集団左遷 6話ネタバレ感想!蒲田支店の廃店決定!行員たちの行方は!?(5月26日放送)

5月26日放送の『集団左遷』6話のネタバレ、感想を書いていきます。

6話で、ついに蒲田支店が廃店となるか、存続となるかが決定します…!

では、5月26日放送の『集団左遷』6話のネタバレ・感想を見ていきましょう!

 

「集団左遷」6話を無料で見る方法はこちら

集団左遷 6話動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?(5月26日放送)

スポンサーリンク

集団左遷|6話のネタバレ

6話の完全ネタバレになります!

三嶋の行方は?

三嶋を空港で発見した片岡。

三嶋もそれに気づき逃げようとするが、片岡が無事確保。

太田のことは警察に任せて、残り25億になってしまった蒲田支店目標達成のために、営業会議を開くと言う。

だが、片岡は空港でそのまま倒れてしまい…。

後日、片岡が完全復帰したところで営業会議を開き、蒲田支店の行員たちは改めて残り25億の目標達成のために士気をたかめる。

 

頭取からの呼び出し

そんな中、片岡の元へ「サイボーグ義足」を作るベンチャー企業を立ち上げるために、1億の融資をしてほしいと若い起業家たちがお願いにやって来た。

元手がないため今すぐには融資できないが、「まずは事業計画書を作成することからはじめては?」と丁寧にアドバイスをする。

 

藤田頭取から、「本部に来て欲しい」と言われた片岡。

恐る恐る行ってみると、「半期目標達成まで残り14億だそうだね。」と藤田から言われる。

片岡は「最後の最後まで、頑張らせていただけないでしょうか?どうか廃店の決定はもう少しだけ待っていただけないでしょうか?」とお願いする。

すると、頭取自ら、蒲田支店にいた時に懇意にしていたお客様を、蒲田支店の目標達成のためにと紹介してくれた。

さらには、片岡の妻のかおりが友達の冴子を、蒲田支店から左遷された花沢が3億円の融資先を紹介してくれた。

 

頭取が、片岡に融資先を紹介したことを知った横山常務は頭取に苦言を呈する。

 

蒲田支店に新たな課題が

後日、「サイボーグ義足」の件を持ってきた若者たちが事業計画書を持ってやってくる。

次に自己資金の調達法を一緒に考えることを話す。

 

一方、滝川は頭取から紹介された西村精機へと向かい、コインパーキング計画の提案書を渡し、OKをもらっていた。

これで蒲田支店のノルマはほぼ達成できるかと思われた。

 

ただ、滝川は西村さんが本当は工場を続けたいと思っているのでは?と感じ、それを片岡に話してみた。

「滝川…お前が考えていることって、蒲田支店の首を絞めることなんだよな?まっ、みんなに相談してみるか?」と声をかける片岡。

 

ノルマまであと1億だが、西村さんへの融資をやめてもいいだろうか?と、蒲田支店に戻って相談をしてみる。

西村精機の再建を取るか、ノルマ達成を取るか…。

蒲田支店には大きな課題ができた。

 

蒲田の運命は?

翌朝、行員たちが揃う。

いよいよ今日、蒲田支店の存続が決まる。

 

片岡は、滝川と共に西村さんの元へ。

そして、「サイボーグ義足」のベンチャー企業を立ち上げようとしていた若者たちを、西村さんに紹介する。

自己資金のない若者と、工場を続けていきたいと言う西村さんの利害が一致したのだ。

「お金じゃなく、心意気と言うご融資をさせていただけないでしょうか?」と話す片岡。

西村さんは「ありがとうございます」と言って、この話を承諾。

 

これで、蒲田の残り1億のノルマは達成できずに終わってしまった。

だが、蒲田支店の全員で決めたことだから悔いはないと、頭取に話す片岡。

そこへ、横山常務がやって来る。

頭取は、横山と話をするため、片岡には外で待っているように声をかける。

 

頭取の決断は?

会議では、廃店候補の12支店に対して異論を唱える人たちはいなかった。

だが、頭取は蒲田支店が本来なら目標を達成できていたにも関わらず、お客様のために1億の融資を断ったことを全員に話す。

でも横山は、「それでもあと1億足りなかったという結果が出ている」とあくまでも目標達成できなかったことに反論した。

すると頭取は…「私が言いたいのは君への感謝だよ。横山常務が三友銀行のためにわざと悪役を買って出てくれたからこそ、行員たちの奥底に眠っていた力を発揮することができた。君のがんばりは昇格に値するものだよ。」と言って、横山に賞賛をおくった。

予想外の出来事に驚く横山。

 

片岡は頭取から呼ばれる。

そして支店に戻り行員たちに発表する。

「みなさん、今日まで頑張ってくれて本当にありがとうございました!これで皆さんともお別れなので…今からここで内示を発表したいと思う。」と話し出す。

 

滝川は、品川支店法人営業課へ。

横溝は、町田支店法人営業課へ。

木田は、目黒支店法人営業課へ。

三宅は、小岩支店個人営業課へ。

平は、高井戸支店法人営業課へ。

真山は、日本橋支店の副支店長へ。

 

片岡は本店の融資部へと移動が決まった。

蒲田支店は終わるが、蒲田支店の全員が銀行員として残ることができた。

 

続々と、蒲田支店の片づけが始まる。

お客様への挨拶、自分たちの業務を最後までやり遂げた蒲田支店の行員たち。

みんなバラバラになってしまうが、新たな道へと進んでいくことに。

 

新天地へ

翌朝から、本店へと出向く片岡。

そこへ梅原がやってくる。

片岡はいつも通り「梅ちゃん!」と声をかけるが、「片岡くん」と呼びよそよそしい梅原。

 

横山は専務へと昇格。

梅原に「片岡さんはお元気ですか?」と声をかける。

また新たな戦いが始まりそうだ。

 

スポンサーリンク

集団左遷|6話の見逃し配信や動画情報

『集団左遷』はTBS放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

TBS公式動画配信サイトのParaviを利用すると、1話~最新話までがすべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

逃げ恥や下町ロケットなどTBS作品の名作動画が無料期間内で見放題になるのはTBS公式のParaviだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→Paravi公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

集団左遷 6話動画を無料視聴する方法!youtube,pandoraでも見れる?(5月26日放送)

集団左遷|6話の感想は?

『集団左遷』6話を見た視聴者さんの感想です!

スポンサーリンク

集団左遷|6話ネタバレ・感想まとめ

蒲田支店の廃店は覆すことはできませんでしたが、行員たち全員が異動になり、銀行員として生き残れたことが本当に良かったです!

頭取の最後の横山への発言は、横山からすると納得いかない点があったでしょうが、頭取のほうが一枚も二枚も上手だったということですね。

第2章からは、片岡は本部へと異動になります。

早速会った梅ちゃんの態度がよそよそしいのは嫌な予感しかしませんが、梅ちゃんは裏切るかのように見せかけて、片岡のことを守ってくれるといいな~と期待!

第2章も楽しみですね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です