家政婦のミタゾノ(2019)3話ネタバレ感想!伊野尾の平成は終わらない発言に爆笑!(5月3日放送)

家政夫のミタゾノ

5月3日放送の『家政夫のミタゾノ(2019)』3話のネタバレ・感想を書いていきます!

3話では、内閣官房長官の家に派遣され、忖度バトルに巻き込まれてしまいます。

では、5月3日放送の『家政夫のミタゾノ』3話のネタバレ・感想を見ていきましょう。

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ3話ネタバレ

ここからは3話のネタバレです!

内閣官房長官宅へ派遣

「クリーンすぎる内閣」として高い支持率を維持してきた矢那内閣が、初めて支持率50%割れを記録。

原因は50億円の使途不明金問題だった。

そんな中、ミタゾノと光は官房長官・内部忠(小堺一機)の自宅に派遣される。

風呂掃除をしていたミタゾノと光は、内部が「ハワイのことが明るみに出たらまずい。どんな手を使っても、手を汚してでも闇に葬るんだ」と指示しているのを耳にしてしまう。

内部は「今日ここで聞いたことを外でしゃべったらどうなるかわかってるな?」と2人を脅す。

 

落合教授の不正?

新薬で総理大臣医薬化学賞を受賞した落合康介(大堀こういち)の研究データが、偽物だったという記事が出ることが判明。

内部は秘書官の岡本(東根作寿英)や落合と対応策の協議に追われていた。

落合は自分に落ち度はないと言い張るが、岡本によると全員がそれぞれ下の者にチェックを任せており、論文データのチェックをしている者はいなかったことがわかる。

「このことでたたかれて、一番触れられたくないハワイの一見が公になったら…」とあせる内部。

 

その話を聞いていた、内部の娘・絵里(川北のん)の家庭教師・近藤翔太(嘉島陸)は、週間文鳥の記者の前川にその情報を全て流していた。

近藤は将来記者を目指していて、「官房長官を探れ」と言われて、スパイとして潜り込んでいたのだ。

それをミタゾノはしっかりと見ていて…。

 

絵里と勉強をしている近藤の元へお茶を持っていった際、つるかめ算をやっているのを見て、光は「本当はXを使ったらすぐに答えが出るのにね」とつぶやく。

するとミタゾノは、「一発で出しては面白くないから。隠れているものを見つけ、白日のもとにさらすのがおもしろいんじゃない?そういえば、裏切り者をエックスと表現しますが、どうしてエックスをつかうんでしょうね?」と近藤の心に問いかける。

 

1を聞いて10を知る内部

その後、やはり落合の研究データが改ざんされていたことが判明した。

落合は部下の向井圭介(佐伯新)の仕業だと言う。

内部たちは、落合の監督責任を問うつもりだったが、矢那総理から「落合は私の古い友人なんだ。色々頼むよ。」と言われ、落合に責任をなすりつけることができなくなってしまった。

「1を聞いて10を悟る」内部は忖度するべく動き始める。

 

光が昼食の準備中、パンを焦がしてしまう。

そこへミタゾノがやってきて「焦げたパンには消臭剤の効果が期待できます。臭い物に蓋ではなく、臭いにおいそのものを消すんですよ。」と内部に訴えかける。

 

内部は、「今回の一件を向井の不正とし、総理も我々も落合教授もだまされたことにする。」と、岡本と落合に話をする。

その様子を録音していた近藤。

 

そんな中、ミタゾノによって、家庭教師の近藤がスパイであることがばらされる。

「あなたたちは日本の代表でしょ?なのに嘘を発表しようとしている。」という近藤に「そんなにジャーナリズムが大事か?なら、東通新聞社に入れてやる。これで世界を股にかけられる。レコーダーを渡してくれたら何もなかったことにしてやる。」と交換条件を提示。

近藤はそれに従い、レコーダーを内部に渡した。

それをみていた光は「これが政治か…」と裏側を知りおびえる。

 

ミタゾノが仕掛ける

内部にうまく丸めこまれた近藤だが、軽食で持っていった動物クッキーになぞらえて「このまま犬になるか、それともオオカミになるか…」とミタゾノに仕掛けられる。

近藤はやはり嘘はつけないと内部に「嘘をついて、絵里ちゃんの前で胸をはれますか?絵里ちゃんのためにも、本当のことを言うべきです」と告げる。

だが、内部は総理大臣になるためだったら何でもやると言い、近藤を監禁してしまう。

 

そんな時、向井が包丁を持って内部の家へとやってきた。

全ての責任は落合が取ると言っていたのに、自分に罪をなすりつけようとしていたことに腹を立てた向井。

そんな向井に「教授のポストは約束しよう。でもねここは事をなるべく小さく収めるためにも、君が出来心でやってしまったっていうのが一番なんだよ。君の名前は出さない。君のキャリアにも傷はつかない。」と諭す。

