トレース~科捜研の男~10話あらすじネタバレ感想!お腹の子の父親は壇?早川?

トレース〜科捜研の男〜

3月11日放送の『トレース~科捜研の男~』10話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

元テニスプレーヤーが転落死。その事件から武蔵野一家殺害事件へ繋がる手がかりが見えてきます。

では、3月11日放送の『トレース~科捜研の男~』10話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

「トレース」1話~10話を全部無料で見る方法はこちら

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~10話見逃し動画を無料視聴する方法!pandoraで見れる?

▼トレース最終回の完全ネタバレはこちら▼

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~最終回結末ネタバレ!壇の動機が胸糞悪いと悪評!

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~10話のあらすじ

『トレース~科捜研の男~』10話のあらすじをチェック!

家族を失った25年前の『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、唯一の協力者である高校教師の早川(萩原聖人)に会う。そこで早川は、数日前に歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の話を切り出す。原田は、2年前に、ライバル選手だった春日部芳彦(柾木玲弥)のドリンクに禁止薬物を混入させて飲ませたドーピング事件が原因でテニス界から追放されていた。実は、原田や春日部が所属する実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)が、唯一消息がつかめなかった早川の教え子だと言うのだ。高校時代の名字は「倉本」だったが、間違いないという早川。その佐保は、以前、変死体で発見されたホームレスの新妻大介とともに、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯グループのひとりだった。

そんな折、真野のもとへ虎丸(船越英一郎がやってくる。虎丸は、新妻の一件が『武蔵野一家殺人事件』と関連があるのなら真相を突き止めたい、と真野に申し出ると同時に、ノンナ(新木優子)にも事情を打ち明けたことを詫びた。それを受け、真野に協力を申し出るノンナ。しかし真野は、「お前には関係ない」と言い放ち、ノンナを部屋から追い出してしまう。真相解明のために虎丸の協力を得ようと考えた真野は、早川から聞いた佐保の一件と、姉・仁美(夏子)の司法解剖を担当した解剖医の行方を探していることを虎丸に伝えるが…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~10話ネタバレ

ここから10話のネタバレです!

 

消息がつかめなかった兄の同級生

25年前に家族を失った「武蔵野一家殺人事件」の真相を追う真野は、兄や姉のことを知っている高校教師の早川(萩原聖人)に会う。

早川は、数日前に歩道橋の階段から転落死した元テニスプレーヤー・原田恭一(上杉柊平)の話を出す。

2年前にライバル選手だった春日部芳彦(柾木玲弥)の食事に禁止薬物を混入させて飲ませたドーピング事件が原因で、原田はテニス界から追放されていた。

 

その原田や春日部が所属する実業団チームのオーナー・佐保優作(袴田吉彦)が、唯一消息がつかめなかった自分の教え子だと言うのだ。

名前は変わっていたが、顔を見て間違いないという早川。

その佐保は、以前、変死体で発見されたホームレスの新妻とともに、真野の兄・義一をいじめていた主犯グループのひとりだったのだ。

佐保は高校卒業後クラスメイトとの交流を一切絶っていたため、有名社長になったことも耳に入ってこなかったんじゃないか…

なんだかそれが気になったと話す早川。

 

虎丸の協力

真野のところへ虎丸がやってくる。

「武蔵野一家殺人事件」と新妻の事件に関連があるのなら真実を突き止めたいと虎丸は真野に申し出る。

そして、ノンナにも全部しゃべったことを謝罪した。

 

新妻の事件は上から捜査打ち切りの命令が出た。

警察は何か隠したがっているのではないか…と虎丸は不審に思っていることを話す。

「そんなことはよくあること」と答える真野に、「これまでの俺なら見過ごしていたかもしれないが、今回はそうはいかないんだ」と話す虎丸。

その理由は、きっと真野のことを助けたいからだろう。

 

「私も何かお手伝いを…」というノンナに対し真野は「お前には関係ない。出てけ。」と言ってノンナを研究室から追い出した。

 

「一人で動くには限度がある。俺をうまく利用してみないか?」という虎丸に、テニスプレーヤーの原田が亡くなった話をする真野。

そして、チームオーナーである佐保のことを話し、佐保のことと、姉の司法解剖をした解剖医の行方を捜してほしいとお願いする。

真野が虎丸に歩み寄ったかのように思えたが、「俺はまだあなたを信用したわけではありません」と言って去っていく真野…。

 

原田の転落事故

佐保は、四葉食品の現会長の娘と結婚して社長に就任。

現在はシンガポールにに出張中で帰国予定は未定だと言う。

 

虎丸は、原田の捜査資料と転落事故を捉えた防犯カメラの映像を真野に渡す。

カメラの映像では、原田が一人で転落している姿が映っていて、事故と判断された。

直接死因は、堕落外傷。原死因は、薬物中毒。

 

原田は例のドーピング事件で精神的に追い詰められてクスリに手を出したのだろう。

だが、その報告書がどこまで本当かは怪しいと虎丸は思っていた。

 

佐保と新妻の事件の共通点

実は、ドーピング事件についても打ち切り命令が出されていた。

25年前に同じ学校に通い、いじめの主犯とされている2人が絡んだ事件がたまたま打ち切られるだろうか。

 

命令を出したのは同一人物の可能性もある。

新妻と佐保の周囲に警察関係者がいないかどうか、洗い出す必要が出てきた。

 

原田の事件当日の行動は?

