ニッポンノワール1話ネタバレ考察!賀来賢人主演のアンストッパブルミステリー開幕!(10月13日放送)

ニッポンノワール

「ニッポンノワール」1話ネタバレ考察を書いていきます!

いよいよスタートする、賀来賢人主演ドラマ「ニッポンノワール」

脚本家の武藤省吾さんを始め「3年A組」の制作に関わったスタッフ陣が再集結して作るアンストッパブルミステリー!

では、「ニッポンノワール」1話のネタバレ・考察をご覧ください。

スポンサーリンク

ニッポンノワール 1話ネタバレ

「ニッポンノワール」1話のネタバレを含みますので注意してください!

誰がやった?

一軒の山小屋。

ハッと目を覚ました男・遊佐清治(賀来賢人)。

その横には、血を流した状態で亡くなっている女性刑事:碓氷薫(広末涼子)がいた…。

自分の右手には拳銃。自分が殺してしまったのか?

 

そこへ喜志(栄信)がやって来る。

清春はこのままだと自分が疑われるに違いないと考え、証拠の数々を喜志に頼んで綺麗に消してもらったのだ。

そして、山小屋を後にする。

 

だが、すぐに殺人事件の現場招集として、今度は「刑事」としてあの山小屋へ向かうこととなった遊佐。

 

記憶を失くした遊佐

碓氷が亡くなった死亡推定時刻は2日前。

ということは、遊佐と碓氷は丸1日あの小屋にいたことになる。

 

遊佐が到着すると、すでに同じ碓氷班の面々が。

遊佐はみんなが班長だという碓氷のことを実は覚えていなかった。

 

遊佐「この女が班長になったのっていつだ?」

江國「7月だよ。ど忘れしちまったか?」

遊佐「実は、目ぇ覚ましたら記憶失くしちまってよ。」

 

遊佐と碓氷班長は日ごろからしょっちゅうバチバチにやりあっていたと聞くが、ここ3ヶ月ほどの記憶がなくなったことを班員たちに明かす。

 

「こんな時に記憶喪失なんて、都合良すぎんだよ。」

そこへやってきたのは、捜査一課長の南部(北村一輝)

「清治、お前がやったんじゃねえだろうな?」と南部は尋ねる。

もちろんやっていないと遊佐は答えるのだが…。

 

捜査会議にて

碓氷の殺された現場は証拠が消され、犯人の痕跡もなかった。

そんな時、今日から捜査一課に配属となったばかりの宮城が犯人の目星がついていると発言。

それは、普段から素行が悪く、碓氷ともやりあっていた遊佐だと言うのだ。

 

実は、遊佐と宮城は警察学校時代の同期で、宮城は過去に遊佐に自分の手柄を横取りされたという恨みがあった。

宮城は早々に遊佐に喰ってかかる。

そして、そんな宮城を支持する捜査一課の面々と、碓氷班は対立。

捜査会議中に大暴動が起きる。

 

才門要の登場

そんな中、会議室に銃声が鳴り響く。

「皆さーん、凶器が特定されましたよー!」

そこにいたのは、南武捜査一課長が呼び寄せた、警視庁公安部の才門要(井浦新)。

 

才門によると犯行に使われた銃は、「M-360サクラ」。

これは、警察が使っているものと同じ銃。

つまり、犯人は警察関係者。しかも、碓氷薫のことを良くしっている捜査一課の中に犯人がいる可能性が高い。

 

「薫は大切な友人だった。俺は犯人を絶対に許さない。」

才門は怒りをあらわにする。

 

宮城の話は本当か?

宮城は、「警察学校時代に碓氷さんが講師できた時、誰が口説けるかかけたことがあったろ。」と遊佐に話す。

 

宮城「そこでお前は彼女と寝たと言い張った。」

遊佐「んなわけねえだろ。知らねえ。なんだ、それ?」

宮城「やっぱり嘘か。ほんと口だけだな。お前は。」

 

そう言って、宮城は去っていった。

 

碓氷のことを聞く遊佐

碓氷のことを思い出せない遊佐は、班員に碓氷のことを尋ねる。

 

碓氷に好意を寄せていた後輩の名越(工藤阿須加)が話し始める。

碓氷は39歳。O型。東京都出身。未婚の母で小学校4年生になる息子がいる。

 

