【さくらの親子丼2】キャストと人物相関図!あらすじと見どころも

さくらの親子丼2

東海テレビの大人の土ドラ枠で放送中の「さくらの親子丼2」のキャストと人物相関図やあらすじと見どころもご紹介します!

子どもシェルター「ハチドリの家」の調理師スタッフとして働くさくらと問題を抱える少年少女の生活を描いたさくらの親子丼2は、実際にシェルターを取材して描かれた作品です。

悲しい思いをしている子供たちがたくさんいるんだね…毎回続きが気になっちゃう

 

さくらの親子丼2・無料視聴はこちら

スポンサーリンク

さくらの親子丼2キャスト・相関図

相関図はこちら↓↓

 

さくらの親子丼相関図1
さくらの親子丼相関図2

引用元:http://tokai-tv.com/oyakodon2/chart/

九十九さくら(真矢ミキ)

事件で長男を失ったのを機に無料で親丼をふるまう。趣味は競馬。真っ直ぐで純粋な性格。

三谷桃子(名取裕子)

三谷法律事務所所長で子供の人権問題に関心を持ち、ハチドリの家の運営に関わる。さくらとは長男の事件の際、加害者側の弁護士として出会う。

鍋島真之介(相島一之)

ハチドリの家のホーム長。過去に教師をしていた。

川端哲也(柄本時生)

三谷法律事務所の新人弁護士。知識と強い熱意、正義感の持ち主だが、熱意ばかりが先走り子供たちにいいように振り回されることがある。

古井戸貞子(井頭愛海)

ハチドリの家入居者。記憶喪失で妊娠8ヶ月の少女。その風貌から貞子と呼ばれ仮名として使用。

新城由夏(岡本夏美)

ハチドリの家入居者でリーダー的存在。原則2ヶ月までの入居期間を1年以上も滞在。過去に悪行の限りを尽くしてきたことから対処先が見つからない。

井口あかね(柴田杏花)

ハチドリの家入居者。母親から虐待を受け2ヶ月前より入所。一旦は改心したという母親の元に戻るが、再び虐待を受け再入居。それでも母を慕い続けている。

藤島玲奈(尾崎真花)

ハチドリの家入居者。母親の借金返済のため無理やり風俗店で働かされていたが、盗み癖があるため店の売上金を盗んで逃走。やくざに追われている。

小宮山詩(祷キララ)

ハチドリの家入居者。病院長の娘で成績は優秀だがそれでも満足しない父親から虐待を受け、AV出演や自殺未遂を起こす。父親に復讐を果たしたい一心で東大理Ⅲ進学を目指す。

白鳥マリア(日比美思)

ハチドリの家入居者。義父から性的虐待を受けており、それに気づいた実母からも見捨てられた。本名は太田春奈だが自分の名前が嫌いで、入居時に考えた仮名を使用。

中里拓士(浦上晟周)

ハチドリの家入居者。性同一性障害を抱え家庭や学校に居場所がなくなり入居。

大豆生田香(塩野瑛久)

ハチドリの家入居者。傷害事件を起こし少年院を仮出所中。母のもとへ帰りたいと願っているが、母からは疎まれ続けている。短期で喧嘩っ早い性格。

スポンサーリンク

さくらの親子丼2のみどころ

「さくらの親子丼」待望の第二シリーズが放送開始!
古本屋「九十九堂」から子どもシェルター「ハチドリの家」へと舞台を移すも、さくらの子供たちに対する愛情は変わらない。

前シリーズ同様、数々の悩みや心の傷を抱えた子供たちに、さくらはどう向き合っていくのか。

脚本は「3年B組金八先生」の清水有生

前作から引き続き、清水有生が脚本を手掛けている。

1987年にデビューしてから「3年B組金八先生」や1990年に柳葉敏郎主演で人気を博しシリーズ化された「ホットドック」、2015年には榊原郁恵が昼ドラ初主演を務めた「プラチナエイジ」など、数々の脚本を手掛けヒットさせてきたベテラン脚本家が、実際にシェルターで取材を重ね書き下ろしたオリジナル作品。

主題歌は17歳シンガーRINAの『光』


主題歌は17歳の無名シンガーRINAが歌うデビューシングルの『光』。

歌詞の内容も物語にピッタリ!まるで「ハチドリの家」に身を寄せている少年・少女の心の内を表現してるみたい

さくらの親子丼2の1話あらすじ

親子丼ふたたび。
16年前、さくらの高校生の息子・悠平がファミレスでアルバイト中に、あざみを殺そうとした花菜子を止めようとしてもみ合いとなり、ナイフで刺され命を落とした。

突然息子を奪われた心の整理のついたさくらは、その報告のため事件をきっかけに親しくなった加害者弁護士の三谷桃子を訪ねる。

子どもの人権問題に強い関心を持っていた三谷は、弁護士のかたわら虐待や非行、問題行動を起こし行き場のない子どもたちを一時的に避難・保護するシェルター「ハチドリの家」の運営に関わっていた。

しかし、そこの調理師スタッフが突然辞めてしまったと困り果てた三谷は、さくらに一日だけ夕食と朝食を作ってもらうよう依頼する。

子どもたちの安全のため限られた人間しかその場所を知らない「ハチドリの家」。そこは住宅街に紛れるように建つ一軒家だった。ホーム長の鍋島のもと6人の少年・少女が身を寄せており、その誰もが心に深い傷を負い、悩みもがいていた。

名前のいらない少女。

さくらが食事の支度にとりかかると、三谷が少女を連れてくる。
太田春奈。本名は別にあるが「親からもらった名前などいらない」と自ら考えた仮名を名乗っていた。春奈は義父から性的虐待受け、その事実を知った実の母親からも憎まれ見捨てられてしまった。
さらにもう一人、記憶と言葉を失った身重の少女。

