集団左遷 4話ネタバレ感想!宿利の次は梅ちゃんが片岡への刺客となるか!?(5月12日放送)

5月12日放送の『集団左遷』4話のネタバレ、感想を書いていきます。

4話では、2人の人物から合計60億円の融資の話が舞い込んでくるようですが…うまく話は進むのでしょうか?

では、5月12日放送の『集団左遷』4話のネタバレ・感想を見ていきましょう!

 

「集団左遷」4話を無料で見る方法はこちら

集団左遷 4話動画を無料視聴する方法!(5月12日放送)

スポンサーリンク

集団左遷|4話のネタバレ

4話の完全ネタバレになります!

スパイ発覚

どうして本部に情報を漏らしたのか花岡に尋ねる片岡。

2ヶ月ほど前に電話がかかってきて、「スパイになればクビにはしない」と横山から言われたことを白状する。

「こうなったらもう私、出向ですよね?」という花沢に「ここでやり直せばいいじゃないですか。きれいさっぱり忘れます。生き残るのも一緒ですよ。」と言う片岡。

 

一方、横山は「蒲田支店のことは宿利さんにお任せしますよ。4か月後の結果で判断しますよ。」と宿利にプレッシャーをかける。

 

蒲田支店の快進撃なるか?

三宅は蒲田支店でも商談会をしたらどうかと提案。

滝川はまだ、真山のことをスパイだと疑っていたが、片岡は蒲田支店にはスパイはいないと断言!

こうして、蒲田支店はまた一致団結してスタートを切ることに。

 

そんな中、三嶋食品の三嶋(赤井英和)と会う。

三嶋は自社ビルを建てようと考えていて、20億円の融資をかんがえていると聞く。

さらに、花沢が前の支店にいた時の得意先だった不動産コンサルタントの神崎昇(戸次重幸)が蒲田支店を訪れ、高級ビジネスホテル建設計画のために40億円融資して欲しいと持ちかけてくる。

一気に、大きな話が2件も入ってきて舞い上がる片岡。

 

また本部から横やりが入らないか心配する真山と花沢に、横山に直接話に行くと話す片岡。

そして、横山常務に直接、花沢を頼って融資の話があったこと、そして今回の件は邪魔しないで欲しいと告げる。

すると横山から「いいんじゃないですか。頑張ってください。」と言われ、拍子抜けしてしまう。

 

真山は片岡からその話を聞いて、「本当に横山さんがそんなことを?」と不審に思っていた。

そんな中、花沢は今回の融資の件を自分が担当するのは心苦しいと言って、片岡に断りを入れる。

その様子を見ていた真山は「支店長、私の目は節穴に見えますか?」と片岡に詰め寄る。

片岡は正直に花沢がスパイであったことを話した。

そして、今回の40億円の融資の件は滝川が担当することになった。

 

商談会チラシの効果!?

商談会のチラシを配っていた時に、出会った女性から取材の申し込みが入る。

働く美女図鑑という特集をやっているそうで、そこで蒲田支店の木田に白羽の矢が立った。

これは、蒲田支店への追い風になってくれるかもしれない。

 

そして、片岡と滝川は40億円の融資のために、高級ビジネスホテル建設計画の最終確認を行っていた。

40億もの融資のため、神崎の会社の上層部にも会いたいと滝川と片岡は願い出るが、なかなか会わせてもらえない。

だが、神崎は稟議を並行して進めて欲しいと言う。何か裏があるのか?

 

一方、花沢は片岡に指示された通り、横山からの電話を無視し続けた。

それを悟った横山は…。

 

蒲田支店が集団左遷!?

後日、先日取材があった雑誌が発売になった。

すると、そこには「蒲田支店が廃店の危機。そして集団左遷になる。」と書かれていたのだ…。

編集長に連絡を入れると、きちんと調べた上での掲載であること、自分は正直なことを書いただけと言われる。

 

早速、その雑誌を見た神崎が蒲田支店へとやってくる。

そして、「あんな話は聞いていないが本当に大丈夫なのか?今週いっぱいで融資を決めていただけないようでしたが、よそに話を持っていく」と神崎に言われてしまう。

 

一方、宿利から連絡が入り、今回の雑誌の件を叱責される。

だが片岡は、そこで40億円の融資の件をお願いする。

すると、稟議が通ることになった。

こんなに早く話が進むことに、真山はまた不安を感じていた。

 

まさかの展開!

