トレース~科捜研の男~最終回結末ネタバレ!壇の動機が胸糞悪いと悪評!

トレース〜科捜研の男〜

3月18日放送の『トレース~科捜研の男~』最終回結末ネタバレ・感想を書いていきます!

ついに武蔵野一家殺人事件の犯人が判明します!!

では、3月18日放送の『トレース~科捜研の男~』最終回の結末ネタバレ・感想を見ていきましょう!

「トレース」1話~最終回を全部無料で見る方法はこちら

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~最終回見逃し動画を無料視聴する方法!pandoraで見れる?

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~最終回のあらすじ

まずは『トレース~科捜研の男~』最終回のあらすじをチェック!

『武蔵野一家殺人事件』の真相を追う真野(錦戸 亮)は、早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。ところが佐保は、ボイラー室のガス爆発に巻き込まれて死んでしまう。佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもあった。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)を交え、ノンナ(新木優子)と海塚(小雪)にこれまでの経緯を話す。真野は、『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていた。つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。

佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致していた。新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。そこで得た証言を基にさらに調べていくと衝撃の名前が浮かび上がる…。

そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れ…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~最終回ネタバレ

ここから最終回のネタバレです!

佐保の死

真野は早川(萩原聖人)と一緒に、食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行った。

ところが佐保は、ボイラー室の漏電によるガス爆発に巻き込まれて亡くなった。

 

研究室に戻った真野は、虎丸・ノンナ・海塚にこれまでの経緯を話す。

佐保は、不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりであり、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格だった。

真野は、武蔵野一家殺人事件の証拠品だった軍手に残されていたDNA型と、妊娠していた姉・仁美の胎児の絨毛のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められたことを話した。

つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのだ。

また、新妻の事件や佐保の事件、全てに打ち切り命令が出ていることから、警察内部の誰かが圧力をかけている可能性も出てきた。

 

真野は、新妻と佐保のDNA型を調べたが、親子鑑定の結果は不一致だった。

 

佐保が死亡したボイラー室に臨場。

このガス爆発は事故ではなく、故意に起こされたものであると思った真野。

調べたところ、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見する。

これが佐保を殺害した犯人の手がかりだ。

 

手袋の持ち主は?

手袋の持ち主と思われる人物のDNA型は、武蔵野一家殺人事件の軍手のDNA型と一致した。

つまり、佐保を殺害した人物と武蔵野一家殺人事件の犯人は同一人物である可能性が高い。

 

仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。

そんな中、宝城学園高校の制服を着用した男の子と仁美が一緒にいたところを見かけた人物がいた。

その証言を元にアルバムを探したところ、そこに「壇 浩輝」の名前を発見した。

 

壇の父親は、25年前に警視総監をしていた。

もしかすると警視総監が隠蔽し、武蔵野一家殺人事件は闇に葬られてしまったのかもしれない…。

壇がもし犯人だとしたら、刑事部長という立場を利用して全て握りつぶされてしまう…虎丸はそうみんなに伝えた。

 

壇の登場

そんな中、科捜研に壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れた。

真野を見つめる壇。

 

海塚は、壇を別室に案内した。

研究所に刑事部長が訪れるなんて珍しいと、研究員たちは騒ぐ。

このタイミングで壇が訪れたのは怪しい行動だと指摘するノンナ。

 

壇は、出されたコーヒーカップの飲み口をハンカチでふき取った。

この行動を見た、海塚・真野・ノンナは驚く。

やはり、壇は何かを察知している…。

 

DNAを採取するキットを見つけ、「一度やってみたかったんです」と話す壇。

そして、そのキットを自分の口内に血が出るほど何度もこすりつけ、「源礼二くんですよね?君は確か、武蔵野一家殺害事件の生き残りでしたよね。どうぞ、これが欲しかったんでしょ。」と言って、検査キットを真野に渡した。

そして「記念にもらっていきますよ…」と真野のペンを持ち帰った。

 

壇のキットを元にDNA型を鑑定してみると…結果は不一致だった。

壇は真野の狙いを見透かしていたようだ。

 

父親が発覚!

