トレース~科捜研の男~|7話あらすじネタバレ感想(2月18日放送)副音声が話題の神回!

トレース〜科捜研の男〜

2月18日放送の『トレース~科捜研の男~』7話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

6話のラストで発覚した真野の姉の妊娠…。7話では早川先生に姉のことを尋ねていきますが真相はつかめるのでしょうか?

またそれと並行して、不審な交通事故死の真相を探っていきます。

では、2月18日放送の『トレース~科捜研の男~』7話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

トレース~科捜研の男~動画はFODで無料見逃し配信中!

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~|7話のあらすじ

トレース~科捜研の男~7話のあらすじをチェック!

真野(錦戸 亮)は、25年前に殺害された当時高校生の姉・仁美(夏子)が妊娠していたことを知る。真野は、兄の義一(倉悠貴)も通っていた高校の教師・早川(萩原聖人)に会い、姉に関する情報を求めた。

ノンナ(新木優子)は、 英里(岡崎紗絵)と科捜研物理科の坂上亜希(木原実優)に誘われ、合コンに参加する。その帰り道、ノンナたちは、公園で女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。男たちは、ノンナが科捜研の研究員だと知ると逃げ去ったが、そのときにはすでに女性の姿はなかった。

一方、虎丸(船越英一郎)は、捜査一課長の江波(篠井英介)から、都議会議員・伊集院和明(徳重聡)の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。事故は、真夜中に徘徊していた認知症の高齢男性が、伊集院の秘書・住井葉子(河井青葉)が運転する車にはねられて死亡したというもので、車には伊集院も同乗していた。

所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)とともに捜査を始めた虎丸は、真野たちに事故車の調査を依頼する。虎丸は、運転をしていたのは葉子ではなく、飲酒していた伊集院ではないかと疑っていた。実は、事故発生から通報までに約1時間のタイムラグがあったが、その間、伊集院と葉子は事故の衝撃で意識を失っていたというのだ。

そんな折、ノンナと一緒に合コンをした亜希が階段から突き落とされ、バッグを奪われるという事件が起きる。さらにそのすぐ後、今度は英里がひったくりに襲われ…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~|7話ネタバレ

ここからは7話のネタバレになります!

真野は早川に会い、姉・仁美が妊娠していたことを話す。

学校内で姉が付き合っている人がいたかどうか尋ねるが、早川の記憶では付き合っている人はいなかったそうだ…。

 

ノンナは、研究員の同僚たちと合コンに参加。

だが、真野のことが気になって集中できていなかった。

 

その帰り道、ノンナたちは女性が男たちに絡まれているのを目撃し、助けに行く。

男たちは、ノンナたちも無理やり連れ去ろうとしたが、ノンナのネームプレートを見つけ科捜研の研究員だと知ると逃げ去った。

その時には、絡まれていた女性の姿はもうなかった…。

 

海塚は真野を気にかけ声をかける。

そんな海塚に真野は、もう武蔵野一家殺害事件のことはあきらめることにしたと話す。

 

虎丸は、捜査一課長から、都議会議員・伊集院和明の秘書が起こした交通事故の捜査を手伝うよう命じられる。

真夜中に徘徊していた認知症の男性が、伊集院の秘書・住井葉子が運転する車にはねられて死亡したという事故で、車には伊集院も同乗していた。

 

その事件の報道を研究所で見ていた英理とノンナ。

合コンをしていた場所と事故現場が近いことに気付く。

 

研究所に、虎丸と所轄の刑事・柏原依子(宇野実彩子)がやってくる。

今回の事故で、事故現場から100メートル離れたところにある防犯カメラに車が映っていたのだが、通過時刻が23時2分、事故が起きたのが24時7分と1時間のタイムラグがあることが判明。

秘書の葉子も伊集院も事故の衝突で意識を失っていたと言っているそうだ。

 

葉子と伊集院は、「お酒を飲んだ先生を自宅へ送り届ける途中でした。突然ふらっと人が飛び出してきて。事故の衝撃で気を失ってしまったようで、どれくらい時間が経ったかはわかりません。目を覚ました時には被害者の方はすでに…」と証言は一致していると言う。

