サイン 1話ネタバレ感想!嘘くさい法医学ドラマ発言にネットが沸いた初回!(7月11日放送)

7月11日放送の『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』1話のネタバレ・感想を書いていきます。

大人気歌手が謎の不審死。

だが、彼の死をめぐって巨大権力の働きかけがあって…

では、7月11日放送の『サイン-法医学者 柚木貴志の事件-』1話のネタバレ・感想を見ていきましょう!

「サイン」1話を無料で見る方法はこちら

サイン1話動画の見逃し配信はこちら!youtube,pandoraで見れる?(7月11日放送)

スポンサーリンク

サイン|1話ネタバレ

ここからは1話のネタバレです!

国民的人気歌手が遺体で発見される

国民的人気歌手の・北見永士(横山涼)のライブのアンコール待ち。

スタッフが北見を呼びに行くと…なんと楽屋で亡くなっていた!

スタッフたちが慌てふためく中、コツコツとヒールの音を立てて現場から去っていく一人の女性…。

 

警察が捜査に入るが、事件現場からは指紋も採れず、北見の遺体が唯一の証拠。

そこで、警視庁捜査一課の管理官・和泉千聖(松雪泰子)は遺体を「日本法医学研究院」へ搬送するよう指示を出す。

 

捜査中断!?

警視庁捜査一課の刑事・高橋紀理人(高杉真宙)は、北見がただの病死ではないとにらんでいた。

所属事務所の社長・会田幹彦(猪野学)、そして第一発見者であるスタイリスト・宮島清花(柳美稀)がそれぞれ、北見と揉めていたとの情報を入手したからだ。

しかし、千聖は「解剖結果が出るまで捜査は一旦保留」だと一蹴する。

それは、北見の事件は警察の「特定指令」事案となり、和泉たちは今後の捜査を進めることができなくなったからだった。

 

北見の解剖

「日本法医学研究院」の院長・兵藤邦昭(西田敏行)はもっとも信頼する解剖医・柚木貴志(大森南朋)に、北見の司法解剖を頼む。

ところが、解剖直前になって、解剖医の変更を警視庁から言い渡される。

依頼を受けたのは、国立大学の法医学教授・伊達明義(仲村トオル)。

 

伊達は、お金をもらって平気で遺体検案書を書き換えるような男だ。

それを知っている柚木は、今回も裏に何かあるに違いない…と思い、千聖に異議を唱えるのだが、聞き入れてもらえなかった。

 

柚木の暴挙

そんな中、解剖医変更に納得のいかない柚木は、北見の遺体を保管庫から盗み出すという暴挙に出る!

それに気づいた伊達は柚木を追いかけるが、柚木が解剖室へ施錠をかけてしまう。

「柚木…その遺体にふれたらお前は終わりだ」そう伝えるが、柚木は全く聞く耳を持たない。

「今を逃したらこの人の声は永遠に聞けない」

そう言って、柚木は偶発的に解剖室へ引きずり込んだ新人解剖医・中園景(飯豊まりえ)を巻き込み、無許可で解剖を開始したのだった。

 

北見の解剖結果は?

北見を解剖すると、窒息死や急死に見られる反応があった。

遺体は人生を物語る。

臓器には全く問題は見当たらない。

どこかに今回の事件の真相があるはずだ…。

 

そこへ、伊達たちがマスターキーを持ってやって来る。

そんな時、柚木は北見の口に違和感を感じ、喉元を切ると…中から繊維片が出てきた。

「解剖は終わったよ」そう告げ、死因は「鼻と口をふさがれたことによる窒息死。100%他殺だ」と断言した。

 

宮島が自首

スタイリスト・宮島清花が北見殺害で自首をしてきた。

宮島は、青酸カリで毒殺をしたと言っているが、「それは違う!」と柚木は反発する。

だが、「君の自供は犯人の意見と食い違っている」そう言って、伊達は北見の遺体を持ち帰ると柚木に告げる。

 

後ほど伊達の部下が調べたところ、微量の青酸カリは検出されたが、それでは死に至ることはないことが判明。

だが、伊達は北見の死亡原因は青酸カリによるものだと公式に発表したのだった…。

 

柚木の調査

柚木は独自に北見の事件について調べ始めた。

北見が殺害された当日の監視カメラをチェックしていると、そこへ景がやってくる。

柚木に帰るように言われるが、一緒に調べると言って聞かない景。

 

「鼻口部閉塞」によって殺されるのは、普通は子供かお年寄り。

20代男性が殺される可能性は低い。

では、どうして北見は窒息死してしまったのか?