そして一度は改心した母親と和解し、母の待つ自宅へ帰ったはずの少女・茜が再び「ハチドリの家」へ戻ってきた。またしても暴行され、茜の想いは裏切られてしまったのだ。

「空腹を満たすことで人間らしく行動することができる」そう信じているさくらは、今度も親と子を一緒にとじる「さくらの親子丼」で子供たちの心を満たそうとする。

だが大人に傷つけられ大人は敵だと思い込んでいる彼らには、さくらの想いは届かない。
約束の期限が来てホーム長の鍋島に引き留められるも、自信を無くしてしまったさくらは辞退する。帰宅したさくらは居酒屋で飲んでいたはずだったのだが、どうしても彼らの事が頭から離れない。それぞれが抱える深い絶望と悲しみ、願いと葛藤に心を痛める。

「彼らにも親子の絆が必ずあるはずだ」

そのことを確かめるためにも、さくらはまた子どもシェルター「ハチドリの家」に戻って来るのだった。

すっかり元気を取り戻したさくらは、食事の支度だけでなく彼らの日々の生活にあれやこれやと口をはさみ、当然のごとく疎まれてしまうのだがさくらは気にせず、彼らの世話に邁進するのだった。

スポンサーリンク

さくらの親子丼2の2話あらすじ

シェルターの子どもたちにも、親子の絆がきっとあるはず・・・。そのことを確かめるため、“子どもシェルター”「ハチドリの家」に残ることにしたさくら(真矢ミキ)は、食事を作るだけでなく、子どもたちの日々の生活にもあれこれと口を挟むようになる。子どもたちは誰もが迷惑顔だが、さくらは気にせず邁進する。

シェルターの子どもたちは、外出は可能だが付添いが付くことになっている。玲奈(尾碕真花)と由夏(岡本夏美)が鍋島(相島一之)の付き添いで、ショッピングモールに行く。服を選んだ玲奈が試着室に入ると、以前働いていた風俗店の元客である彼氏が待っていた。玲奈は育児放棄した母親に、借金返済のため無理やり働かされていた風俗店を逃げ出していた。玲奈は、由夏の機転もあって鍋島に知られずに、店がやっきになって自分を探していることを知る。盗癖のある玲奈には、実は大変な秘密があったのだ。

さくらは食事を用意しても、子どもたちが食べることにあまり興味を示さないことが気にかかる。鍋島によると、シェルターに避難してくる子どもの多くが、まともに食事を与えられたことがないという。自分が何を食べたいのかもわからないなんて…愕然とするさくら。自分で食べたいものを食べて欲しいと望むさくらは、投票形式で夕食のメニューを決めることを思いつく。そのほとんどが白紙の中、「おでん」に一票入る。

さくらは張り切っておでんを作るが、今度は同じ鍋を皆でつつくことを子どもたちが嫌がる。恐る恐る箸を伸ばす香(塩野瑛久)。「こんなウマいおでん、食ったことがない!」。子どもたちはやがて、猛烈な勢いでおでんを食べ始める。その姿に笑顔になるさくらだった。みんなで食べる、自分が食べたいものを自分で選ぶ…。そんな当たり前のことに気付かされる子どもたち。それにしても、用紙におでんと書いたのは、一体?

一方翌日、玲奈が再びショッピングモールの試着室に行くと、彼氏がいない。不安な気持ちを抱えながらシェルターへと戻る玲奈たちを、一台の車が後をつけていた。そして、シェルターに戻った玲奈たちの前に現れたのは……。

さくらの親子丼2の3話あらすじ

さくら(真矢ミキ)が通うようになってから、「ハチドリの家」の雰囲気に変化が訪れる。香(塩野瑛久)はチンピラたちを手玉に取って追い返したさくらを見て、すっかり心酔したようだった。女子たちも全員で食卓を囲むことが増えて以来、“女子会”で盛り上がることがあった。茜(柴田杏花)は心配してくれる川端(柄本時生)の優しさを自分への愛情と勘違いしていた。シェルターの子どもたちは、人に優しくされたことが殆どなく、その優しさが仇にならなければいいがと鍋島(相島一之)から聞かされるさくらだった。

ある日、由夏(岡本夏美)は東大の医学部を目指すほど優秀な詩(祷キララ)から「通っている図書館で気になる男子がいるのだが、どうやって打ち解ければいいのかわからない」と相談を受ける。これまで勉強しかしてこなかったため、人とのコミュニケーションの取り方が思いつかない詩に由夏は驚きつつ、ありのままの素直な自分を見せるようアドバイスする。

図書館で彼から話しかけられた詩は由夏に言われた通り、ありのままの自分を話し始めるが、それが徐々にエスカレートし始め……。

青森県の弘前で病院を営む一家に生まれた詩は、ある理由から病院の跡を継ぐよう、父親から強いプレッシャーを受けていた。いくら勉強しても、結果が出ないと父に暴力を振るわれていた詩は生きることに疲れ、家を飛び出して自ら死のうとしたのだ。その際、親切な男に助けられたものの、男は詩にとんでもないことを強要して…。

父親への復讐のために人生を勉強にのみ費やし、感情を表に出すこともない詩をさくらも心配する。そんな折、いつもの夕食の投票が行われ、その中の一票に「鍋焼きうどん」があった。ピンときたさくらは、詩の受験勉強の夜食にと、熱々の鍋焼きうどんを持って行く。うどんを食べる詩の目からは、かすかに一筋の涙が…。そして詩は、さくらにある頼み事をする。

 

あらすじの引用元は公式サイト:http://tokai-tv.com/oyakodon2/story/

 

さくらの親子丼2・無料視聴はこちら

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です