QUEEN|6話のネタバレ感想視聴率(2月14日放送)有名作家のパワハラの裏にイケメンの罠?

QUEEN

2月14日放送のドラマ「スキャンダル専門弁護士QUEEN」6話の視聴率、あらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

6話では、小説家のパワハラ問題ですね。

イケメン秘書の裏の顔はいったい・・・!?

去っていった秘書たちは、戻ってくるのか?

早速2月14日放送の「スキャンダル専門弁護士QUEEN」6話の視聴率、ネタバレ感想を見ていきましょう!

 

『QUEEN』動画はFODで無料見逃し配信中!

 

スポンサーリンク

QUEEN|6話の視聴率

視聴率:6.8%

ネコ吉
視聴率、苦戦しているようにゃ…

スポンサーリンク

QUEEN|6話のネタバレ感想

礼二にだけ当たりが優しい小説家の先生。

他の秘書に物を投げつけ怒鳴る先生に「辞めさせていただきます!」と告げ、去っていく他の秘書たち…。

 

ベストセラー作家に、老害パワハラと大きな見出しで書かれてしまっています。

バカリズムさんが演じる鈴木も、一緒にご自宅へと向かう。

(大口のお客さんになると予想して行くそうです)

 

先生の元へ訪れると、報道記者が凄い量!

もうかなりの大ごとになってしまっているのが一目瞭然…

 

 

氷見や鈴木さんを向かい入れた礼二。

氷見は礼二に、どんな感じの先生かを尋ねます。

ここ2、3か月で一気に当たりが強くなったと言う。

本当は阿優しい人だ、と…

 

この先生は、以前不倫騒動で世間を騒がせたようですね~。

元秘書の方たちは、訴訟を起こそうとしているそうです。

過ぎたことは気にしない、去ったものは追わない、これが先生の長生きの秘訣だそうです!

 

先生は、礼二が言葉の完成は飛びぬけて面白かった!と褒めちぎります。

若月礼二さん、小説デビューが控えているそうですね…

 

そして、過去の話は一切語らないと語る。

分からない部分があったほうが魅力的だという先生。

 

この先何年生きられるか分からないから、私の財産は若い人に使ってほしいと言う。

 

礼二さんが電話…クラブがどうのと言っていましたね。

すでに裏の顔が…?

 

イケメン秘書!としてテレビが報道されます。

浮田先生の元で、小説家として修業中という…

ネットでも大評判のようですね~、若月さんイメージアップ!

丸く収まった…と思いましたが、若月さんクラブに行ってますね~

写真にばっちり写っちゃってます。

一体これはどういうことなんでしょう!?

 

与田さんが、クラブに潜入!

礼二さん、編集長に何か書類を渡していますね。

編集長と礼二さんは契約していますね。

若月を使って、出版社と契約させるために近づいていました!

裏の顔が早くも暴かれましたね~

 

与田さん、若月さんを雇った出版社へ乗り込みます。

礼二さんは遺産だけでなく名声もすべてを手に入れたい、という欲の塊でした。

 

早速裏の顔はテレビで報道されてしまいました…!

編集長とのやり取りが放送されてしまい、若月礼二大ピンチ!?

 

若月礼二に直接雑誌を見せますが「僕には何のことかさっぱり…」と言いましたが、全てバレていますからね。

礼二は元ホストだから先生に過去を語れなかったんですね。

 

氷見さん煽る煽る(笑)

礼二が「僕のこと馬鹿だと思ってるんですか?」と言うと

「違うんですかぁ~??」と…。

嘘で塗り固めたが、バレてしまったならしょうがないと裏の顔丸出しで語ります。

ありのまま、メディアですべて話せと礼二に言います。

裁判を起こされる、と聞くと礼二はしっかりメディアで語ります。

 

完全に開き直った礼二、謝罪という感じは0

 

 

