トレース~科捜研の男~8話あらすじネタバレ感想!家族を超えた幼なじみ愛に涙腺崩壊!

トレース〜科捜研の男〜

2月25日放送の『トレース~科捜研の男~』8話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

8話では、幼なじみが幼なじみの1人を殺害。

でも、それが信じられないという同じく幼なじみである女性が真実を知るために科捜研に依頼をします。

では、2月25日放送の『トレース~科捜研の男~』8話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

「トレース」1話~8話を全部無料で見る方法はこちら

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~8話見逃し動画を無料視聴する方法!pandoraで見れる?(2月25日放送)

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~|8話のあらすじ

『トレース~科捜研の男~』8話のあらすじをチェック!

 真野(錦戸 亮)は、友人を刺殺した男の事件を担当する。「同居している友人を刺殺した」と警視庁に通報が入った。自首してきた御手洗治(渋谷謙人)によれば、夜9時半に帰宅後、口論をきっかけに同居する友人・根岸秀司(落合モトキ)をナイフで刺したという。死亡推定時刻は夜9時から11時ごろ。死因は出血性ショックで、凶器には御手洗の指紋が残っていた。

事件から2日後、 ノンナ(新木優子)は、妹の カンナ(山谷花純)から、高校時代からの友人だという人気女優・橋本梨央(石井杏奈)を紹介される。実は梨央は、御手洗や根岸とは同じ児童養護施設で育った幼なじみだという。梨央は、家族同然で暮らしたふたりが殺人事件に至る理由がわからず、事件を調べ直してほしいとノンナに懇願する。

ノンナから話を聞いた真野が捜査資料を見直すと、夜11時ごろに根岸を刺し、すぐに警察に通報したという御手洗の供述に不審を抱く。鑑識が事件現場の写真を撮影したのは、通報から1時間ほど後の深夜0時ごろ。にもかかわらず、現場の血液は完全に乾いていた。血液の量から推測すると、乾くまでには最低2時間は必要だという真野。つまり、殺害してから通報するまでに1時間以上の空白の時間がある、というのだ。真野は虎丸(船越英一郎)と共に捜査を始める。

殺害現場に臨場した真野は、珍しい種類のネコの毛を発見する。都内のペットショップを当たると、フリーライターの益山英彰(弓削智久)という男が最近そのネコを購入していた。だが、虎丸が益山のマンションを訪れると、益山は何者かに殺害されていて…。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~|8話ネタバレ

ここからは8話のネタバレになります!

ノンナの元に、橋本梨央と言う女性が訪れる。

梨央は先日あった殺人事件で、殺された根岸と、殺害した御手洗と同じ養護施設で育った幼なじみ。

10年以上も家族同然で育ってきたからこそ、御手洗が根岸を殺したとは考えられないと言い、事件を調べ直してほしいとカンナに頼みにきたのだった。

事件概要

殺害したと見られる御手洗治は、夜9時半頃に帰宅。

それから同居する根岸秀司と口論になり、腹部と心臓をナイフで刺した。

そしてすぐに通報。それが11時8分のことだった。

死亡推定時刻は夜9時~11時頃。

死因は肝臓と心臓を刺されたことによる失血性ショックで、御手洗の供述とのずれはなかった。

凶器には御手洗の指紋がついており、御手洗が殺したと考えておかしくはない状況だった。

 

真野が違和感を感じた現場写真

鑑識によって撮影された現場写真は犯行当日の夜12時頃に撮影されたものだった。

その写真に写っている血液は黒く変色しており、完全に乾いていた。

根岸が殺害されたのが通報直前の11時だとしたら、1時間で血液が乾いたことになる。

しかし、大量の血液が1時間で乾くことはありえない。

 

真野によると、最低でも2時間以上はかかると言う。

ということは、根岸は10時前には殺害されている可能性が高い。

つまり、通報するまでに1時間以上あったことが予測された。

空白の時間にいったい何があったのか…

殺害現場臨場

臨場の結果、猫の毛が検出された。

鑑定したところ、チンチラペルシャという非常にめずらしい猫の毛であることが判明。

だが御手洗たちが飼っていた形跡はなく、都内のペットショップで購入者を探したところ益山英彰という男性が最近購入したことがわかった。

1時間の空白の謎解明!

