ラジエーションハウス ドラマ1話あらすじネタバレ感想!HEROっぽい演出が話題に!(4月8日放送)

ラジエーションハウス

4月8日放送のドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」1話のあらすじ、ネタバレ、感想を書いていきます!

月9初主演をつとめる窪田正孝さんが、患者の”視えない病”をレントゲンやCTで診つけ命を救っていく、掟破りの天才放射線技師を演じる医療ドラマ。

初回は、主人公の唯織(窪田正孝)が幼馴染の杏(本田翼)と再会を果たすのですが…

では、4月8日放送の「ラジエーションハウス」1話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

「ラジエーションハウス」1話を全部無料で見る方法はこちら

ラジエーションハウス ラジエーションハウス|1話見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraで見れる?(4月8日放送)

スポンサーリンク

ラジエーションハウス|1話あらすじ

まずは「ラジエーションハウス」1話のあらすじをチェック!

五十嵐唯織(窪田正孝)は、「写真には必ず真実が映る」と信じている放射線技師。アメリカで最も権威ある放射線科医からその才能を認められた唯織は、帰国後、ずっと思いを寄せている幼なじみの甘春杏(本田翼)が放射線科医として勤務する甘春総合病院に採用される。
22年前、杏は、父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。そのとき杏は、病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをして、と唯織に告げていた。

初出勤の日、唯織はバスで甘春総合病院へと向かう。同じバスには、唯織とともに採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿もあった。その途中、バス運転手・天野(春海四方)のわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう乗客に呼びかける。唯織は、駆けつけた救急隊員に、血管造影ができる病院へ搬送するよう指示する。
天野は甘春総合病院に搬送された。受け入れたのは救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)だ。だが、天野は自力で立てるほど元気で……。

甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。彼らの間では、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないか、という噂も広まっていた。

唯織は、バスの一件で遅刻しながらも、遂に杏と再会を果たす。ところが杏は、唯織のことなどまったく覚えていなかった。大きなショックを受ける唯織。

そんな折、前夜、唯織が河川敷で出会い、親しくなった菊島亨(イッセー尾形)が甘春総合病院に搬送されてくる。実は菊島は世界的な写真家だった。小野寺たちは、頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行った。しかし、画像の左上が黒く抜けて欠損していて……。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/radiationhouse/story/index.html

 

▼ラジエーションハウス原作・キャスト情報はこちら▼

ラジエーションハウス ラジエーションハウスドラマ原作ネタバレ・キャスト!窪田正孝が掟破りの天才放射線技師に!

スポンサーリンク

ラジエーションハウス|1話ネタバレ

ここからは1話のネタバレになります!

写真家・菊島との出会い

昔撮った幼い頃の杏の写真を見て、22年と188日ぶりに、杏と再会できるとワクワクしている唯織。

そんな時、「いい写真だね~」と声をかけてくれたのが、写真家の菊島(イッセー尾形)。

頭痛を訴える菊島に、「頭痛は甘くみてはいけないので、病院に行ったほうがいいですよ」と受診をすすめる。

そんな唯織は、菊島のカメラで星を見ていたのだが、人の肉眼では見えないはずの5等星を言い当て、菊島は驚いていた。

 

バス運転手の異変に気付く

初出勤の日、唯織はバスで甘春総合病院へと向かっていた。

同じバスには、同じく甘春総合病院に採用された新人放射線技師の広瀬裕乃(広瀬アリス)の姿もあった。

その途中、バス運転手(春海四方)が急ブレーキを踏んだ。

そんなわずかな異変に気づいた唯織は、救急車を呼ぶよう広瀬に依頼する。

そして、駆けつけた救急隊員に血管造影ができる病院へ搬送するよう指示をした。

 

天野は甘春総合病院に搬送された。

救急担当の整形外科医・辻村駿太郎(鈴木伸之)が待っていたが、天野は自力で立てるほど元気だった。

 

杏との再会

22年前、杏は父親の跡を継いで医者になる夢を唯織に話していた。

そのとき杏は、「病気を見つけるにはカメラマンが必要だから、世界一のカメラマンになってお手伝いをして」と唯織にお願いしていた。

 

唯織は病院で、ついに杏と再会を果たす。

「五十嵐伊織です。覚えてませんか?」と尋ねると、杏は「どなたですか?」と返した。

「急いでますので…」と立ち去ろうとする杏を追いかけたところ、つまづいて杏に抱き着いてしまった。

「警察呼びますよ!」と変質者扱いされてしまった唯織…。大きなショックを受ける。

 

ラジエーションハウスの面々

甘春総合病院の放射線科は、科長兼診療部長の鏑木安富(浅野和之)のもと、ギャンブル好きの技師長・小野寺俊夫(遠藤憲一)、男勝りな独身女子・黒羽たまき(山口紗弥加)、軒下吾郎(浜野謙太)、威能圭(丸山智己)、悠木倫(矢野聖人)が放射線技師として働いている。

小野寺は、唯織が病院長・大森渚(和久井映見)の隠し子ではないかとみんなにふれまわっていた。

 

唯織を不審に思う杏

唯織の失態を見て、なぜ彼を採用したのかと病院長に尋ねる杏。

実は、杏が尊敬するアメリカで最も権威ある放射線科医であるピレス教授からその才能を認められたのが唯織だと病院長は話すが、杏はそれが信じられないでいた。

 

菊島が搬送される

そんな折、唯織が出会った写真家の菊島が甘春総合病院に搬送されてくる。

なんと菊島は、世界的に有名な写真家だったのだ。

 

小野寺たちは、頭痛を訴える菊島の頭部MRI検査を行ったのだが、出来上がった画像を見てみると左上が黒く抜けて欠損していた。

それを見て、これは「金属アーチファクト」で、口の中、もしくは頭の中に金属がある可能性が高いと言う唯織。

菊島はそのまま検査入院することになった。

 