まるで口裏を合わせているかのようだった…。

もしかすると飲酒をしていた伊集院が運転をしていて、秘書の葉子が身代わりになっている可能性もある。

そうなると危険運転致死傷罪が適用される。

「さっさと事故車を見せてくれ」真野は早速臨場に向かった。

 

ハンドルには複数の指紋が残っていた。

座席には芳香剤のにおいが充満しており、真野はその芳香剤のシミの成分とエアバッグも採取することをノンナに伝える。

エアバッグにはぶつかった時に唾液が付着する可能性があるので、検出され次第DNA鑑定をするのだ。

 

だが、唾液は検出されず。

マスクらしき繊維が運転席、助手席の両方についており運転手が誰なのかは特定できなかった。

 

そんな時、英里がやってきてノンナに合コンに一緒に行っていた亜希が知らない男に階段から突き落とされてケガをしたことを聞かされる。

その帰り道、英里もバッグをひったくられる。

もしかすると、合コン帰りに会った男たちが逆恨みをして襲っているのかもしれないと心配する二人。

 

そんな中、テレビのニュースで伊集院の事故の件が取り上げられていた。

伊集院は事故の責任を感じ辞職を申し出たが慰留されたそうだ。

そこに来た柏原は、伊集院にパワハラ疑惑があったことを虎丸に報告する。

 

真野はCGで事故の再現をしていた。

現場近くの防犯カメラの映像、車両の変形状況、被害者の傷と飛翔距離、現場に残されていたブレーキ痕、それから事故発生時にどのくらいのスピードが出ていたのかを割り出すことができるそうだ。

このスピードで人と衝突した場合、体重の30倍以上の負荷がかかるためシートベルトのあざが残るはず。

運転していた人なら右肩から胸にかけてあざがあると思うと真野は伝える。

 

虎丸と柏原は伊集院の事務所に向かい、伊集院と葉子に確認させてもらうことに。

伊集院には、左肩から胸にかけてあざが残っていた。

そして、葉子は左右のどちらにもあざが残っていなかった。

葉子はシートベルトをしていなかったからだと証言するが、これで第三者の犯行の可能性が出てきた。

 

ノンナの家。

部屋に見知らぬ男性がいて、ノンナは押さえつけられそうになったが、その音を聞いてカンナがやってくると男は外へと飛び出していった。

 

ノンナの家に警察と真野がやってきた。

2日前の男たちのことを話し英里は嫌がらせだと話すが、そこまでするだろうか?

その時、ノンナは男の腕をひっかいたことを話し、真野はノンナの爪の微物を採取する。

 

車から採取したシミのデータと芳香剤の成分のデータが出てきた。

芳香剤には別の液体が混ざっており、それはローズ系の香水だと予想できた。

もしかすると、妻をかばうために秘書を犠牲にしたのでは?と予測する虎丸。

 

ノンナは自販機で飲み物を買おうとした時に、持っているパスケースが自分のものでないことに気付く。

もしかすると、女性を助けようとした時にその女性のパスケースと入れ替わったのかもしれない…でも偶然同じパスケースを持っていた???と少し不思議に感じていた。

 

虎丸から電話があった。

伊集院が使っているローズ系の香水を全て集めたそうだ。

そして、伊集院の妻は事件当日子供を連れて実家へ帰っていたことが判明。

どうやら愛人がいたようだ。

愛人ができると香水をプレゼントするのが常套手段らしい。

 

虎丸は、葉子に接触。

そこまで必死になって何を守ろうとしているんですか?と尋ねたが、葉子は何も言わずその場を去った。

 

真野とノンナは香水の成分を調べ始めた。

その時、とある香水のにおいをどこかで嗅いだ記憶がよみがえる。

それは、男たちに絡まれていた女性のものだ。

そしてノンナはパスケースを持ってきて、真野にそれを説明する。

その話を聞いて、ひらめいた真野。

 