真野は、壇の一連のことを早川に話した。

壇も父親じゃないとすると誰が父親なのか…

壇と姉が会っていたのは事件の10日前で、二人が付き合っていたとは限らない。

その時早川がふと「そうだよな。(仁美が)妊娠3ヶ月ってことは9月か。その頃、別の人と付き合っていた可能性もあるわけだし。」と発言。

それを聞いて、固まる真野。

どうして姉が妊娠3ヶ月だったことを早川は知っているのか?

真野は、早川が使っていたストローを持ち帰った。

 

その様子を見ていた早川…。

 

研究所で鑑定した結果、やはり仁美のお腹の子の父親は早川であることがわかった。

早川が父親だから、仁美が妊娠3ヶ月だったことを知っていたのだ。

 

思い返してみると、いつも早川はタイミング良く真野のところに現れて武蔵野一家殺人事件の情報を提供している。

そして、壇と早川が通じていたと考えれば、つじつまが合う。

 

壇と直接対決

早川の自宅を捜査すると、そこには遺書があった。

筆跡鑑定をすると、早川自身が書いたものであることが判明。

その字を見て、武蔵野一家殺人事件の現場に残されていた遺書を思い出す真野。

あの時の文面と全く同じだったのだ…。

 

筆跡鑑定の書類を見て、何かに気付いた真野。

研究所に戻り、何かを調べ始めた。

その結果を見て、壇の元へと行く。

 

実は、早川の遺書を書くときに使ったペンは、科捜研でしか使われていない特殊なペンだったのだ。

そのペンは、壇が科捜研に来た時に持ち帰ったペンだ。

あの遺書は、壇が早川に書かせたものであることを突き止めた真野。

 

「だが、私が何のためにそんなことをしたと?」と尋ねる壇。

「お前は早川を自殺に見せかけて殺した。最初はそう思った。でも違う。あの遺書は俺を呼ぶためのメッセージだ。これまでのことは全てお前が仕組んだことなんだろ」真野はそう答えた。

 

現場へと向かう虎丸

翌朝、真野は研究所に出勤してこなかった。

真野が最後に何を調べていたのか探り、真野が壇と一緒にいることを察知したノンナと虎丸。

急いで真野を探しに出た。

 

真野の携帯のGPSを元に、真野と壇がいる場所へ虎丸とノンナが到着。

そこは、壇の別荘だった。

 

虎丸はノンナの静止を振り切り、ガラスを割って部屋に侵入するが、そこに真野と壇の姿はなかった。

 

真野の推測

「早川はどこだ?」と尋ねる真野。

「あいつならもう日本にはいない。今ごろ船で海を渡ってるころだ。」と答える壇。

そして、壇は「君は優秀な研究員だ。俺が何をどう仕組んだか、見当はついているんだろ?ぜひ聞かせて欲しいね~。君の主観と憶測を」と話す。

 

真野は新妻と佐保を早川に殺させたのは、壇だと推測していることを話す。

新妻からの電話も現場に落とされていた軍手も、25年前の事件とのつながりを俺に示唆するためのしかけだった。

そして、早川を接触させ真野に少しづつ情報を与えた後、今度は佐保を殺すよう命じた。

 

一課長の計らい

虎丸は一課長に、壇のこれまでの経緯を話し、真野と壇の居場所を警察のシステムを使って調べさせて欲しいとお願いした。

自分は、これまでの人生を刑事に捧げてきて、家族まで犠牲にして必死に戦ってきた。

でも、定年を前にして大切なものを忘れてきてしまったんじゃないかと思った。

真相を突き止めることが被害者と被害者遺族の救いになる。

そんな当たり前のことを真野礼二が思い出させてくれた。

だから、最後にせめてあいつの力になってやりたい。

虎丸は熱い思いを伝えるが、一課長はそれでも許可を出してくれない。

 

