トレース~科捜研の男~9話あらすじネタバレ感想!虎丸とノンナが真野の過去を知る!

トレース〜科捜研の男〜

3月4日放送の『トレース~科捜研の男~』9話のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

仮出所中の男が、以前付きあっていた女性を殺害!?本当に殺害したのはその男なのか?

そして、25年前の武蔵野一家殺害事件に関しても、少しづつ動き出していきます…。

では、3月4日放送の『トレース~科捜研の男~』9話のあらすじ、ネタバレ感想を見ていきましょう!

「トレース」1話~9話を全部無料で見る方法はこちら

トレース〜科捜研の男〜 トレース~科捜研の男~9話見逃し動画を無料視聴する方法!pandoraで見れる?

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~9話のあらすじ

『トレース~科捜研の男~』9話のあらすじをチェック!

家族が殺害された25年前の『武蔵野一家殺人事件』を追う 真野(錦戸 亮)は、高校教師の早川(萩原聖人)から、殺害された時に妊娠していた姉・仁美(夏子)に関する情報を聞く。早川は、当時の生徒たちに話を聞いて回ったが、仁美に交際相手がいたかどうかはわからなかったという。真実を解明する糸口を見つけられずに憤る真野。仕事帰りの ノンナ(新木優子)は、公園から出てくる真野の姿を見つける。遅れて、早川が出てくるのを見たノンナは……。

虎丸(船越英一郎)は、アパートで殺害された胡桃沢綾乃(美山加恋)の事件を捜査する。死因は脳挫傷で、凶器は見つかっていなかった。また、被害者の頬には細かなひっかき傷があった。被害者の携帯電話などに残っていた指紋や目撃証言から、被疑者として浮上したのは綾乃の元恋人の富樫康太(和田正人)だった。富樫は傷害致死罪で7年間服役し、仮出所したばかりだった。 7年前、富樫は、綾乃と結婚するためにある企業に就職したという。だが、その企業は暴力団とつながりがあり、悪質な事業をしていた。半ば脅されるような形で仕事を続けざるを得なかった富樫は、利権を争う相手から暴行を受けた際に、恐怖心から相手を刺してしまったのだ。実はその事件で富樫を逮捕したのは虎丸だった。綾乃には、同じ会社に勤める関口章太郎という婚約者がいたことから、事件は痴情のもつれが原因とも思われた。

着衣の血痕と付着物の鑑定を行った真野は、着衣にバラの花粉が付着していたことを報告する。被害者の頬の傷は、バラのトゲによってつけられたものである可能性もあった。ほどなく、事件当夜に富樫がバラの花束を購入していたことが判明する。それでも富樫の犯行だとは信じられない虎丸に、真野は「あなたが信じるか信じないかは関係ない」と言い放つ。

そんな中、富樫と思われる男が暴行事件を起こしたという通報が入る。

引用元:https://www.fujitv.co.jp/trace_drama/story/index.html

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~9話ネタバレ

ここからは9話のネタバレです!

富樫康太(和田正人)が元恋人である綾乃(美山加恋)の家を訪れると、綾乃は血まみれで倒れていた。

富樫は急いで警察に連絡しようとするが、わけがあってできずそのまま家を出ていった…

 

姉・仁美の情報

家族が殺害された25年前の事件について調べている真野は、高校教師の早川(萩原聖人)と会う。

殺害された時、姉・仁美は妊娠しており、早川はそのことを生徒たちに聞いて回ったが、仁美に交際相手がいたかどうかはわからなかった…。

真相にたどり着けない真野は、いらだちを隠せない。

仕事帰りの ノンナは、公園から出てくる真野の姿を見つける。

遅れて、早川が出てくるのを見たノンナは、早川と会った日のことを思い出していた。

 

綾乃の殺害事件

虎丸は、アパートで殺害された胡桃沢綾乃の事件を捜査する。

死因は脳挫傷で、頬には細かいひっかき傷がついていた。凶器は見つかっていない。

 

被害者の携帯電話やドアなどに血痕がついており、そこに残っていた指紋や目撃証言から、被疑者として綾乃の元恋人の富樫康太(和田正人)の名前があがった。

富樫は傷害致死罪で7年間服役し、仮出所したばかりだった。

7年前、富樫は、綾乃と結婚するためにある企業に就職したという。

だが、その企業は暴力団とつながりがあり、富樫は暴行を受けた際に恐怖心から相手を刺してしまったのだ。

その時、富樫を逮捕したのが虎丸だった。

虎丸は数日前にも面会に行ったばかりで、どうしても富樫の犯行とは思えなかった。

 

綾乃には、同じ会社に勤める関口章太郎という婚約者がいたため、富樫がそれに激情して殺害したと思われた。

綾乃の衣服の血痕や付着物の鑑定を行った真野は、バラの花粉が付着していたことを報告する。

被害者の頬の傷は、バラのトゲによってつけられたものである可能性もあった。

ほどなく、事件当夜に富樫がバラの花束を購入していたことが判明する。

それでも富樫の犯行だとは信じられない虎丸に、真野は「あなたが信じるか信じないかは関係ありません。」と言い放つ。

 

富樫の暴行事件

そんな時、富樫と思われる男が暴行事件を起こしたという通報が入る。

そして、虎丸の元に富樫から連絡が入る。

「俺もやつらに殺される」と話す富樫に、虎丸は出頭しろと説得するが「俺を信じてくれるわけがない」と言って拒否。

 