続いて江國(杉本哲太)は、碓氷の活躍をあげるとしたら『東堂銀行10億円強奪事件』だと話す。

先月、東堂銀行から10億円が奪われた。

すぐに犯行グループの車両は特定したが、警察の包囲網をかいくぐって逃げ切った。

だが事件の3日後、碓氷が強盗団の1人の身元を特定して犯人のあじとを突き止めた。

そこへ踏み込むと、強盗団の4人はすでに全員死んでいた…。

防犯カメラには、犯人4人が仲間割れによって撃ち合って死亡する様子が映っていたのだ。

 

被疑者は全員死亡、10億円のありかはわからず。

この事件についてはいまだに色んな説が流れているが、上層部がなぜかフタをしたがっている…。

 

そんな時、南武が碓氷の息子・克喜を連れて来て、遊佐に「この子、しばらく預かってくれ」と世話を押し付ける。

「何で俺が?」という遊佐に「あの子はお前の監視役だ。警視庁のガンがバカやんねえように。」と答える南武。

 

本城理事官と娘の芹菜

そのころ本城理事官は娘の芹奈に「あの件は何とかなりそうだ」と電話で話していた。

友人たちとカラオケに来ていた芹菜は「そう。今、立て込んでるから。」とそっけなく返答。

 

そんな時、遊佐を追いかける名越を呼び止める本城理事官。

「君は確か、碓氷班の…」と声をかけ…。

 

喫茶店にて

克喜を警察署に置いたまま逃げた遊佐。

自宅の1階にある行きつけの喫茶店「ボナーロ」で食事をしていると、そこへ克喜がやってきた。

克樹のことをないがしろにする遊佐にあきれたマスターの娘・咲良は、克喜に遊佐のピラフを分けてあげた。

 

克樹の面倒を見ないという遊佐とケンカをする咲良を見て、克樹は「ケンカはしないでください。食べたら帰りますから。今までも母は帰りが遅かったし、1人は慣れてるので」と言う。

食後に1錠の薬を飲む克樹。

 

咲良は心配するが、「大丈夫です。近所に伯母も住んでるので。」と出て行く克樹。

だけど、咲良にはそれが克樹の嘘だと気づいていて、あとを追った。

 

「何ムキになってんだ、あいつ?」という遊佐に、マスターは「あれも、家族を亡くした痛みと悲しみを知ってるから。」と伝える。

喫茶店の奥には、一人の笑う女性の写真が飾ってあった。

 

「ところで、碓氷薫さんが殺された理由に克樹くんが関わっている可能性はないの?」と尋ねるマスター。

「元刑事の勘ってやつ?」と遊佐が言うと、「昨日の推理ドラマの影響かな」ととぼけて返す。

 

克樹が家に戻ると…

克喜が家に帰宅すると部屋中が荒らされていた。

足音に気付いた克樹がクローゼットに隠れると、そこに男が近づいてきた…!

クローゼットを開いたのは、なんと才門だった。

そして、そこへ駆けつけた遊佐が銃を向ける。

 

才門は、自分が来たときはすでに部屋は荒らされていたと話す。

さらにテーブルには、コップの中にタバコの吸い殻があり、それは遊佐が吸ってるタバコと同じ銘柄だった。

逆に遊佐を疑う才門。

DNA鑑定の結果、一致したら、遊佐がこの部屋を荒らしたことになる。

だが、遊佐にも身に覚えがない。

 

才門は、ちょうどいい機会だと遊佐に「10億円強奪事件」の真相がどうしても知りたいと遊佐に話す。

碓氷は「10億円強奪事件」にはもう一人犯人がいて、そいつが黒幕だと話していたという。

さらには、証拠も見つけており、警察関係者で間違いないと考えていた。

大事な点は、その黒幕がまだ10億円を手に入れてないということ。

 

「なぜそんなことがわかる?」という遊佐に、才門は碓氷から、黒幕が隠し持っていた10億円のありかを見つけ、それを別の場所に隠していたことを聞いたと話す。

つまり、碓氷は10億円のありかを聞きだそうとして黒幕に殺害された…才門はそう考えていたのだ。

 