だが…、その後すぐに猪瀬のとろこに、一課長からデータのメールが届いた。

そのデータを研究所に渡し、解析を依頼。ようやく、真野と壇の居場所を突き止めた。

 

壇の動機

「なぜ早川が俺の言いなりになるのか?」と尋ねる壇に、真野は「それは、当時警視総監だった壇の父親に、早川は事件を隠蔽してもらった恩があるからだ。」と答える。

真野がそこまで突き止めていたことを称賛する壇。

 

壇の計画は全てうまくいっていたはずだった。

だが、当時の研究所科長が残していた記録と胎児の絨毛は、壇も予想をしていなかった。

そのため、当初より計画を早めることになったと話す壇。

 

そして、壇の目的は「君(真野)を真実へたどりつかせることだ」と告げた。

 

新妻と佐保を殺害し、早川は海外へと逃亡。

「これで25年前の事件と繋がる人間は俺以外いなくなった。さぁ、どうする?」と笑う壇。

 

今、壇と真野がいる映画館の跡地は、真野の兄・義一と壇が初めて出会った思い出の場所だと話す。

壇は映画館で初めて義一を見た時から、義一のことしか目に入らなくなり、いつしかその笑顔が苦痛に歪む姿を見たいと思うようになったと言う。

今まで味わったことのない強烈な衝動だった。

その強烈な衝動を止めることができなくなった壇は、佐保と新妻に、義一をいじめることを依頼。

そのいじめられる姿を見るのが、壇の最高の楽しみだった。

 

だが、いじめを原因に義一が不登校になった。

もう義一の苦しんでいる姿が見られなくなると思うと寂しくて耐えられなかった壇。

 

殺人事件の引き金

そんな時、仁美が壇に会いたいと言ってきた。

兄を助けてほしいと言うのかと思ったら、早川と不倫の末、子供ができたと伝えたらあっさり捨てられた。

だから、早川へ復讐をしてほしいと壇に依頼にきたのだ。

その様子をビデオに撮影していた壇。

そこには、「早川先生のこといじめてよ。二度と立ち直れないくらいボロボロにして。」と話す仁美。

兄のことをいじめているのは壇だと知っているのに、「お兄ちゃんのことなんてどうでもいい」と答える仁美は、真野が知らない仁美の姿だった。

それを見て、「嘘だ…嘘だよ…」と涙を流す真野。

 

仁美の依頼を引き受けることにした壇。

新妻たちを利用して、次は早川を不倫をネタに徹底的にいじめた。

精神がおかしくなった早川に、仁美が早川をいじめてと依頼している映像を見せ、壇は「殺しちゃえば?」と刺激を与えた。

 

「全部お前がやったことなんだな。」そうつっかかる真野に、壇は「俺じゃない。やったのは早川だ」と答える。

早川は真野の家に侵入して、仁美と両親を次々に殺害。

 

その現場に、新妻、佐保、壇が到着。

父親に処理をさせるからと壇は早川を安心させた。

そして、早川の罪を義一にかぶせることにしたのだ。

 

壇は義一を連れてきて、義一に自殺をするように命じた。

「どうせもう生きる意味なんてないだろ」と言う壇に、義一は「俺は死ねない。礼二を置いて死ぬわけにいかない。」と答えた。

そんな義一を「弟を殺す」と脅した壇。

 

さらに、新妻と佐保に義一を殺すよう命令。

2人は、義一をコードで締め上げ殺害した。

 

真野の運命は?

