半分青い森山涼次役は間宮祥太郎!だめんずが鈴愛の旦那になる?

半分、青い。

永野芽郁さん主演のNHKドラマ「半分、青い。」

念願の漫画家デビューを果たした鈴愛(永野芽郁)でしたが、長くは続かず挫折してしまいます。そんな時に出会うのが、間宮祥太郎さん演じる“だめんず”の森山涼次。鈴愛は森山涼次と結婚するのでしょうか?今後の展開が気になりますね。

森山役の間宮祥太郎さんのプロフィールや経歴をご紹介します!

スポンサードリンク

間宮祥太郎さんのプロフィール

生年月日:1993年6月11日

出身地:神奈川県横浜市

身長:179cm

血液型:O型

間宮さんは小学生の頃から映画が好きで、将来は映画に携わる仕事をしたいと思っていたそうです。中学生の時、ティーン向けファッション誌「ハナチュー」の読者モデルとして活躍。2008年「スクラップ・ティーチャー」でドラマデビュー、2010年「Stand Up boys」で映画初出演しました。

俳優の成田凌さん、桜田通さん、矢本悠馬さん、千葉雄大さんと仲が良く、特に成田さんとは1か月毎日会うこともあるのだとか。男友達とあまりに仲が良すぎることから、周りからゲイでは?と疑われることもあったそうですが、「そう思ってもらっても構わない」とバラエティ番組でコメントされていました。真相はどうなのでしょうか??

スポンサードリンク

間宮祥太郎さんの演技力がすごい!

まだ25歳の間宮さんですが、「花ざかりの君たちへ~イケメン☆パラダイス~2011」「弱くても勝てます」「僕たちがやりました」など、たくさんの話題作に出演されています。

コミカルな役からシリアスな役まで幅広く演じ、その高い演技力が評価されています。

映画「帝一の國」では、金髪で個性的なキャラの氷室ローランド役を見事に演じられていました。あまりのはまりっぷりに、最初間宮さんだと気が付かないファンもいたそうです。

https://twitter.com/teiichi_movie/status/873866373868396544

初主演映画「全員死刑」では、ヤンキーで人殺しの首塚タカノリを怪演。「BG~身辺警護人~」では、ボーディーガードだがノリが軽い今風の若者を演じ、クールなアクションシーンもこなしました。

着実にキャリアを積み重ねている間宮さん。今後の活躍が楽しみですね!

スポンサードリンク

「半分、青い。」森山涼次とはどんな人物?

映画会社「クールフラット」の助監督。尊敬する映画監督・元住吉祥平の家に居候中。3才の時に両親を交通事故で亡くし、叔母である“三オバ”こと藤村三姉妹に溺愛されて育つ。嫌味がなく感じのよい青年で人の心を癒す天性の優しさがある。その一方、飽きっぽくて何事も長続きしない。

引用元 https://www.nhk.or.jp/dramatopics-blog/1000/296400.html

鈴愛は森山と結婚するのでしょうか?「人の心を癒す天性の優しさ」というのが、鈴愛が好きそうなタイプですよね。フラれてしまった正人くんと同じタイプです。

でも「飽きっぽくて何をやっても長続きしない」という部分が気になりますね。こういう人と結婚すると、後々苦労しそうです。

公式ホームページで公開されている今後のストーリーだと、鈴愛は結婚し女の子が誕生しますが、夢追い人の旦那に離婚を言い渡され、シングルマザーとなり岐阜に戻ることになります。

夢追い人が森山涼次のことかはわかりませんが、可能性は高そうですね。

いずれにしても、鈴愛は波乱万丈の人生を送ることになるようです!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。