一方で、遊佐は何の情報も持っていない。

「この子の面倒、ちゃんと見ろよ。こっから先は誰も信じるな。喰うか、喰われるか…決断を誤ったら、命はねえぞ~」そう言って、才門は去って行った。

 

克喜の母の記憶

遊佐は、喜志に頼んでアリバイ動画を作成してもらう。

そして警察内部に仕込んでいた隠しカメラから、とある人物の怪しい動きを発見したと聞く。

映像を見て「あいつが犯人か…」とつぶやく遊佐。

 

車からいなくなった克樹を探すと、克樹はバースデーケーキを見ていた。

誕生日を祝ってもらった記憶がないと話す克喜。

そして「母が殺された場所に連れて行ってくれませんか?」と願い出る。

 

碓氷の亡くなっていた小屋。

母親が亡くなったというのに冷静な克喜。

「泣いても何も解決しませんから。正直、よくわからないんです。なんでだろう。母の顔とっくに思い出せなくて…。なんとなく避けられているようにも感じました。僕、クラスでも何を考えているかわからないって気味悪がられてて。母も僕をそう思ってたんでしょうか?」と話す。

「かもな。人間なんて表もあれば裏もある。俺も、お前も、お前のおふくろも。相手の本心なんてわかるわけないんだよ。でも、それでいい。他人にどう思われようが、自分がどう思うか、大事なのはお前の気持ちなんじゃないか。」と返す遊佐。

「僕の気持ち…」

そんな時、遊佐たちのいる小屋に銃弾が撃ち込まれる!

 

遊佐たちを襲撃する者が!

「お前の手の内はわかってんだよ!名越!!」

なんと、遊佐たちを撃ってきたのは、名越だった。

 

名越「ねえ、先輩。そこにいるんでしょ?なんで俺だとわかった?」

遊佐「タバコだよ。班長の部屋にあった吸い殻。あれはお前が用意したもんだろ。」

 

遊佐が喜志に頼んで仕込んでいた隠しカメラに、名越が遊佐のタバコの吸い殻を持ち出す姿が映っていたのだ。

 

碓氷を愛していたという名越。だけど、遊佐に殺された。

本城理事官に「遊佐清治が碓氷薫殺しの決定的な証拠を自宅に隠し持っている」と言われ、遊佐の家を家宅捜査できるようにあのタバコを仕込んだのだ。

でも、遊佐を捕まえただけでは自分の腹の虫がおさまらない。

だから、遊佐を殺すことにしたという。

 

遊佐の過去

殴り合う遊佐と名越。

名越に馬乗りになり、殴り続ける遊佐。

 

名越「それでも刑事かよ。それでも人間かよ!」

遊佐「人間じゃねえっつーのか。だったら俺は何だよ。豚か…家畜の豚かー!お前、殺されそうになったことないだろ?俺はな、産まれたときから人殺しなんだよ!」

 

実は、遊佐の母親は遊佐を出産し亡くなった。

そして、それを理由に「人殺しー!お前は豚だ。家畜は食われろ!」と父親からずっと虐待を受けていたのだ。

 

目に映る全てのものが憎かった。

だから生きるために戦った。

ゴミを漁って生きてきた遊佐は、ふと警察官募集のポスターを目にする。

そして、生きるためなら何でもしてきた。

 

遊佐がついに名越に!

これで殺しても正当防衛になるよな…

命乞いをする名越を「お前は豚だ。家畜は食われろ。」と言いペンで突き刺そうとする遊佐。

その時、克喜が銃を放ち「殺したんですか?あなたが母を殺したんですか?」と聞いてきた。

 

「俺かもしれないし、そうじゃないかもしれない。」

「今朝目を覚ましたら、お前のおふくろが隣で死んでた。でも記憶がねえから、俺が殺したかどうかわからない。」

と話す遊佐。

 

信じられないという克喜に

「嘘じゃない!だからお前がジャッジしろ。俺がやったと思うなら撃て。俺は今のお前をどう慰めてやったらいいのかわからない。そういう生き方をしてこなかったから。でも、これだけは覚えておいてくれ。どれだけ待っても、勝手に夜が明けることはない。光はお前が作るんだ。お前次第で、この世界はいくらでも変えられる。いいか、克喜!どんなことがあっても生きろ。はいつくばってでも、明日を掴め。全てはお前次第だ。」と話す。

 