だが、この画像では診断のつけようがない。

「こちらはこのままでは診断できません。そちらが何とかしてください」と上から目線で技師に伝える杏。

 

唯織は菊島に会って、菊島の撮った写真を見せてもらっていた。

そこへ娘がやってきたが、娘は菊島に会わずに入院手続きだけして帰ろうとしていた。

そんな娘から、8年前に母が倒れた時も星を追いかけていて、連絡も一切つかず、帰ってきた時には母の葬儀などが全て終わったあとだったことを聞いた広瀬。

 

実は、菊島も妻の死に目に会えなかったこと、そして娘にも迷惑をかけたことを後悔していた。

妻の命日に写真集を出す予定だったが、それももうできないだろう…と。

それを聞いた唯織は「あなたの写真を撮らせてください」と菊島にお願いする。

 

菊島の容態が急変

杏に、もう一度検査をさせて欲しいとお願いする唯織。

だが、「やみくもな検査は患者に負担をかけるだけだ」と一蹴する。

 

病院長と話す唯織。

「あなたはあなたの思うようにやればいいわ」という病院長。

その時、湿布を貼っている姿を見て、何かに気付く唯織。

 

「菊島さんの頭の中に何かあるかもしれません。僕、助けたいんです。」そう話す唯織の言葉を、たまたま聞いていた杏。

そんな矢先、菊島の容態が急変する。

医師たちはこの画像のままでは診断できないため、他の病院に転院させるべきだともめだす。

杏は、そこで血管造影検査を行うことに決めた。

菊島は造影剤アレルギーがあるため本来はできないのだが、時間がないため自分が責任を取るという形で行うことにしたのだ。

 

菊島の頭痛の原因が判明

唯織は病院長だけに許可を得て、他の医師たちには何も告げず、勝手に菊島の再検査を済ませていた。

位相画像といって、磁力線の透過具合によって出来た普段は使うことの無い余分な画像を逆算して掛け合わせ、黒く欠けていた画像を少しづつ再現していく唯織。

だが、造影検査が少しづつ始まっていく。

 

ラジエーションハウスのメンバーは、いつしか唯織の行動を支援し見守っていた。

そしてついに、唯織は菊島の黒く欠けていた脳の画像を映し出すことに成功!

広瀬に菊島の病室から写真集を取ってくるようお願いする唯織。

そして医師たちに、原因が見つかったことを伝える。

 

なんと原因は「寄生虫」だった。

写真家で海外に行っていた菊島は、ボリビアで寄生虫に感染。

それが脳に達していたため、今回のような事態になってしまった。

 

「マニュアル通りに撮るだけじゃ作れない画像だ」と小野寺は医師たちに伝える。

 

唯織が菊島の娘に伝えたこと

唯織は、菊島と話していたことを娘に伝える。

娘に写真を見せ、いつかあなたが大きくなって大切な人を見つけた時、ここで写真を撮ると奥さんと話していたこと。

菊島はカメラを構える度、いつもレンズの向こうに娘が立つことを想像していたこと。

そして、本当に撮りたかったのは星ではなく、あなただったのかもと…。

 

菊島が退院

菊島は、薬だけで元気になり無事退院することに。

病院を出た菊島の目の先には、娘が立ってほほ笑んでいた。

嬉しそうに笑いながら、娘の元へと歩む菊島。

 

そして、広瀬の前には唯織が助けたバス運転手が。

なんと診断が遅れていれば命が危なかったと言う。

その話を聞き、唯織はただ者ではないと感じた広瀬。

 

「ピレスはあなたを自分の元に残したかったのに、どうしてあなたは医者ではなく技師への道を選んだのか…。あなたのタブレットには、今も世界中から読影依頼が届いているんでしょ。」と、唯織が医師免許を持っているにも関わらず、放射線技師にこだわることを不思議に思う病院長。

だが、唯織の答えはただ1つ。杏のため。

 

ここに写真を武器に命を救おうとしている者たちがいる。

彼らは知っている。写真にこめられたもう一つの力を知っている。

それは、「真実を映し出す力」だということを…。

 

▼「ラジエーションハウス」2話ネタバレはこちら▼

ラジエーションハウス ラジエーションハウス 2話ネタバレ感想!原作エピソードを二分したことに批判の声!(4月15日放送)

ラジエーションハウス|1話の見逃し配信や動画情報

「ラジエーションハウス」はフジテレビ放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

フジテレビ公式動画配信サイトのFODを利用すると、1話~すべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

フジテレビの名作動画が無料期間内で見放題なのはフジテレビ公式のFODだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→FOD公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

ラジエーションハウス ラジエーションハウス|1話見逃し動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraで見れる?(4月8日放送)

スポンサーリンク

ラジエーションハウス|1話の感想は?

「ラジエーションハウス」1話を見た視聴者さんの感想を紹介!

HEROっぽいと気づいた視聴者さんは、さすがです!

演出が、HEROと同じ鈴木雅之さんだからですね。細かい点にも気付くところが素晴らしい!!

ラジエーションハウス1話まとめ

窪田正孝さんの唯織は、良かったですね!

途中の造影剤検査が始まるところは、ハラハラドキドキしながら見ていました。

ラジエーションハウスのメンバーが集まってくるシーンや、みんなで輪になって画面を見ているシーンなどはHEROっぽさを感じる人も多かったようですね。

やはり演出家が鈴木雅之さんだと言うのもわかりやすかった。

好評な意見が多い中、テンポの悪さが気になった人もいたようです。

来週以降、どのような演出に変わっていくのか期待して見ていきましょう~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です