【ドロ刑】最終回あらすじネタバレ感想(12月15日放送)!虹の意味は何?斑目はケムさんを撃てる!?

12月15日放送の【ドロ刑】最終回のあらすじ、ネタバレ感想を書いていきます!

最終回の見どころはやっぱりケムさん逮捕と皇子山の妹の死への関与…
9話の斑目さんは泣き虫だったねぇ〜

 

ケムさんは斑目に逮捕されちゃうのか?泣き虫な斑目くんだから逮捕の瞬間は大号泣でしょうか!?

▼今すぐクリックでドロ刑無料視聴▼

ドラマ『ドロ刑』最終回のあらすじネタバレと感想

けむりがらす(遠藤憲一)が次なるターゲットとして名前を書き残したのは柏田不動産の会長『龍崎一郎りゅうざきいちろう』。13係で手分けをし、龍崎の会社周りを警護することになった斑目まだらめ(中島健人)と瑤子ようこ(江口のりこ)、さらに勝手田かってだ(丸山智己)と左門さもん(板尾創路)も加勢して厳重すぎる警備体制を敷く。しかし煙鴉の仕掛けた巧妙な罠にはまり、龍崎のポケットに入っていたある物が盗まれてしまう!今まで煙鴉が盗んだ物が全て個人情報に関する物だと気付いた斑目は、煙鴉の目的が何なのか考えを巡らせる…。

そんな中、皇子山おうじやま(中村倫也)は美希みき(石橋杏奈)から20年前に分譲地として売りに出されていた“虹の見える丘公園”がギルバート記念病院に関連がありそうだと聞く。自殺した妹・真里まり(真魚)の死の真相を追う皇子山は、真里が慕っていた医師・伴ばん(村松利史)の口を割らせようと、警察として一線を超えた行動に出て…。

そして水面下で警視総監の真鍋まなべ(本田博太郎)と通じていた鯨岡くじらおか(稲森いずみ)は警察にとって不都合なある情報を握る煙鴉を存在ごと握り潰す目的で13係を利用しようとしているようで…!?
その夜、斑目は新聞記者の近藤こんどうから斑目の持っているという『日本を揺るがすネタ』を教えて欲しい、と声をかけられる。表の顔は犯罪ジャーナリストを装っている煙鴉が、自分に何かを伝えるために近藤をよこしたのだと直感する斑目だが…。

そんな中、ある新聞記事の写真を解析していた細面ほそおもて(野間口徹)と、これまで煙鴉の関与した窃盗について調べていた美希、そして皇子山の情報が合わさり、煙鴉の正体がとうとう明らかになろうとしていた。しかし、煙鴉を追うことは、かつて行われたある大きな不正を暴くことに繋がっていて…!!煙鴉が仕組んだ命がけの復讐劇のフィナーレを前に、斑目と13係が最後に選んだ道とは!?

引用元:https://www.ntv.co.jp/dorokei/story/

 

ドラマ『ドロ刑』最終回のネットの反応や評価は?

 

ネコ吉
放送後に更新するにゃ♩
パコ
楽しみにしててね!

ドラマ『ドロ刑』最終回まとめ

放送後に公開します♩

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です