黄昏流星群4話あらすじ・ネタバレ感想!美咲が抱える秘密!

黄昏流星群

木曜10時から放送されていますドラマ「黄昏流星群」4話のあらすじやネタバレなどをご紹介します!

3話の終わりで完治(佐々木蔵之介)と栞(黒木瞳)がキス!

また真璃子(中山美穂)の涙を拭う日野(藤井流星)との関係は!?

では早速ドラマ「黄昏流星群」4話のあらすじ・ネタバレ・感想を見ていきましょう!

黄昏流星群の4話動画無料視聴はこちら!

スポンサーリンク

黄昏流星群の4話あらすじ

まずは4話の予告・公式あらすじをチェックしてみましょう!

4話予告

4話公式あらすじ

銀行復帰への道を探るため接待ゴルフに参加した瀧沢完治(佐々木蔵之介)だったが、虚しさだけが去来し、その場を去った。目黒 栞(黒木 瞳)と会うことで心を癒した完治は、別れ際に栞からキスされ驚く。
一方、妻の真璃子(中山美穂)は日野春輝(藤井流星)から「最近美咲(石川 恋)の元気がない」と聞かされ、その本当の理由を告げに春輝の事務所へ。しかし、夫や娘に募る不安や悩みを吐露するうち、春輝の優しさに触れ、思わず涙が溢れてしまう。春輝はそんな真璃子にそっと自分のハンカチを差し出した。

日曜日には、瀧沢家に春輝が再訪。真璃子と美咲は歓迎するが、春輝と初対面の完治は、美咲のためを思って年収や家のことなどを率直に尋ねる。真璃子たちは完治を止めようとするが春輝は臆せず答える。その完璧な返答に圧倒された完治は、春輝が帰った途端、美咲から怒りをぶつけられてしまう。
荻野倉庫に出社した完治は、重要書類は鍵をかけて保管すべきだと提案。だが、そんなに社内の人間が信用ならないのか、と川本 保(礼二)たちにつっぱねられる。完全に社員たちに嫌われてしまった完治。やるせなく社を後にすると栞が待っていた。

居酒屋「一番星」に並んだ二人。川本たちとの会話を見ていた栞は、銀行の常識が通用しないこともあると告げる。素直に胸の内を語り合い、食事をして別れるだけの関係。今はまだ、それだけで癒される二人だった。
真璃子は美咲のうなじにキスの跡を目撃。春輝のものなのか?しかし、その美咲は両親や春輝も知らない重大な秘密を抱えていた…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/tasogare/

4話のストーリー展開・見所予想

3話の最後で完治と栞がついにキスまでいきました!

爽やかな心でつながる関係からついに男女の関係に突入していく予感です。

4話では美咲の首筋のキスマークを真璃子が発見します。

3話で休日出勤と言いながら出かけていたのが怪しかったですね。

何か問題を抱えている様子でした。不倫かな?

4話が楽しみです。

4話でも存在が光る!注目キャストを紹介!

川本保 役 /礼二(中川家)

完治の出向先である荻野倉庫の財務総務課長。

仕事ができるため部下からの信用は厚い。完治のことをうっとうしく思い辛くあたる。

スポンサーリンク

黄昏流星群の4話を視聴してのあらすじ

瀧沢家の朝食で、娘の美咲(石川恋)は次の日曜日に婚約者の日野(藤井流星)が挨拶に来ると完治(佐々木蔵之介)に報告します。

日野の仕事である弁護士はピンキリで、お金にならない人もいると批判します。

すると「資格を持ってる彼のほうがお父さんより安定している。」と美咲は反発します。

そして日曜日、日野が瀧沢家に挨拶に訪れます。

真璃子(中山美穂)を含めて3人で盛り上がる中、完治は話を遮り美咲が嫌がる中、日野に年収や家などを根掘り葉掘り聞きます。

日野は誠実に聞かれたことに答えます。

日野が帰ると美咲は日野に対する態度に怒ります。

経歴や出身大学などを気にする完治に文句を言われないように、相手を探して日野に決めたと。

 

