半分青いで鈴愛のやってまったがかわいい!実際に岐阜で使う方言?

半分、青い。

NHK朝ドラ「半分、青い。」ストーリーも中盤になり盛り上がってきました。永野芽郁さん演じる鈴愛の口癖「やってまったー」がとにかくかわいい!みなさんもまねして使ってみたくなりませんか?電子レンジに新作漫画の下書きを忘れていたことに気づいた秋風先生(豊川悦司)も言っていましたね。「やってまった」は鈴愛の故郷・岐阜の方言なのでしょうか?実際に使われている言葉なのでしょうか?調べてみました。

スポンサードリンク

半分青いの方言、岐阜ことばとは?

半分青いの前半の舞台は、鈴愛の故郷・岐阜県東濃地方です。東濃地方とは、中津川・恵那市・瑞浪市・土岐市・多治見市からなる長野県と愛知県に接する岐阜県の東南部を指すそうです。ドラマで使用されているのは「岐阜ことば」で、抑揚が少なく緩やかで、中間の高さの音程が難しいのが特徴とのことです。

ヒロインの永野さんは方言について、「岐阜ことばは関西弁と標準語の間みたいな感じで、最初の頃は難しかった」とコメントされていました。方言に慣れるため日常生活でも使うようにしていたそうです。努力家ですね!そのかいあって、今では無意識にぽろっと方言が出てしまうほど体に染みついたそうです。

やってまったは実際に使われている方言?

ヒロインたちが話す岐阜ことばにネットでは「かわいい」「しっくりくる」と高評価の声も多いですが、中には違和感を抱く人も少なくないようです。

なぜ違和感を感じる人がいるのでしょうか?実は一口に岐阜ことばといっても、地域によって違うんだそうです。岐阜南部で使われているのが、「美濃弁」。さらに、美濃東部地方の言葉は「東濃弁」と呼ばれています。東濃地域では実際に『やっちゃった!しまった!』って時に『やってまった!!』と使うそうです。ほっこりしてかわいい言い方ですね。

一方岐阜県の西側(西濃地方)は滋賀県などの関西圏に接しているので、関西弁に近い言葉になるんだそうです。地域によって変わる方言って面白いですよね。

半分青いの舞台は東濃地方なので、岐阜ことばの中の東濃弁ということになりますね。
鈴愛が「やってまった」と発した1話放送後、地元の人々から「やってまったー。言う言う!」「永野芽郁ちゃんに可愛く流行るように使っていただきたい!」と喜びの声が上がっていました

スポンサードリンク

謎ワード、ふぎょぎょも方言?

鈴愛のもう一つの口癖「ふぎょぎょ!」。さかなクンが言ってそうな言葉ですが、これも方言なんでしょうか?

こちらは脚本を手掛けた北川悦吏子さんの造語で、驚いた時に使う言葉だそう。ちまたでは「ふぎょぎょは流行らないと思う」という冷静な声もありますが、ツイッターでは既に「ふぎょぎょ」を使いこなしている人も。

大人気だった朝ドラ「あまちゃん」の「じぇじぇじぇ」が流行語大賞になっているので、「ふぎょぎょ」「やってまった」もこれからのドラマの盛り上がり具合で流行語になるかもしれませんね。

秋風に破門され岐阜の実家に帰ってきた鈴愛ですが、鈴愛は潔白だったことがわかり秋風がお詫びのため訪ねてきます。

そんな秋風に対し、鈴愛は東京に戻ることを条件にある要求をします。その要求とはどんなものなのか?鈴愛と正人との恋の行方も気になります!今後の展開に注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。