メゾンドポリス|9話あらすじネタバレ感想!ラスボス野間の協力者は警察内部にもいる!?

メゾンドポリス

3月8日放送の『メゾン・ド・ポリス』9話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます。

8話で伊達さんが、ひよりの父親の事件を不審に感じて独自で捜査をしていたことが判明し、それをひよりに正直に話しました。

一度はおじさま達を信じられなくなったひよりでしたが、やはり自分はメゾンのみんなと父親の事件を捜査したいと前向きに!

9話はついに最終章に突入し、ひよりの父、そして高遠建設社員の不審死の謎に迫っていきます。

では、3月8日放送の『メゾン・ド・ポリス』第9話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

「メゾンドポリス」1話~9話を全部無料で見る方法はこちら

メゾンドポリス メゾンドポリス8話見逃し動画を無料視聴する方法!pandoraでも見れる?

スポンサーリンク

メゾン・ド・ポリス|9話のあらすじ

まずは『メゾン・ド・ポリス』9話のあらすじをチェック!

ひより(高畑充希)とメゾンのおじさまたちは、フリージャーナリストの真琴(東風万智子)とともに改めて高遠建設を調べ始めた。警視庁から天下りした常務取締役・野間仁(佐野史郎)という男が全ての鍵を握っているようだ。数日後、真琴は野間と青幸興行社長・大黒毅(中野英雄)の密会現場を写真に収めることに成功する。青幸興行は暴力団・青戸組のフロント企業で、渉外部部長を兼務する野間が青幸興行に仕事を発注する事案も多いという。野間と大黒が癒着しておりその不正会計を経理部の市野沢譲(税所伊久麿)や池原慎吾(関幸治)に処理させていたのではないか。そしてこの企みから逃げようとした市野沢は転落死に見せかけて殺されたのではないか。そして後任となった池原は刑事時代の夏目による苛烈な取調べを苦に自殺したとされてきたが、彼も自殺に見せかけた口封じだったのではないか。野間と大黒の接点が見つかったことで一連の事件が線としてつながり始める。

ひよりたちは酔って橋から転落死した市野沢から再捜査を始める。そして彼の妻・和子(宮地雅子)の元を訪ねると、思わぬつながりが発見される。しかし、市野沢が亡くなる直前まで酒を飲んでいたバーに立ち寄った直後、覆面を被った暴漢に襲われてしまう。既に青戸組にひよりたちの情報が漏れているのか…。

引用元:https://www.tbs.co.jp/maison_de_police/story/

スポンサーリンク

メゾン・ド・ポリス|9話ネタバレ

ここからは9話のネタバレになります

フリージャーナリストの真琴(東風万智子)は、警視庁から天下りした高遠建設の常務取締役・野間仁(佐野史郎)が青幸興行社長・大黒毅(中野英雄)と密会している現場を写真に収めることに成功!

そしてそのデータを藤堂に渡す。

真琴や娘の桃香は、すっかりメゾンのおじさま達と仲良くなり交流を深めていた。

 

真琴たちのことを知らない人は、メゾン・ド・ポリス8話ネタバレ記事へ↓↓

メゾンドポリス|8話あらすじネタバレ感想!草介の正体と伊達の告白!(3月1日放送回)

 

事件のラスボスが発覚!

ひよりはおじさまたちと捜査会議を開く。

そこに美砂も呼び、少しづつ見えてきた事件について説明。

 

夏目と迫田は、高遠建設に清掃員として潜入し情報を入手していた。

そして、高遠建設の一連の殺人事件の黒幕は、高遠建設の常務取締役・野間仁だと話す。

 

3年前の市野沢と慎吾の詳細

3年前、高遠建設の経理部長だった市野沢の遺体が河川敷で発見された。

死因は溺死、酔って川に落ちた事故だと判断。

警察は最初から事故で処理するつもりだったが、それに納得がいかなった夏目。

 

妻の和子によると、夫は会社のことで悩んでいたそうだ。

だが、それ以降和子は会ってくれなくなり、夏目は美砂の夫である池原慎吾に事情を聞いていた。

何かを隠していることは明白だったが、慎吾は口を割らない。

それで夏目は慎吾を執拗に追い詰めてしまった。

3回目の事情聴取を終えた後、慎吾は高遠建設の現場へ行き、その翌日遺体で発見された。

夏目が追い詰めたことが原因で飛び降り自殺をしたと警察は判断した。

 

市野沢譲の死には野間が大きく関わっていると、ひよりたちは考えていた。

市野沢はずっと経理部の仕事を任されていて、野間から度々呼び出されていたそうだ。

市野沢が亡くなった後は、慎吾がよく呼び出されていたという。

 

野間とはいったいどういう人物か?