荻野倉庫では完治に対する周りの態度は相変わらず冷たいままでした。

ある日の昼、川本(礼二・中川家)たちが昼ごはんに外へ出て行きます。

オフィスで1人になった完治は乱雑に書類などを置いている笠松(木内祐輔)のデスクからある書類を見つけます。

そしてお昼休み川本に書類管理を気をつけるように注意しますが、川本は聞く耳を持ちません。

その夜完治は栞(黒木瞳)とご飯を食べに行きます。

そして仕事でのこと家族のことなど弱音を吐きます。

その帰り道、栞は完治にご飯を食べるだけでつまらなくないかと尋ねます。

完治はこの先は考えてない、一緒にいれれば我慢できると伝えると栞は照れたように微笑みます。

 

真璃子は美咲の首筋にキスマークを見つけます。

真璃子はそのキスマークを見て少しヤキモチを妬き、その夜日野にキスされる夢を見るのでした。

 

朝から完治は洗面所で身だしなみを細かくチェックし、ウキウキで山へ向かいます。

行き先が山登りということもあり、真璃子も美咲も浮気ではないと安心していました。

ロープウェイで待ち合わせする完治と栞。

すると栞の携帯に栞の母・悦子(岩本多代)が入居している施設から母が骨折したと電話が入りました。

2人は山登りを諦め、一緒に施設へ向かいます。

施設に着くと悦子の状態を聞くために栞は席を外します。

すると悦子は完治のことを自分の夫と勘違いします。

悦子から完治を引き離そうとすると悦子は激しく嫌がり、手がつけられなくなりました。

完治が家に帰ると真璃子は完治の靴を見ます。

靴には土が付いていませんでした。

真璃子は完治を疑います。

 

ある日公衆電話から電話がありました。

相手は美咲で、電車に携帯を忘れたので真璃子に仕事が長引いて行けそうにない自分の代わりに日野とのデートに行ってくれとのことでした。

携帯がないので連絡が取れない、そして映画が勿体無いのでついでに日野と見てきたらいいとの誘いでした。

真璃子は戸惑いながらも待ち合わせ場所に向かいます。

帰ろうとする真璃子に日野は始まってしまうと手を引き映画に連れて行きます。

真璃子はドキドキする気持ちを抑えながら横目で日野を見ながら映画を楽しむのでした。

映画を終えた2人は歩きながら話します。

真璃子が家に電話してみると美咲はまだ家に帰っていませんでした。

美咲が帰っていたら日野に会えると思っていたのにというと、日野は美咲には他に好きな人がいるんじゃないかと意味深なことを言います。

 

完治と栞は喫茶店でお茶をしながら、悦子が完治を夫と間違えたことを謝りました。

そして、悦子が完治に見せた女性としての姿を羨ましいとも明かしました。

そんな栞の手を握る完治。

そして2人はホテルへ向かいます。

ホテルのエレベーター、開くとそこには若い女性と初老の男性が乗っていました。

完治はその女性の髪飾りに見覚えがありました。

その女性は美咲だったのです。

 

黄昏流星群の4話動画無料視聴はこちら!

黄昏流星群の4話の感想

ついに動き出した!という感じですね。

親子が不倫現場で遭遇って…修羅場すぎて…

エレベーターで美咲の隣にいる初老の男性、誰だろう?誰だろう?とワクワクして見ていました。

た、高田純次ぃー!!!

思わず突っ込んでしまいました。

高田純次さんの存在感おそるべしです。

以後どれぐらいストーリーに絡んでくるのか!?

次回がとても楽しみです。

黄昏流星群の4話Twitterの反響

Twitterではどんな反響が出ているでしょう?

https://twitter.com/moyoko_sasaki/status/1057985013801615360

やはり高田純次さんに世間は動揺したようですね。

不倫に焦点が向かう中、完治の職場での扱われ方に注目する方もいらっしゃるみたいです。

確かに、風当たりはとても冷たいですよね。

川本とも分かり合えそうですが、こちらも注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です