せごどん(西郷どん)第7回のなんこって何?薩摩の結婚式の儀式?

大河ドラマ「西郷どん」読み方は「せごどん」の第7回「背中の母」では、吉之助と須賀の結婚式が執り行われました。大久保さんが気を利かせて場を閉めようと、家でみんなで「なんこ」しようと誘います。女性陣も大喜びでしたが、ナンコとは何でしょうか?

スポンサードリンク

なんこって何?

Twitterでなんこについてつぶやいている方がいらっしゃいました!

なんこを紹介する動画もありました!ゆるキャラがなんこで対戦しています。

なんことは
鹿児島に古くから伝わる酒席での遊びで、客を歓待し、酒席を景気づけて親睦を深めます。慶長3年(1598年)島津義弘が朝鮮の役から帰国した際、はじめてのが最初と伝えられています。
ナンコが始まるのはある程度焼酎が入ってからで、ナンコ盤を前に2人で向き合い、長さ10cm程度の箸や1cm四角の角材3本ずつをお互いが持っていて、両手を後ろに回して、かくしておき気合もろとも右手を突き出して、相手が何本もっているかを当てる遊びです。ナンコをする時は審判、あるいは介添人がそばにいて、盆に焼酎をついで見ていて負けた方は焼酎を飲まねばなりません。勝った方に花と称して献杯することもあります

ナンコの数の呼び方
ナンコは相手が持っている本数を当てたり、あるいは双方合計の本数を言い合いするのですが、本数の呼び方に独特の用語があります。

●ゼロ=なし、フウ、お手パラ、オイヤラン
●一ツ=一丁、一人者、天皇陛下、一本、ウゼケンに一人
●二ツ=下駄ン歯、夜明け、オンジョボ(夫婦)、じゃんぼ
●三ツ=三本、下駄ン目、犬のシビン(小便する時3本足になる)、鍋こしい
●四ツ=菜の花、四本、シンメ、蚊張ン釣手、ニワ鳥が二匹
●五ツ=五本、五人め、五人め餅、片手、ごんじう
●六ツ=六本、すっぱい、うぜげん、いっぺ、けねじゃ(家内中)、アイタケ

▼そのた
あによ(兄の意、自分より数が多い)、おとつ(弟、自分より数が少ない)
どっこい(同数)、どやつ、お互い、どっちも

引用元:http://www.tanshikijyoryu-shochu.or.jp/
スポンサードリンク

薩摩なんこ大会や関連グッズ

なんこは大会もあるんです!

どこでもなんこができるなんこグッズもあるんです!

なんこのまとめ

「なんこ」とは、薩摩藩政時代から伝わる酒席での遊びの名称です。
なんこ大会があったり、普及の活動をしている方もいらっしゃいました。お酒が飲めないとできない大人の遊びでした。

せごどんの見逃し動画を見たい方はこちら↓↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。