壇は、真野に銃を突きつける。

そして、真野の目は義一に似ていると話す。

「その目を見ているとありとあらゆる手段で痛めつけてやりたくなる。あの日の感情を再び抱くことになるなんて。夢にも思わなかった。これが俺が君を真実へ辿りつかせたかった理由だ。」と、真野に近づいた理由は義一に抱いた感情と同じものがあったと言う壇。

 

真野の姉と両親を殺害したのは早川。

義一を殺害したのは、新妻と佐保。

つまり、壇は一切自分では手を汚さずに今回の事件を起こした。

教唆の証拠もないため壇を逮捕することは難しい。

 

「真実に辿りついたところで君にできることは何もないんだよ。源義一はこれからもずっと、家族殺しの汚名を着せられたままだ。君にそれを覆すことは未来永劫できないんだよ。」と開き直り、「にくいか?俺が、にくいか?殺せよ!殺すしかないよ!なあ」と言い、銃を真野に渡す。

 

真野はその銃を壇につきつける。

「お前の完敗だ。ざまあみろ。」

そう言って立ち去ろうとする壇…

 

そこに早川が登場して、壇を刺した。

「海外で俺を始末するつもりだったんだろう。」そう言って、早川はさらに壇を刺した。

「お前なんて生きていようが死んでいようが一緒だ。殺す価値なんてねえよ。」そう言う壇を、めった刺しにする早川。

 

そして、自殺しようとする早川を真野は止めた。

「どうして?俺は君の家族を殺したんだぞ」という早川に、真野は「わかんねえよ。ふざけんな。もう、うんざりなんだよ。俺は前に進みたいんだ。そのために真実を探してきたんだよ。俺はお前らみたいには絶対ならない。お前らとは違うんだよ。」と言った。

泣き崩れる早川。

 

そこへ虎丸とノンナが現れる。

「救急車を呼んでください」

最後まで、真野はいい人だった。

 

早川は殺害容疑で緊急逮捕。

25年前の事件についても改めて取り調べが始まるそうだ。

 

壇は意識不明の重体で、今後目を覚ます可能性はわからないと言う。

 

ずっと連絡が取れない真野。

すると、虎丸の前に真野が現れる。

 

「お前、あの時どうして壇と早川を助けたんだ?」と虎丸は尋ねる。

「何ででしょうね。25年前家族を失ったあの日から、俺はずっと暗闇の中にいました。自分自身の真実を知った時、もし壇や早川を殺したら二度と暗闇から抜け出せなくなる。俺は前に進みたい。そう思ったんです。」と答える真野。

 

「うれしかったです。来てくれて。」そう言って、虎丸に笑いかける真野。

虎丸はその言葉が何よりもうれしかった。

そして二人は握手をかわす。

 

その後、研究所に出勤する真野。

ノンナや研究員たちは、いつも通りに真野を迎える。

海塚も早速、真野に鑑定を依頼。

いつもの日常がスタートする。

 

そんな中、入院中で意識が戻らないと言われた壇が目を開けた。

トレース~科捜研の男~最終回の見逃し配信や動画情報

「トレース」はフジテレビ放送です。放送後1週間はTverで無料配信されます。

フジテレビ公式動画配信サイトのFODを利用すると、1話~最終回までがすべて無料で見放題になります!こちらがおすすめですよ♪

フジテレビの名作動画が無料期間内で見放題なのはフジテレビ公式のFODだけ!!!めっちゃお得~♪

今すぐクリック!

→FOD公式サイトをチェック!

▼もっと詳しく説明を知りたい方はこちら▼

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~最終回見逃し動画を無料視聴する方法!pandoraで見れる?

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~最終回の感想は?

『トレース~科捜研の男~』の最終回を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

トレース~科捜研の男~最終回結末ネタバレまとめ

早川が怪しいと予想はついていましたが、壇が絡む理由がずっとわからずにいました。

でも、まさかの動機が…。

そして、家族を殺害されてずっとツライ思いをしてきた真野さんの前で壇をめった刺しする早川。

ちょっと見ているのがツラくなるラストでした。

SNSでも「胸糞悪い」「怖い」「月曜から重過ぎる」と不評の終わり方でしたね。

ラストには、壇が目を覚ますシーンがありましたが、これは続編への流れでしょうか?

続編があるとするなら、もう少しノンナと真野さんの恋愛話にも焦点をあててあげて欲しいと思います♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です