QUEEN|6話の視聴率あらすじネタバレ感想(2月14日放送)有名作家のパワハラの裏にイケメンの罠?

QUEEN

2月14日放送のドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」6話の視聴率、あらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

5話は、離婚したい鬼嫁と離婚したくない落ち目タレント…。二人の離婚劇には衝撃の事実がありました。

6話はどのようなスキャンダルを解決するのでしょうか?

では、2月14日放送の「スキャンダル専門弁護士QUEEN」6話の視聴率、あらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

『QUEEN』動画はFODで無料見逃し配信中!

スポンサーリンク

QUEEN|6話のあらすじ

6話のあらすじをチェック!

鈴木法律事務所に新たに持ち込まれた危機管理の仕事は、大物小説家のパワハラ疑惑。 氷見江(竹内結子)与田知恵(水川あさみ)鈴木太郎(バカリズム)は、依頼主である浮田千代子(真野響子)に会いに行く。

氷見たちを迎えたのは千代子の秘書、若月礼二(杉野遥亮)。礼二以外の秘書たちはパワハラを訴えて辞めてしまっていた。礼二は千代子が秘書たちに厳しく当たるようになったのはここ最近で、本当は週刊誌で糾弾されるような人物ではなく、優しく穏やかな人だと擁護。そして千代子と対面する氷見たち。浮田はちゅうちょなく、あっさりと週刊誌の記事は事実だと認め、その上で、ベストセラー作家のスキャンダルということで盛り上がる蜂の巣をつついたような周囲の騒ぎをおさめて欲しいと氷見たちに要請をする。真っ白な衣装に身を包み、終始、豪放磊落な浮田は、礼二の給仕で千氷見たちと食事をしながら、礼二の中に秘められた小説家としての可能性を認め、もしも自分が亡くなったら遺産は礼二のような若い才能に使いたいと、氷見たちにこぼす。

氷見たちは過去の仕事で縁ができたミナトテレビの部長を訪ね、礼二にフォーカスをあてた番組を提案。放送後、世論は見事に“スピン”され、騒動は収束しそうな気配を見せる中、礼二が不穏な動きをしていることを氷見が察知し・・・。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/story/story_06.html

 

▼前回「QUEEN」5話のあらすじ・ネタバレ記事はこちら▼

QUEEN QUEEN|5話の視聴率あらすじネタバレ感想(2月7日放送)!鬼嫁と落ち目タレントの離婚の行方は?

スポンサーリンク

QUEEN|5話の評判は?

5話を見た視聴者さんの反応をチェックしてみましょう!

 

今回は、離婚したい妻と離婚したくない夫という、言い分の違う2人の離婚問題。

ですが、裏にはもっと重大な秘密がありました。

途中から、逆再生になり今回の離婚劇の真実が明かされた時には「そこから計算されてたのか!」と驚かされました。

相変わらず、氷見さんの作戦はすごいですね!

不倫という大きなバッシングを受けた夫婦でしたが、実は真実の愛で包まれていました。

遠野なぎこさんの名演技にも、SNSは大盛り上がりでした♪

QUEEN|6話の視聴率

視聴率:

ネコ吉
発表され次第、更新します!

スポンサーリンク

QUEEN|6話のネタバレ感想

ネコ吉
放送後に更新します!

スポンサーリンク

QUEEN|6話のネタバレ感想

ネコ吉
6話の放送後をお楽しみに!

QUEEN|6話視聴率あらすじネタバレ感想まとめ

放送後、更新いたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です