虎丸たちは益山の家を訪れたが、益山は自宅内で殺害されていた。

益山は、週刊誌に記事を書いていたフリーライター。

死因は全身を刃物に刺されたことによる失血死。

殺害されたのは5日前の夜8時前後であることが判明した。

根岸が殺害された日と同じ日だ。

 

御手洗に益山のことを聞くと、当初2人で盗みに入る計画を立てたが、根岸が抜け駆けして益山の自宅に入ったところを鉢合わせ。

そこで根岸が益山を殺害してしまった。

 

その後、根岸とお金の取り分で揉めた御手洗は根岸を殺害した。

そして盗んだお金は、名代側の河川敷に埋めていた。

自首して出所したあと、それを独り占めするつもりだったらしい。

金品と一緒に益山を殺害した際に使ったと思われる刃物があり、そこから根岸の指紋が検出された。

 

益山を殺したのは根岸で間違いない。

そして、根岸を殺害した御手洗は河川敷に金品を隠し、帰宅したところで警察に電話。

これで1時間の空白の謎は解けた。

梨央の後悔

梨央に今回の事件の経緯を話す、虎丸。

梨央は2人に助けられてきたと話す。

梨央は小さな頃から女優になることをずっと目指していた。それを2人も応援してくれていた。

 

そしてそれが実現するかもしれない時がきた。

2人にそれを話すと、「ただの自慢話にしか聞こえない。どうせ心の中で俺たちのこと見下してるんだろ」と2人からは意外な返事が返ってきた。

「この施設を出たらお前は他人だ」「二度とその面見せんじゃねえぞ」と2人から言われ、梨央は夢を追うため施設を出た。

 

実際に夢がかなった時、梨央は真っ先に二人に知らせたいと思ったという。

そこで会いに行くと、2人は振り込め詐欺に加担していて警察に逮捕される瞬間に遭遇。

そんな現場を見ても、二人が人をだましたり、人を傷つけたり、ましては犯罪に手を染める人では絶対にないと信じていた。

二人にはきっと大変なことがあったのだろう。

でも自分は夢ばかり追いかけていた…。

「私は家族を見捨てた」と後悔する梨央。

血痕マップが示す真実

真野は益山の部屋から採取された血痕の鑑定をし直していた。

そこへ海塚がやってきて、気になることがあるという。

益山の部屋にあった金庫には、指紋をふき取った形跡があったのに血液は一切検出されなかった。

だとすると、根岸は益山を殺害後手を洗ってから金庫のお金を盗んだ、もしくは殺害前に盗んだのか…。

 

そこで真野は「血痕マップ」を作成。

益山のマンションに遺留された血痕の形状と位置を記し、そこから犯人と被害者の動きを探っていった。

それを見たノンナはおかしな点があることに気付く。

御手洗はまだ嘘をついている可能性が出てきた。

益山の弟と接触

根岸は入りやすいマンションを狙って入ったと言う。

だが、たまたま入った家に1000万もの金があったというのは都合がよすぎる。

2人は大金があることを知っていて、益山の家に侵入した可能性が出てきた。

警察は、益山と2人の関係を調べ始めた。

 

そこで、益山の弟と接触。

根岸と御手洗の写真を見せるが、弟は「知らない」と話す。

兄の羽振りが良かったことから、フリーライター以外の収入があったようだがそれについても知らないかと尋ねたが、「知らない」とはぐらかす。

だがそのそぶりから、虎丸は益山の弟が何かを隠しているとみていた。

根岸と御手洗の事件当日の行動が判明!

血痕マップで根岸の行動を見たところ、根岸は益山を殺害後、流しに向かい手を洗った後そのまま玄関の外へ逃げていることがわかった。

つまり、益山を殺した犯人は金庫に近づいておらず、金品を盗んでいないことになる。

となると、根岸は金品狙いではなく別の理由で益山を殺害した?

 

また、金庫から続く足跡は歩幅や角度、圧力のかかり方が違うことから別人のものであることがわかる。

金品を盗んだ犯人は、根岸と同じ靴を履いて、窃盗の罪を根岸になすりつけようとしていた…。

おそらく、その人物は御手洗であると真野とノンナは考えていた。

 

御手洗のものだと思われる足跡には乾いた血の跡がついていたことから、窃盗に入ったのは夜10時以降であることが推測される。

つまり、御手洗は根岸殺害後の空白の1時間で、益山の部屋から金品を盗んでいたことになる。

御手洗は盗んだ金品を河川敷に埋めたことは認めているが、金品を盗んだことだけは認めていない。

そこまでして、金品を盗んだことを話さない理由とは…?

根岸が益山を殺害した理由は?