携帯の情報を調べたところ、富樫が暴行事件を起こした場所に近いところで、同じく暴行を受けた老人がいてその老人のものと判明。

これも富樫の仕業だとして、警察は富樫を指名手配することに。

そして、虎丸は富樫に思い入れがあることを理由に、この捜査から外された。

 

富樫の生い立ち

虎丸は、真野のとろこに向かい今回の事件への協力を依頼。

富樫の父親も強盗事件で捕まっており、小さな頃から犯罪者の息子としてレッテルを貼られて育ってきた。

何かトラブルがあるたびに、富樫は疑いの目をかけられていたという。

 

そんな時、同じバイト先で綾乃と出会った。

バイト先で富樫に盗難容疑がかかった時に、綾乃は全員に事情を聞いて回り、富樫がやってないことを証明した。

自分のことを信じてくれた綾乃は、富樫にとってかけがえのない存在だったのだ。

 

真野は、虎丸の意思をくみ取り、もう少し調べさせて欲しいと答えた。

 

壇と海塚

壇と海塚が遭遇する。

壇は「科捜研のおかげでいつも助かってますよ。研究員の皆さんにもよろしくお伝えください」と笑顔で話す。

そんな壇を見て、海塚は心から笑うことができなかった。

 

ついに虎丸が真野の正体を知る

ノンナは虎丸にホームレス事件のことを聞き返し、真野が早川と会っていたことを話した。

真野が武蔵野一家殺害事件のことを調べていることを聞いた虎丸は、過去の事件の資料を見返す。

そこで、真野が武蔵野一家殺害事件で、唯一生き残った子供であることを知る…。

 

富樫の無実を証明する証拠

頬の傷あとは、富樫が購入したバラではないことが判明した。

そして、携帯を奪われた老人を暴行していたのは、富樫が暴行したと言われた人物で、富樫は止めに入ったのだと言うことが、意識を取り戻した老人の証言でわかった。

「俺への仕返しにやつらは綾乃を…皆殺しにしてやる」と虎丸に連絡してきた富樫。

虎丸は必死で止める。

最後に何も声をかけてやれなかったことを悔やむ富樫。

そして、綾乃の葬儀をしてあげて欲しいと涙ながらに語った。

 

富樫が電話を切ろうとしたところ、真野が電話を変わる。

「その人たちが犯人であるという確かな証拠があるのか?」と尋ねる。

根拠はないという富樫に対して、「ふざけるな!」と怒る真野。

「恵まれてきたやつに俺の気持ちがわかるか!」と言い返す真野に「俺も同じだ」と話す真野。

虎丸は電話を変わり「彼の言っていることは本当だ」と告げる。

虎丸のその発言に驚く真野。

 

綾乃の顔についた傷は、富樫の購入したバラでついた傷ではないことを伝え、富樫に詳しい話を聞く。

玄関の鍵が開いていたこと、電気は消えていて真っ暗だったこと…その日のことを思い出して話す富樫。

そして、綾乃の顔に光が当たっていたことを思い出した。

アパートの前にはパチンコ店があり、そのネオンが当たっていたのでは?という虎丸。

そこで、真野は現場を見せてもらうことに。

 

現場で見えた真実

現場に行って、事件当日の再現を行うと、現場写真と異なる点を発見。

それが、クローゼットのドアだ。

富樫が来た時にはクローゼットは閉まっていたが、臨場した時にはクローゼットは開いていた。

つまり、富樫が来た時に犯人はまだ現場にいた可能性がある。

 

研究員全員が富樫の居場所をつかむため、音声解析を協力してくれた。

細かい音声の正体がわからず、真野は外に出て調査を始める。

そして、富樫と会うことができた。

 

今回の事件の痕跡(トレース)

綾乃の葬儀が執り行われる。

そこで、富樫に真実を話す。

今回の犯人は、綾乃の婚約者であった関口だった。

綾乃は婚約はしておらず、関口の片想いだったという。

 

綾乃は富樫からの手紙を受け取り、富樫と一緒に生きていくことを決めていたと言う。

だが、事件当日、富樫より先にプロポーズをしようとした関口は、断られたことに腹を立て綾乃を殺害。

綾乃がずっと引っ越しをしなかったのも、迷いながらも富樫の帰りを待っていのだ…。

 

虎丸は富樫に指輪を渡す。

それは、富樫が綾乃にプレゼントしたものだった。

安物の指輪だけど、うれしそうにしている綾乃。

面会の時、帰って来るときには黄色いバラの花を買ってきて欲しいと話していたのだ…。

 

自分のことを待っていてくれたことを知り、号泣する富樫。

 

真野の過去

虎丸は「もしお前の大切な人を殺した犯人が見つかったら復讐したいと思うか?」と真野に尋ねる。

真野は答えなかった…。

 

ノンナは虎丸と2人で会い、真野の過去について尋ねる。

「あいつのことが好きなのか?」そう聞かれたノンナは正直に「はい」と答えた。

そして、虎丸はノンナに真野の過去を話した。

 

トレース~科捜研の男~9話の感想は?

『トレース~科捜研の男~』9話を見た視聴者さんの感想をご紹介します!

https://twitter.com/putiputiputti03/status/1102548875049558016

https://twitter.com/nanatunomeron/status/1102551834739134466

スポンサーリンク

トレース~科捜研の男~9話あらすじネタバレ感想まとめ

9話の富樫の幼い頃からの境遇を聞いて、自分を重ね合わせて富樫を説得する真野さんが素敵でした。

そして、その話を聞いて真野さんの気持ちを読み取ってくれた虎丸さん。2人はやっぱり最高のコンビですね!

ラスト2話で、真野の復讐が始まります!次回も目が離せませんよ~!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です