野間は、もともと伊達を同じ警察のキャリア組だった。

警視庁公安部だった40歳の時に警察をやめて高遠建設に入りした異例の経歴の持ち主。

高遠建設でも昇進を重ね、現在は渉外部部長で常務取締役となり、次の社長候補とも言われている。

そのうえ、警察上層部とも強いパイプを持ち便宜を図ってもらっているため社内での発言力は大きい。

 

元々高遠建設の渉外部は、建設作業や土地取得の際に地元の暴力団との調整役として機能してきた。

でも関東を根城としていた暴力団「青戸組」との関係が強くなり、最近では青戸組のフロント企業である青幸興業を建設会社の孫請け企業として選定する事案が多くなっていた。

青幸興業は大黒毅というヤクザが仕切っていて、建設業以外にも手広くやっていて、最近では高遠建設の清掃用具や観葉植物のリースにも食い込んでいる。

 

ひよりたちは、野間と大黒が癒着しており私腹を肥やし、その不正会計を経理部の市野沢や慎吾に加担させていたのではないか…と考えていた。

そして、市野沢が加担を辞めたい、もしくは会社や警察にリークすると言ったことで、野間が自分の身を守るために市野沢を事故に見せかけて殺害。

後任となった慎吾は夏目の執拗な取調べを苦に自殺したとされていたが、彼も口封じのために自殺に見せかけて殺されたのではないか。

ひより達は、まず酔って橋から転落死したとされる市野沢の事件を追うことから捜査をスタートさせることにした。

 

ひよりと草介

ひよりを尾行していた草介。

それに気づいたひよりは、草介に「もう夏目や伊達を追いかける必要はないのでは?あの二人は高遠建設と裏でつながってたりしない」と伝えると「それを判断するのはこっちだから」と言い返される。

「人事第一課(通称:ヒトイチ)がなんで内定調査に徹しているかわかるか?」と尋ねる草介。

「野間や青幸興業と裏でつながっている人間が警察内部にいるかもしれないから」と答えるひより。

「野間に動きがバレると、ヒトイチにも圧力がかかる。所轄のひよこなんて軽くつぶされるぞ」と草介はアドバイスする。

「ご心配なく。私には頼れるチームがありますから」と言って去っていくひよりを見つめる草介…。

 

野間と大黒

野間の元に、大黒がやってくる。

ひよりとおじさま達の情報を野間に渡す大黒。

そして徹底的につぶすように大黒に指示をした。

さらに「市野沢の妻に気を付けろ。最近息子が死んだばかりだろ」と忠告する野間。

 

市野沢死亡事故の再捜査

市野沢の妻・和子の元を訪ねる。

3年前に提出してもらったパソコンには何もデータが残っておらず、何か心当たりはないか?と尋ねるが、全て会社の人に任せていたのでわからないと答える和子。

野間のことも尋ねてみるが、何かに怯えている様子で話そうとしてくれなかった。

ひよりは、自分の父親も高遠建設に勤めていて亡くなったことを話す。

そして、何か思い出したり、困ったことがあったらいつでも連絡して欲しいと伝えた。

 

ひより、迫田、夏目の3人は、市野沢が亡くなる直前まで飲んでいたバーに行った。

その直後、覆面を被った暴漢に襲われてしまう。

その中の一人の顔を見て、野間と大黒が写っていた写真の人物だと思いだした迫田。

 

 

藤堂の調べで、3人を襲った人物は半グレ組織のメンバーで大黒の部下である若林と判明。

ずいぶん動きが早い。こちらの情報を以前から知っていたのでは?と怪しむおじさま達。

そんな中、ひよりの元に和子から連絡が入る。

 

和子の証言

亡くなる前に、市野沢は20年以上会社の中で不正な経理に加担してきたことを話していたそうだ。

その人物は、渉外部の野間だったこともわかった。

部下の池原慎吾に、不正会計の一部を引き継ぐことになって、息子と同じ年くらいの部下にこんなことをさせてしまって良いのか…市野沢は悩んでいたらしい。

どうして警察に話してくれなかったのか…と尋ねると、野間に口止めをされ、会社からお金ももらっていたと言う。

ひよりは、この証言を全てボイスレコーダーに録音し、署内デスクの中に鍵をかけて保管しておいた。

 