虎丸は御手洗に、根岸が殺害をした理由について尋ねる。

だが、御手洗は口を割らなかった。

そこで虎丸は、益山の叔父が殺害された事件の調書を御手洗の前に出す。

そして、根岸が益山を殺した本当の理由はここにあると話した。

 

梨央は根岸の死の真相がわからずに苦しんでいる。

もう隠し通す必要はないはずだ。梨央のためにも話してほしいと虎丸は説得する。

事件の真相

ノンナは梨央に事件の真相について話す。

根岸が益山を殺した本当の理由は、梨央のためだった。

 

3年前のある日、益山が突然、根岸と御手洗の元に現れ自分の叔父が殺されたことを話だした。

その犯人は10歳になる実の娘で、父親から性的虐待を受けていたという。

父親を殺害した少女は身よりを失い、とある児童養護施設に預けられた。

その少女が梨央だと言う。

 

益山をそれを記事にしようとしていた。

梨央は加害者ではなく被害者だ。こんなことで梨央の人生を終わらせてたまるか。

自分たちも親から虐待を受けていた2人は、梨央の気持ちがよくわかったんだと言う。

 

そこで2人は益山に記事にしないようにお願いしに行くと、益山は毎月30万用意するよう2人に伝えた。

昼夜問わず働いて2人は益山にお金を渡していたが、梨央が売れる度に益山の要求額は増加。

2人は相当追い込まれていた。

 

根岸は益山にこれ以上金を要求するなら、警察に行くと話した。

すると益山は、それなら梨央の記事を公表すると根岸に伝えた。

それを聞いた根岸は、ついに益山を殺害。

益山殺害後の根岸と御手洗の行動

殺害後、家に戻った根岸は益山の弟によって殺害された。

意識がなくなる前に、益山が弟に連絡をし依頼したものと思われた。

 

御手洗が帰宅した時、根岸はすでに刺された状態だった。

その時、まだ意識はあったが根岸が「俺はもう助からない。最後に頼みがある。俺が益山を殺したことが警察にばれたら、梨央の秘密が探られる可能性がある。だが、優太(益山の弟)が捕まれば結局バレてしまう。」

そこで根岸は、御手洗に益山の家の金品を盗むことを提案。

そうすることで本当の動機をごまかそうとした。

そして、根岸が「自分の罪をかぶって欲しい。そして、実際に俺を殺してくれ。凶器への指紋の付き方、返り血の浴び方、本当に俺を殺さないと警察はだませない。だってお前、嘘が下手だからさ」と最後のお願いをした。

2人の梨央を思う気持ちが、今回の惨劇を生み出してしまった…。

でも2人は決して後悔していなかった。梨央の頑張る姿が2人を支えていたのだった。

御手洗は泣きながら、根岸を殺害した。

真実を知った梨央

2人が私のためにそんなことをするはずがない。と大泣きする梨央。

2人は梨央が芸能事務所に入ると決まった時、とても喜んだそうだ。

だがマネージャーから、2人との関係が続くと彼女の過去が明るみに出てしまうことを話され、梨央に今後会わないで欲しいと言われていたのだ。

だから2人は、梨央が芸能界入りできると話した時にあえて遠ざけたのだ。

 

「梨央の夢は俺たちの夢だ」2人はずっとそう思って生きてきた。

根岸と御手洗は、梨央のことをずっと見守っていたのだった…。

虎丸の粋な計らい

御手洗は真実を話したうえで、それでもまだ梨央のことを案じていた。

それに対して虎丸は、「お前は逮捕した時からずっと嘘をついてきた。だからお前の言うことなんて信じられないんだよ!」と言って、根岸の益山殺しは動機不明という形で書類送検することにした。

これで、梨央の過去が明るみに出ることはない。

虎丸は「ここまでよく一人で頑張ったな」と告げ、その場を去った。

御手洗は「ありがとうございました」と深々と頭を下げた。

 

▼9話あらすじとゲストキャスト記事はこちら▼

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~9話あらすじとゲストキャスト(3月4日放送)!姉の妊娠の真相は⁉

トレース~科捜研の男~|8話の感想は?

『トレース~科捜研の男~』の8話を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

▼「トレース」1話~7話を全部無料で見る方法はこちら▼

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~8話見逃し動画を無料視聴する方法!pandoraで見れる?(2月25日放送)

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男|8話あらすじネタバレ感想まとめ

トレース~科捜研の男~8話では、幼馴染の小さな頃からの夢を守るために、体を張って守ったというとても悲しい真実が隠されていました。

虎丸さんの御手洗さんへの配慮が、カッコよかったですね!

最後には、早川先生から真野さんへ連絡が。ついに9話から最終章へと突入します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です