2人に起訴をするとの話を耳にし、どうするか悩んでいたところ、女性警察官が落としたペットボトルに拓はハッとします。照明からの注がれる光をペットボトルの水を通して揺れる光。
拓たちはガソリンスタンドの向かいになる家へ向かい、先に来ていた秋保と合流します。秋保はガソリンスタンドの監視カメラの映像を解析をしていたのです。
巨大オブジェに日が沈む光が注がれます。秋保は近くにあるビニールハウスを指さします。やっぱりと呟く拓に説明を求める楓。拓たちはアリバイを証明するためまたもや大掛かりな検証をすることになります。ビニールハウスの上にたまった水。反射する日の光(に見立てた光を発生させる機械)。ビニールハウスの近くに置かれた丸い鏡。検証結果を見た拓たちは「同じだ……」と呟きました。

翌日。検察官のもとへ訪れた拓と楓。検察官の指宿へ見せたのはガソリンスタンドの監視カメラの映像と検証した映像でした。
2つの映像に映る巨大オブジェの光はほぼ同じように光っていました。この映像が十勝のアリバイを立証するものだったのです。
なぜかというと、ガソリンスタンドの監視カメラの映像の時刻は6時45分とありますが、実際には7時のだったのです。コンビニで事件が起きた時刻と同時刻です。監視カメラの記録していた時刻にずれが起きていました。
そして、巨大オブジェの現象はビニールハウスの上にたまっていた雨水とその近くにあった鏡によるものでした。雨水と鏡を通して巨大オブジェに光が反射されたのです。しかもあの地域では集中豪雨が発生していました。
指宿は別の要因で雨水が揺れたのではないかと言いますが、それはあり得ないと言い切る拓。それを見せるため、2つの映像を同時に再生させます。そして、コンビニに付着していた十勝の指紋は事件以前についたものだとも証明をします。
「今回は、偏見による警察の不法な逮捕だ。十勝さんは間違いなく無実です」
「なら犯人は誰なんだ」
「それはあなたたち警察側の仕事です。僕らの仕事ではありません」

十勝の無実が証明され警察署から出た十勝と拓たち。十勝は拓たちにお礼を述べるもののこれからに対して不安をこぼしました。
それに対し拓は正直やっていくのは大変だと言います。
「でも僕は、人は変われると信じていますから」
そういう拓に十勝は2人に頭を下げ、母が待つ自宅へと帰っていきました。待っていた母は十勝に幼少時おいしそうに食べていたオムライスをふるまいます。無実を証明した十勝ですが、今までの素行のせいで偏見が止むことはしばらく後のことになるでしょう。調理師になるため、立ち直ろうとしていた十勝に襲い掛かった今回の事件。十勝はオムライスを食べ、涙を零しながら母に謝るのでした。

楓から父親のことを言われ、拓は素っ気なく返答をします。父とは関わりはないと言います。
楓はついでにどうして弁護士になったのか拓に聞きます。
「エリート検事の息子だからってちゃんとしてるのは、偏見ですよ」
「はぐらかさないでください。父への反発なんですか?」
「反発かぁ……確かにそうかもしれません。父は人は変われないと思っていますから」
事務所へ戻ってきた楓は拓と秋保の関係を知ります。2人は大学の先輩後輩の関係だったのです。拓が理工学部から法学部へ移った理由は湯布院が関係しているとの事。いったい拓に何が起きたのか?

次回へ続く。

ドラマ『イノセンス』第2話のネットの反応や評価は?

 

 

ネコ吉
味を引き出すにはそういった役も必要だニャ

 

パコ
制作陣の配慮なのかな?

 

 

スポンサーリンク

まとめ

ネコ吉
楓の役柄、割と必要だと思ったニャ。新米弁護士ならでは嫌みったらしい感じニャ~

 

パコ
実際、よくは思わないだろうけど何も問題はないと思うな。彼女の演技に期待だね。拓と秋保の関係が判明してちょっとスッキリだけど、湯布院とは何があったんだろう?

 

ネコ吉
エリートな親を持つと何が起こるか分からないからニャ~。湯布院は別府所長からもよく思われていないそうだニャ。次回で分かるかニャ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です