ひよりの父親と市野沢は同期で仲が良かった。

そして、和子は小さい頃のひよりに会ったことがあったそうだ。

市野沢は不正会計のことを、ひよりの父親に相談してらしい。

ひよりの話を聞いた時に、「あなたのお父さんの死にもつながっているかもしれない。だから全てを話さなくちゃ」と思ったと正直に話してくれた。

 

市野沢は、会計の裏帳簿データをどこかに隠している。

それが見つかれば、野間を引っ張ることができる。

ひよりはまず、真琴に野間と大黒の関係を記事にしてもらうようお願いした。

その記事によって野間に揺さぶりをかけ、裏帳簿のデータを知っているものから連絡が入るかもしれないとひよりは考えていたのだ。

 

次々と迫る野間の魔の手

大黒たちは、メゾンの会話の内容が録音されたデータを持っていた。

そして大黒たちは、野間から早く対処しろと忠告される。

 

藤堂への反撃

まず、藤堂に野間の魔の手が伸びる。

藤堂の部屋に若林が侵入し、部屋に何か液体を仕込んでいた。

そしてその後、藤堂の部屋で爆発が起きてしまう。

 

ひよりへの反撃

ひよりの元には和子から電話が。

話したいことがあるから警察署に向かうと言うので、ひよりは途中まで迎えに出た。

警察署に向かう和子の元には大黒の部下たちの影が…

そしてその直後、和子は事故にあってしまった。

そこに駆け付けたひよりに「写真…」と言い、和子は亡くなってしまった…。

 

和子の死は殺人だから調べさせて欲しいと課長に頼むひより。

その証拠に録音データを聞かせようとするが、消去されていた。

ロッカーには鍵がかけられていたのに、いったい誰が…?

そんなひよりの元に、間宮管理官がやってくる。

和子の自宅から「ひより達の執拗な取り調べが原因が苦で自殺をする」という内容の遺書が見つかったという。

「君は夏目と同じことした」と管理官に言われ、絶句するひより。

 

夏目と迫田への反撃

夏目の元に、「裏帳簿のデータを持っている。19時に倉庫に来い」という電話が入る。

警察の中にも内通者がいるから、情報提供者と会うことはやめたほうがいいとひよりは伝えたが、美砂のためにも夏目は引き下がれないと言い、迫田と情報提供者に会いに行った。

待ち合わせ場所には、血だまりがありまだ血は乾いていなかった。

一旦車へ戻ると、なんとトランクの中に殺害された若林の遺体が…。

誰かが殺害の罪をかぶせようとしたのだ。

そこにタイミング良く警察が現れる。

迫田は罪を自分が被ることを伝えて、夏目を逃した。

 

高平への反撃

高平の元には、小梅の画像が送られてきて、「娘さんかわいいですね」と男性から電話が。

すぐにメゾンから出て、その場所へは戻るなと言われた高平は指示に従った。

 

伊達への反撃

伊達の元には…なんと野間がやってきた。

「大事なお話があるんですけど、少しいいですか?」と言い部屋へと案内し、そこでチェスの対決をしようと野間は誘う。

「私、必勝法を見つけたんです。黒と白。世の中には2つの力が拮抗している。黒と白の2つは合い入れないものです。でももし全てのコマを手に入れたらどうなるんだろうかと考えました。最初は小さいコマから集めていくのがコツです。そして相手をバラバラにして徐々に大切なコマを奪う。時には奇襲作戦も大切です。大事な大事なお姫様も捕らわれの身となる。黒と白、すべてのコマを手に入れたらもう敵がいなくなってしまいます。無敵です。誰も私には届かない。あなたは仲間を全て失い負ける。静かな余生を送りたいなら、このままおとなしくしていることです。でないと、あなたご自身も…」と言って、野間はチェスのコマを倒した。

この言葉通りに、チームひよこのメンバーは野間の策略にはまり、バラバラになってしまった…。

 

内通者判明!

「君のおかげで助かったよ…」

車の中でそう話す野間の横には、なんと…

真琴がいた。

 

メゾン・ド・ポリス|9話の感想は?

『メゾン・ド・ポリス』9話を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

https://twitter.com/rapunzel_berry/status/1104016493216358401

https://twitter.com/ryourei_1204/status/1104016037106733056

スポンサーリンク

メゾン・ド・ポリス|9話あらすじネタバレ感想まとめ

9話は、ラスボス野間の頭脳戦の勝利という感じでしたね!

次々と罠にはめられ追い込まれていくチームひよこのメンバーたち。

次回、最終回に向けて打開策はあるのでしょうか!?

それにしても内通者の真琴がむかついてしょうがありません!これもチームひよこの作戦だと言ってほしい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です