【大恋愛】侑市(松岡)の母がムカつく!最終回では尚の母と関係修復!?

大恋愛

【大恋愛】侑市(松岡)の母がムカつく!最終回では尚の母と関係修復!?

ドラマ「大恋愛」がついに12月14日の放送で最終回を迎えます!

そんな「大恋愛」の侑市(松岡昌宏)の母がムカつく!と話題になっています。

最終回では侑市の母と、尚の母で侑市と結婚した薫の関係が修復するのか、調べてみました!

▼大恋愛はParaviで無料見放題▼

Paravi公式サイトへ

「大恋愛」侑市の母親がムカつく?ネット上での反応

ドラマ「大恋愛」の侑市(松岡昌宏)の母・井原千賀子が嫌い!ムカつく!とネット上で話題になっています。

夏樹陽子さん演じる井原千賀子は、エリート医師である侑市の母親で、有名なウェディングデザイナーという役どころ。

侑市のことを溺愛していて、侑市とお見合いで婚約した尚のことを気に入っていたのに、病気がわかった途端にいじわるを言ったりして、二人を別れさせます。

数々の意地悪発言や息子に対する過保護っぷりがムカつくと大反響なんです。

そんなネット上の反応や感想を調べてまとめてみました!

https://twitter.com/karintou2442/status/1068495773388533760

みなさんかなりイライラしちゃってますね(笑)

夏樹陽子さんの演技が上手すぎるのもあって、ストレートにイライラしちゃいます!!

第9話では、千賀子(夏樹陽子)溺愛の息子・侑市がなんと元婚約者である尚の母親・薫と恋仲になり結婚してしまうという、千賀子にとっては耐えられない展開に。

案の定、いろいろな意地悪を言ったり頑張る千賀子ですが、努力むなしく二人は結婚。

12月14日に最終回を迎える「大恋愛」ですが、そんな千賀子(夏樹陽子)と薫(草刈民代)の関係はどうなるのでしょうか。

修復できるのか、はたまたこの関係がずっと続いていくのか、気になりますね。

「大恋愛」最終回あらすじ・千賀子と薫の関係修復?


家族に何も告げず、手紙と携帯電話を残し姿を消した尚(戸田恵梨香)。真司(ムロツヨシ)は警察に相談するが、事件性が確認できないため動けないと言われてしまう。薫(草刈民代)と侑市(松岡昌宏)も駆けつけ、病院にも尚の行方を確認するが情報はなく…。
真司は、自分が怒鳴ったから尚が混乱してしまったのではないかと自分を責める。

それから8ヶ月。
未だ見つからない尚の消息を案じ、テレビの行方不明者捜索番組で、薫が情報提供を呼びかけることに…。
“10年間の愛の物語”がついに完結!
ラストに起こる温かな奇跡をお見逃しなく!!

引用元:https://www.tbs.co.jp/dairenai_tbs/story/

 

侑市(松岡昌宏)の作った軽度認知障害の薬が認可され、侑市は一躍時の人となる。この機会を生かせという父・誠一郎(橋爪淳)の進言で、侑市と薫(草刈民代)は千賀子(夏樹陽子)との関係の修復に成功。だが真司(ムロツヨシ)は、認可がもっと早ければ尚(戸田恵梨香)にも適用できたとの思いを拭えず、侑市の成功を手放しで喜べない。

引用元:https://www.tvguide.or.jp/feature/drama/autumn2018/00001407/

ドラマ「大恋愛」最終回のあらすじでは、なんと「侑市と薫(草刈民代)は千賀子(夏樹陽子)との関係の修復に成功」とあります!

ネコ吉
え〜っ?!想像できないけど、本当?!

第9話までの感じだと想像できないですが、侑市の父・誠一郎(橋爪淳)の進言によって修復できるようです。

この機会を活かせという進言がなぜ関係修復に向かうきっかけになるのか気になります!!

やはり最後には今までの自分の行動を反省して本当の意味で息子を愛する良い母親に変わっていくのでしょうか。

ここまで嫌な役を貫いてきた千賀子(夏樹陽子)が急に丸くなってしまうというのも、なんだか寂しいような・・・(笑)

どんな流れで千賀子(夏樹陽子)と薫(草刈民代)が関係を修復していくのか、最終回の放送が楽しみです!

 

▼大恋愛の見逃し動画はParaviで無料配信中!▼

Paraviで大恋愛を見る

本ページの情報は2018年12月時点のものです。
最新の配信状況はParaviサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です