 

そんな中、柚木は防犯カメラに映る黄色いワンピースの女性を発見する。

女性は青いぬいぐるみを持っていた。

 

北見殺害事件の犯人としてスタイリストが逮捕されたというニュースを見て、涙を流す女性(森川葵)。(この女性が防犯カメラに映っていた女性)

 

柚木と千聖の関係

柚木は千聖に、防犯カメラのことを報告する。

だが、この事件は終わったと告げる千聖。

そんな千聖を見て、あきれる柚木。

 

柚木と千聖はかつて恋人同士で婚約までしていた。

だが、その後、破局。

 

柚木の懲罰会議

無断で解剖をした柚木の、処分を決める会議が開かれる。

会議前に伊達に会った柚木は「裁かれるべきは嘘をついたほうだ」と告げる。

 

会議にて伊達は、柚木の「資格停止」が妥当だと発言する。

さらには、柚木の解剖結果が隠蔽である可能性もあると…。

 

だが、柚木は「肺に疾患がないことは今からでも証明できる」と言う。

そして、北見の遺体が会議室に運び込まれた。

この遺体を自分が解剖すると言う兵藤院長。

 

一方、千聖も北見の事件について再捜査をさせて欲しいと上司にお願いした。

 

北見の再解剖

北見の再解剖前に、兵藤院長の元を訪れる伊達。

伊達は、「北見の死因は青酸カリによるものではなく窒息死。柚木先生の見立ては正しい」と兵藤に告げる。

「あんた…何言ってるんだ?」という兵藤に、伊達は「全てはこの研究院のためです。」と言われうまく丸め込んだのだった。

結果、兵藤は「北見の肺には、肺結核の病床があった」と話し、伊達の診断が正しかったと言った。

 

院長にあの解剖結果は違うと言う柚木だが、兵藤は「日本の法医学界の未来は、柚木先生の双肩にかかっているんだからね。負けるなよ。負けるなよ…。」と言って、兵藤は院長の座を退くことにしたのだった…。

その後、伊達が院長へと就任。

「北見に関する証拠品は全て処分したか?」と尋ねる伊達。

だが、准教授の橘は「青い繊維」を紛失したことを告げる。

「徹底的に探せ!」と言う伊達。

 

景の決心

その時、景は大きな荷物を持って柚木の研究室を訪ねていた。

「ここでの勤務を希望しています。柚木先生の弟子になるためです。先生の元で、本物の解剖医になりたいんです。」そう話す景。

柚木と一緒に、北見の事件を追う決心をしていたのだった。

その手には「青い繊維」が握られていた。

 

その時、「どうして死んじゃったの?永士…」そう言って、青いぬいぐるみを抱く謎の女性の姿が…。

 

▼「サイン」2話ネタバレはこちら▼

サイン ドラマ2話のネタバレ感想!都合良すぎる展開に不満の声!(7月18日)

スポンサーリンク

サイン|1話の感想は?

『サイン』1話を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

サイン|1話ネタバレ感想まとめ

「サイン」の1話、とーっても面白かったです!

韓国ドラマの方も知っているので、最終回の展開もわかってはいますが、それでも十分楽しめました。(もしかしたら、日本版は変えてくるかもしれないしね!)

大森南朋さんのドSっぷりもよかったですが、それに食らいついていく飯豊まりえさんも良かったですね。

途中に「嘘くさい法医学ドラマでも見たんだろ」という発言が会った時には、ツイッターでも笑いが起こっていました!

「サイン」は事件面と権力争いを描く場面が多いため、がっつり法医学ドラマを期待していた人にとっては少し期待外れだという意見もありました。

でも、話の展開はかなりおもしろいので、日本版リメイクがどうなるのか最後までしっかり見届けたいと思います!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です