原田の死に、佐保が関係していることは間違いないと言う虎丸。

転落する前に何か言葉を発している様子が映っているが、いったい何を言っていたのか気になる真野。

真野は現場へと向かった。

 

原田の事故から1週間ほどたっているのに、事故現場には原田の靴に付いていたと思われる土が残っていた。

そして、そこにはシンナーの匂いも残っていた。ペンキのようなものが混ざっている可能性も。

原田は事故現場に行く前にどこにいたのか…。

 

春日部の証言

真野と虎丸は、ライバルである春日部に会って、原田のことを聞いてみた。

ドーピング事件で解雇されたことで、原田がチームを恨んでいたとかもめていたことはなかったか?と尋ねると、春日部は「なかった」と答える。

「じゃあ、なぜ佐保は海外に雲隠れしているのか…」という問いに対しては「仕事でたまたまじゃないですか」とはぐらかす。

春日部の様子を見て、原田の事件に春日部もかかわっているかもしれないと思った虎丸と真野。

 

佐保は、スタープレイヤーである春日部を守るために隠蔽をしている可能性があると指摘する虎丸に、真野は「隠蔽なんて絶対に許しませんよ」と答える。

 

春日部はその後、佐保に連絡を入れて今日のことを話した。

 

海塚と虎丸

海塚は虎丸に声をかける。

「彼はまだ事件のことを調べているんですよね?それに協力しているんですか?あの事件は25年前に隠蔽された。証拠は全て処分されてしまった。虎丸さん、あなたは組織の人間じゃないですか。何の責任も持てないなら、いたずらに真野を振り回さないでください」と海塚は話す。

「確かにその通りだ。でもな、君は本当にそれでいいのか?」と虎丸は問いかけた。

 

ノンナが見つけた真実のカケラ

「私はでしゃばりすぎだった…」と話すノンナに、虎丸は「あいつはお前を巻き込みたくないだけだ」と話す。

そこで、ノンナは原田の事件について自分なりに調査を始めた。

そんな時、飲食店の客が原田の事件があった日に起こった怪奇現象について話していることを耳にする。

 

そして、その話を元に原田が映っている別の防犯カメラの映像を入手。

そこには原田が洋品店の看板を動かし、毎回戻しにきている様子が映っていた。

気になったので、その看板についていた土と繊維片を鑑定したところ、ニトロベンゼンが検出された。

看板があった店の近くには、農薬工場の跡地があった。

農薬からだったらニトロベンゼンが検出される可能性がある。

真野たちは、その工場跡地へと向かった。

 

工場内には土があり、一部分だけ土の固さが違う場所があった。

よく見ると、テニスコート半分くらいの土がかためられていて、壁にはボールが当たった跡もあった。

原田は、この工場内でテニスのトレーニングをしていたのだ。

 

土の一部には、原田が這いつくばった形跡が見られた。

事件当日、原田はここで苦しんで倒れた。

そして、人に助けを求めるなら出口へ向かうはずだが、原田は別の方向へ向かっている跡があった。

防犯カメラの映像でも、原田は後ろを振り返り何かを話している様子が映っていた。

 

そこから考えらえることは…

誰かが一緒にいたのだ。

 

原田は苦しんでいる時に誰かに助けを求めた。

だから、出口とは反対方向に向かった跡が残っていた。

 

真野は、現場に落ちている縄を発見する。

それをどけると、そこには…イヤリングが片方だけ落ちていた。

 

事件の真相

虎丸は春日部の試合前に、真相を話した。

原田は他殺であり、転落前に工場の跡地にいたこと、そして、そこでトレーニングを行っていたことも伝える。

 

あの夜、原田はそこで毒物が混入されたゼリーを口にしてショック状態に陥った。

そして朦朧とした意識のままさまよって、歩道橋から落ちて亡くなった。

 

原田に毒物を飲ませたのは新田清美。

工場跡に落ちていたイヤリングの持ち主だ。

新田清美は、過去に結婚詐欺で捕まっていたことがあり、被疑者データベースに情報が残っていたことで判明した。

春日部も新田清美を知っているはずだと虎丸は追及する。

 