空き巣が探していたのは、ノンナが間違えて持ってきたパスケースかもしれない。

パスケースの持ち主が絡まれていた公園は事故現場のすぐ近く。時間も発生直後。

そしてその女性がつけていた香水と車内に残っていたものが同じものだとすると、単なる偶然とは考えにくい。

そしてパスケースを取り返そうとして、ノンナ、亜紀、英里を襲った可能性も考えられる。

検出されたDNA型を調べたが該当者はいなかった…。

 

パスケースに入っていたパスカ(パスモなどのようなもの)から、乗車履歴などを調べてみる。

すると、真野はそこにある証拠を発見。

 

パスカを持って、真野は公園へと向かう。

そしてそこにあるコインロッカーを開ける。

その中に入っていたのは…

 

虎丸、柏原、真野、ノンナは伊集院の事務所に向かい、小貫貴子という女性を知っているかと尋ねる。

貴子は大学生時代、伊集院事務所のウグイス嬢のアルバイトをしていた。

そんな人がいたような気がするととぼける伊集院だが、その貴子が伊集院の愛人だ。

 

事件当日、車の運転していたのは貴子。

貴子が全て話してくれたことを伝えるが、それでも伊集院は嘘だと言い返す。

 

だが、貴子の右肩には確かにシートベルトが食い込んだあざが残っていた。

さらに貴子の携帯電話の履歴に葉子の番号も残っていた。

気を失っていたという供述とはつじつまが合わないと虎丸は伝える。

 

すると葉子が、事故を起こしたのは貴子だが伊集院は本当に気を失っていて、その間に貴子が自分に連絡をしてきたと話す。

今、伊集院がスキャンダルで失脚すると自分も他の職員たちも路頭に迷ってしまう。

だから、自分から伊集院に嘘をつくようにお願いしたと言う葉子。

それに同調し、自分を正当化しようとする伊集院。

 

そこでノンナが、どうしてパスカを必死に取り戻そうとしていたのか尋ねる。

それすらも知らないと答える伊集院だったが、虎丸はコインロッカーを突き止めそこから大量の違法薬物が出てきたことを話、伊集院に現物をつきつけた。

 

貴子によると、現場に貴子がいるとまずいと言って伊集院はその場から貴子に逃げるように指示。

その時に、車の中に隠していた違法薬物を一緒に持っていくように渡したのだ。

そして、それをロッカーに隠し公園を出ようとしたところを運悪く男たちに絡まれてしまった…。

 

ノンナたちを襲ったのは伊集院本人。

それでもシラを切り通そうとする伊集院に真野は「あなたのご託は必要ない。鑑定結果が真実を教えてくれる。そして、あなたのDNA型と髪の毛を調べればおのずと結果がわかる」と告げる。

 

葉子は、身代わりにならなければ伊集院が行ってきた闇献金の全ての責任を負わせると脅されていたそうだ。

政治家になるという夢をかなえるために、伊集院のどんなひどい仕打ちにも耐えてきた。

だが、結果自分の身をほろぼす結果となってしまった…。

 

ラストで、早川と会う真野。

そして何か資料を受け取っていた。そこに姉の秘密が隠されているのか?

 

ネコ吉
7話は副音声で、錦戸亮さん、船越英一郎さん、新木優子さんの3人がおしゃべり♪
パコ
錦戸さんのかわいい面がいっぱい見られたわ!

トレース~科捜研の男~|7話の感想は?

トレース~科捜研の男~の7話を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

https://twitter.com/yuuuuki4274/status/1097488377987776513

https://twitter.com/taku_ryoran38/status/1097487049098022912

https://twitter.com/mmnsk_m/status/1097509717323051009

 

▼【トレース】7話見逃し動画を無料視聴したい方はこちら▼

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~|7話見逃し動画を無料視聴する方法!(2月18日放送)pandoraで見れる?

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~|7話あらすじネタバレ感想まとめ

トレースの7話では、真野とノンナ、虎丸の3人の関係がとてもバランスが取れていて、宇野実彩子さん演じる柏原に「こいつはこういう奴なんだ」って真野のことを理解しているように話す虎丸さんが良かったです!

8話では、幼なじみの間で殺人事件が起こります。だがそこには不審な点があって…。

来週も真野とノンナが真実を見つけるために活躍します!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です