拳銃をおろす克喜を、押し倒す遊佐。

「一つ言い忘れてた。この世界はそんなに甘くない。そういや思い出したよ。お前のおふろくの言葉。」と話し出す。

 

碓氷は碓氷班の係長を命じられた時、みんなに「私には愛する息子がいます。その子が、大勢のひとたちが、笑顔で触れ合える社会をつくること、それが警察官の役目だと思っています」と話していたと…。

「彼女はお前のことを愛してた。お前の笑顔を守るために、体張って仕事してたんだよ。」

 

克喜はその時、母の笑顔、母の優しさを思い出した。

そして、「お母さん!どうして?どうして?戻ってきたよ!」と初めて号泣する。

「お前はこれから一人だ。誰も守ってくれない。自分が強くなるしかねえんだよ。母親が死んだ真相を知りたければ、俺についてこい。お前次第で、この世界はいくらでも変えられる。」

そう言って出された遊佐の手を、しっかりと握る克喜。

 

克喜との生活がスタート

克喜を一緒に暮らすことにした遊佐。

もし克喜が、遊佐が母を殺した犯人だと思ったら好きにしていいと言う。

 

眠る克樹。

その顔を見て、タバコを吸うことをやめる。

そして、別室に置いていた名越を叩きおこす遊佐。

「お前、碓氷薫を殺した犯人だ憎いんだろ?だったら利害は一致している。俺と手ぇ、組まないか?」と声をかける。

 

遊佐が自宅のロッカーを開けると、そこから拳銃と「10億円強奪事件」に関する資料が入った封筒が落ちてきた。

そして、外には遊佐の家に突入しようとしている警察たちの姿が…。

 

「なめたまねしやがって…。おもしろくなってきたじゃねえか。」

 

スポンサーリンク

ニッポンノワール1話考察

1話のオープニング映像に、かなり気になる点がありました!

  • 145のコインロッカー
  • 叫ぶおばあちゃん
  • メガネ屋の看板
  • 発砲される銃
  • せまる右手
  • ワゴン車
  • アマガエル
  • 新型インフルエンザ
  • 緑の液体の注射
  • 2つのマグカップ
  • 戦隊ヒーロー(ガルムフェニックス?)
  • 心電図
  • 大金(10億円?)

中でも気になったのは、「新型インフルエンザ」が流行したと書かれた新聞記事です。

日付が2009年6月15日(土)となっていました。

2009年というと、ちょうど碓氷薫の息子、克喜が産まれた年なんですよね。

その年に新型インフルエンザが流行したということは、克喜の父親はそれが原因で亡くなってしまった?

もしくは、克喜自身がその影響で病気を持っている?(食事シーンで薬を飲んでましたよね!)

 

他にも、ワゴン車や大金は、おそらく『10億円強奪事件』の映像ではないでしょうか?

だとしたら145番のコインロッカーも怪しいですよね!

「ニッポンノワール」は、伏線回収も早いドラマなのでこれらのオープニングの謎も早く解明されるかもしれません!

 

YouTubeチャンネルも見てね☆
youtubeで考察動画配信中!気軽にコメント待ってます(*^o^*)

ニッポンノワール 1話の見逃し配信や動画情報

『ニッポンノワール』は日本テレビで放送されます。放送後1週間はTverで無料配信されます。

日テレ公式動画配信サイトのHuluを利用すると、1話~すべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

「あなたの番です」の時も、何度も見返しすことができて良かった!

私はいつも、Huluで見直して考察を楽しんでいます♪

今すぐクリック!

→Hulu公式サイトをチェック!

スポンサーリンク

ニッポンノワール 1話まとめ

ついにスタートした「ニッポンノワール」!1話は楽しめましたでしょうか?

少し、工藤阿須加さん演じる名越の騒がしい感じがありましたが…(笑)

彼はこれから遊佐の良き味方となるのか…それともやっぱり裏切るのか…。

 

ドラマの内容とエンディングの曲が、雰囲気ががらっと変わってしまうところに「3年A組」を思い出しました。

「3年A組」も全然ストーリーとエンディングがマッチしていないって言われてましたよねー。あれはあれで良かったんだけどw

ガルムフェニックスも出てくるし…これからも色んなところに「あ!」と驚く仕掛けがあるかもしれませんね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です