すると、その予感は的中。

なんと、宿利と神崎が裏で繋がっていたのだ。

その件を、横山常務の側近、鮫島が目撃しており横山常務に話す。

だが横山は「今回の件は、宿利さんに任せていますので。」と不敵な笑みを浮かべる。

 

真山はやはり、神崎のことが気になり東京リゾート開発のことを独自で調べを進めることに。

花沢も一緒に調べていると…

片岡たちが会っていた三橋という人物は偽物で、彼らは全員「地面師詐欺師」であることが判明!

逃げる神崎たちを必死で負う、片岡たち。

そして無事、警察へと引き渡すことができた。

 

またもや事件発生!?

すると、「支店長!またもや事件です」と木田から連絡が入る。

片岡、真山、花沢、滝沢が急いで蒲田支店へと戻ると…。

窓口にお客さんが殺到。

雑誌記事を見たお客さんが、「ここが無くなったら困るから」と来てくれたのだ。

そして、三嶋の自社ビルへの融資の話も少しづつ進んできた。

 

蒲田支店の業績が上がっていることを知った宿利は憤慨する。

そして花沢が電話を無視し続けることに腹を立てた横山常務は、人事部に連絡。

 

横山へ直訴

その後、人事から連絡を受けた片岡は、横山常務の元へ急ぐ。

「どうしてうちの花沢が出向になるんですか?横山さんを裏切ったからですか?でしたら、最初に私に頑張れと言ったのは、どういうつもりで言ったんですか?まさか…詐欺師事件をあなたは最初から知っていた?」という片岡。

横山はひどい言いがかりだと言う。

片岡は花沢にもう一度やり直しをさせて欲しいとお願いするが、横山は聞く耳を持たない。

 

横山「組織の中では、一度信用を失ったらおしまいなんですよ。」

片岡「信用を失わせたのは、あなただ!そうやって切り捨てるんですか?花沢を!」

横山「そんな行員、私は知りません!」

片岡「だったら、知らない人間の人生、もてあそぶなよ!」

横山「私は三友銀行の未来を見ている。半年間の成果、楽しみにしていますよ。」そう言って、横山は去っていった。

 

花沢の最後

片岡を待っていた花沢。

「人事部から連絡をもらいました。頑張っていただいて、ありがとうございました。みんなと一緒に100億を突破するところを見たかったです。片岡支店長、お世話になりました。」と最後まで笑顔の花沢。

力及ばなかった片岡は、悔しい気持ちでいっぱいだった。

「娘さんの結婚式の招待状、待ってます!」と声をかけた。

「頑張れ、蒲田!」と言って去っていく花沢に、涙が止まらない片岡。

 

一方、横山に頭を下げる宿利だが、完全に見放されていた。

そして、そこに次は梅原がやってくる。

それを見た宿利は、自分の身を滅ぼす原因となった片岡のところへ行き…。

 

スポンサーリンク

集団左遷|4話の見逃し配信や動画情報

『集団左遷』はTBS放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

TBS公式動画配信サイトのParaviを利用すると、1話~最新話までがすべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

逃げ恥や下町ロケットなどTBS作品の名作動画が無料期間内で見放題になるのはTBS公式のParaviだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→Paravi公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

集団左遷 4話動画を無料視聴する方法!(5月12日放送)

集団左遷|4話の感想は?

『集団左遷』4話を見た視聴者さんの感想です!

スポンサーリンク

集団左遷|4話ネタバレ・感想まとめ

3話でスパイだとバレてしまった花沢さんを、温かく迎え入れた片岡支店長。

だけど、結局横山常務の指示で出向してしまうことになってしまいました…。

業績も上がってきてるんだし、片岡や蒲田支店の頑張りを認めて協力してあげればいいのに。

結局、横山常務は自分の思い通りに動かないと嫌なタイプなんでしょうね。

そしてラストの片岡を見つめる宿利さんの目…あれは事件の匂いがしますね。

それとは正反対に、少しスキップ気味で帰ってきた梅ちゃん。

梅ちゃんも片岡を裏切って敵になってしまうの~?布団屋に出向のままで良かったのに!

5話も楽しみにしています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です