 

「ことごとくクソだな、あんたたち!俺にはもう失うものはない。一つ言い忘れました。あの薬、若返りの効果はありませんが、副作用があったんです。」という向井。

なんと飲んだ人はその副作用で、ストレスを感じ、感情が抑えられなくなると言うのだ。

すると、豹変したかのように内部に暴言を吐きまくる秘書の岡本。

さらには落合も向井へのストレスをぶちまける。

 

そこへ、絵里がやってきて、向井は絵里を人質にしようとする。

ミタゾノは全員を力技で失神させ、その場を収束させた。

 

どこまでも忖度する内部

光から「ハワイ」のことを聞いていた萌は、光が見ていた書類の情報を元に連絡を取っていた。

すると電話先の男性は「コナ…ハンドレッドキログラム」と答えた。

それを萌は、政府が100キロの覚せい剤をハワイから密輸していると解釈!

 

一方、内部の家では絵里が近藤のことを探していた。

「あいつは記者でうちを探ってたんだ。お父さんをおとしめようとしていたんだ。あいつはうそつきだったんだ。」と話すと「それは、お父さんがそうされても仕方ない事してたからでしょ?うそつきはお父さんの方だよ。」と絵里は父親のことを責めた。

さらに「お母さんはいつも私に言ってたの。お父さんは日本のために頑張ってるんだよ。でも、お母さんはお父さんがいつも嘘をついてること知ってたんだよ。1聞いたら10悟れっていつも言ってるよね?でも、お父さんはお母さんの気持ち、全然わかってあげてなかった。大切な人がいっぱい嘘つくの見るの、楽しくなんてないよ!」と絵里に言われる内部。

 

内部はその場で総理に電話。

落合が不正を行っていたことを報告するが、総理は落合は友達だから察しろとまた言う。

内部は今回の総理大臣医薬化学賞は、自分のミスだった事にすることにした。

「総理の言いなりになって、政治生命まで終わらせるんですか?」と心配する岡本だが、内部は必死にこらえようとする。

その様子を見ていた絵里は「お父さん!お母さんは総理大臣になるために嘘をいっぱいつくお父さんを好きになったんじゃないよ!」と言った。

 

そんな時、内部が落としたお茶がシミにならないようにとタオルをかけて床を叩きつけるミタゾノ。

「カーペットに液体がこぼれてしまうと、中へ中へと汚れも入っていってしまいます。ですからこうして布をひいて上から汚れをトントン叩いて、汚れを布に移し出すんです。汚れを叩きだすんです。深くしみこんだ汚れほど、強く強く…」と言って、何度も床を殴るミタゾノ…。

 

ハワイの秘密とは?

萌は内部の家に突然やってきて、「覚せい剤」の話をする。

すると、覚せい剤ではなく「コナ…コーヒー」だと打ち明ける内部。

コナ・コーヒーは、総理が公費で通っていた「青山ゆみ個室フラダンス」の先生にプレゼントするために用意したもので、それを隠すために総理大臣医薬化学賞という賞をわざわざ作り上げて話題作り。

落合たちもうまく利用して、総理のスキャンダルをもみ消そうとしていたのだ。

 

自分がバカなことをやっていることはわかっていた。

だけど、引き返せなかったと言う内部。

そして、近藤に録音データを返し、「これ以上、家族に汚れた背中は見せたくない」と、隠蔽しようとしていた総理と自分のネタをばらしてもらうように依頼した。

 

内部は失職したが、娘と一緒にカレーを作り楽しそうにしていた。

そして、今度は無所属で出馬することに決めたと言う。

次は「忖度しない政治家を目指す」らしい。

 

▼「家政夫のミタゾノ」3話出演・川北のんちゃんの記事はこちら▼

家政夫のミタゾノ 家政夫のミタゾノ3話子役は川北のん!ガガガガガガガPVやコードブルーに出演!

スポンサーリンク

家政夫のミタゾノ3話の感想は?

『家政夫のミタゾノ』3話を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

家政夫のミタゾノ3話ネタバレ感想まとめ

今回もミタゾノが大活躍でした!

焦げたパンに消臭剤のような効果があるとは、初耳でした。またミタゾノさんの知恵が光りましたね。

3話では、子役の川北のんちゃんの演技がとても良かったです。

うるうるした目で訴えられたら、お父さんも負けちゃいますよね。

そして、ミタゾノ…というより松岡さんの素が見られた床を殴るシーンでは爆笑しちゃいました!

あのシーン、ぜひ見て欲しいです。何度見てもおもしろいですから!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です