先生、灰皿ごとひっくり返してしまいますが…これは何を表しているのでしょうか。

若月の報道を見て、以前働いていた秘書たちは全員戻ってきたそうです。

パワハラで賠償金が取れないなら、遺産を、という感じでしたね~。

元秘書ですら、遺産が欲しくて集まっているなんて…

 

と、そんな話をしていたら…小説家の先生は病死。

突然すぎる死でした。

今回、竹内結子さん笑わないですね。

いつもニコニコしているイメージが強いので違和感…

 

遺産が欲しいおばさん方3人は、早く氷見さんたちに出て行ってほしい様子。

礼二を連れてきた藤枝。

遺言書の場所を知っているのは、若月礼二だけだったのですね。

礼二に遺産を残すわけではなかったんですね。

遺産が手に入らないとわかると去っていく秘書3人。

 

去ろうとした若月に、先生の死を利用して売り出せ!と氷見が提案。

先生をだましていた礼二は、できないと伝えます。

 

先生は、礼二がだますために近づいたことを知っていた!!!

知っておきながら、礼二をそばに置いていたんですね。

才能があるから、と…

 

先生が氷見さんたちに危機管理をお願いした理由は、礼二の本心をさらけだすのが目的でもあったんですね!

言葉の才能がある、と褒められたのが嬉しかったんですね。

浮田先生の最後の弟子、として売り出せば人気になることが間違いない!と伝えます。

礼二さん、小説出したんですね~!!!

才能があると、絶賛されていました。

礼二、デビューできてよかったね!

 

QUEEN|6話のあらすじ

6話のあらすじをもう一度チェックしてみましょう~!

鈴木法律事務所に新たに持ち込まれた危機管理の仕事は、大物小説家のパワハラ疑惑。 氷見江(竹内結子)与田知恵(水川あさみ)鈴木太郎(バカリズム)は、依頼主である浮田千代子(真野響子)に会いに行く。

氷見たちを迎えたのは千代子の秘書、若月礼二(杉野遥亮)。礼二以外の秘書たちはパワハラを訴えて辞めてしまっていた。礼二は千代子が秘書たちに厳しく当たるようになったのはここ最近で、本当は週刊誌で糾弾されるような人物ではなく、優しく穏やかな人だと擁護。そして千代子と対面する氷見たち。浮田はちゅうちょなく、あっさりと週刊誌の記事は事実だと認め、その上で、ベストセラー作家のスキャンダルということで盛り上がる蜂の巣をつついたような周囲の騒ぎをおさめて欲しいと氷見たちに要請をする。真っ白な衣装に身を包み、終始、豪放磊落な浮田は、礼二の給仕で千氷見たちと食事をしながら、礼二の中に秘められた小説家としての可能性を認め、もしも自分が亡くなったら遺産は礼二のような若い才能に使いたいと、氷見たちにこぼす。

氷見たちは過去の仕事で縁ができたミナトテレビの部長を訪ね、礼二にフォーカスをあてた番組を提案。放送後、世論は見事に“スピン”され、騒動は収束しそうな気配を見せる中、礼二が不穏な動きをしていることを氷見が察知し・・・。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/QUEEN/story/story_06.html

▼QUEEN6話の見逃し配信はこちら▼

QUEEN QUEEN|6話動画の無料視聴はこちら!(2月14日見逃し配信)dailymotion,pandoraで見れる?

スポンサーリンク

QUEEN|6話の評価反応は?

SNSではどのような反応があったのでしょうか?

6話の評判は良い感じのものが多いですね!

今回は氷見さんの表情に注目している方も多いですし、氷見さんがどこで何を仕掛けていたのかを最後に聞けて納得!という声も♪

 

最後の最後まで見ていないと、なんでこうなったか!が分からないので、最後まで見る楽しみがありますね~!

QUEEN|6話ネタバレ感想視聴率まとめ

パワハラからの遺産相続問題でしたが

まさかまさかの、礼二が黒幕じゃなかったことに驚き!!

秘書のおばさん方、金に目がくらみすぎてるよ~と笑ってしまいました…

礼二のイメージもマイナスにならずよかったなーという終わり方でしたね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です