春日部の口から語られた真実

その話を聞き、観念した春日部。

記者会見を開き、2年前の試合で自分がドーピングをしていたことを告白。

原田が食事に薬物を混入したのは、嘘だった。

 

検査にひっかかり全ておしまいだと思った時に、チーム上層部の人間が原田と春日部を呼び出して取引を持ち掛けた。

原田がドーピングの罪をかぶってくれたら謝礼金を支払う。

肩を故障している原田にはプロ選手としての未来はないのだから、将来のために資金を稼いでおいたほうが良いのではないか…と。

悩んだ挙句、原田は春日部の身代わりになることを承諾した。

 

事件の発端

新田清美は、原田から真実を聞いて、春日部を脅していたのだ。

それを聞いた佐保は、新田清美に取引を持ち掛け、原田を殺すように指示。

毒物入りのゼリーを飲んだ原田は、そこでショック状態に陥った。

「どうして?」と聞く原田に「あなたが悪いのよ。お金をもらったんだから、秘密は守らなきゃ」と冷たく告げる新田清美。

 

原田は体が動きづらい状況の中で、工場から出て歩いていった。

途中でイヤリングを落としたことに気付いた新田清美は、死んだはずの原田が歩いている姿を目撃。

そして、階段のところで原田に声をかけた。

その時、原田が階段から足を踏み外して転落、そして死亡した。

 

原田の思い

ドーピングの罪をかぶることにした原田は、「お前の才能はこんなことでつぶすべきじゃない。俺は選手として終わってる。あとはお前にまかすよ」と春日部に話していたと言う。

本当のことを告白することは許されない。チームのために、原田のために何が何でも勝ち続けなくてはいけなかった春日部。

でも心のどこかで、この苦しみから解放されたいという気持ちもあった。

「原田は身に覚えのない罪を着せられ、どん底に落ちたにもかかわらず、それでもテニスを愛していた。」そう悔やむ春日部。

 

原田は朦朧とした意識の中で、工場から300メートルも歩いていた。

普通だったら歩くことすら困難な状況だった。

そこまでして、原田はいったいどこへ向かっていたのか。

転落する前、原田は新田清美に「試合だよ。春日部との決勝戦なんだ。早くいかないと」そう言っていたらしい。

原田はもう一度、あの日に戻って春日部との試合をしたかったんだと思うと真野は話した。

 

春日部はその話を聞いて、自分のした事の重大さを実感した。

真野は、「原田さんの心の叫びは、このままでは誰にも届きません」と話し、虎丸は「あなたにはやるべきことがあるのではないですか」と口添えをした。

 

そして、春日部が会見を開いて真実を報告することにした。

春日部の会見を見て、怒りにふるえる佐保。

だが、春日部の証言で佐保が明らかにあやしいとわかっていたのに、四葉食品の別の役員が殺人容疑で逮捕され、佐保が逮捕されることはなかった。

またもや、佐保は警察関係者の力で守られたのだ。

 

海塚の協力

解剖医の居場所が判明した。

海塚は、「会いにいくつもりなの?」と真野に尋ねる。

そして「私に取り次がせて。一緒に行きたいの」と話す。

 

武蔵野一家殺害事件のことを話すと、島谷は1つの証拠品を出してくれた。

藤田が島谷に頼んで保管してくれていたのだ。

そこには、姉のお腹の中にいた胎児の絨毛が入っていた。

 

2人が、島谷のところから出てくるところを見ているひとりの男。

壇(千原ジュニア)だ。

 

証拠品から判明した悲しい事実

真野は、もらった胎児の絨毛と武蔵野一家殺人事件の軍手を調べたところ、胎児と父親の父子関係が見られた。

つまり、真野の家族を殺害した人物は、姉が身ごもっていた子供の父親の可能性が高い。

 

そのことを、早川に話す真野。

姉に付き合っていた人物がいないということは、兄のいじめに巻き込まれて襲われた可能性がある。

しかし、新妻のDNA型は軍手とは不一致だった。

そこで、佐保が父親である可能性もあるため、佐保のDNAを手にいれることにした真野と早川。

日本に帰国した佐保に接触を試みる。

 

そんな中、佐保の会社の新商品発表会見の会場で大きな爆発音が。

真野がそこへ向かうと、そこには佐保の遺体があった…。

 

トレース~科捜研の男~10話の感想は?

『トレース~科捜研の男~』10話を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~10話あらすじネタバレ感想まとめ

いよいよ来週に最終回を控え、武蔵野一家殺害事件の真犯人が判明します!

SNSでは、壇(千原ジュニア)が黒幕?

それとも早川(萩原聖人)があやしい?

と、さまざまな意見が飛び交っていました。

真野と虎丸がたどり着く、最後の答えはいったいどうなるのでしょうか?

次回3月18日(月)のトレース~科捜研の男~は、90分拡大スペシャルです!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です