ドラマ昼顔の最終回ネタバレと感想!北野先生と紗和の結末は?

昼顔

2014年にテレビ放送されて大ヒットした『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』は、満たされない主婦たちが不倫に溺れていく様を描いた作品です。最終回で、紗和(上戸彩)は北野先生(斎藤工)と結ばれることはできるのでしょうか?ドキドキの最終回、ネタバレと感想を書いていきます。

▼ドラマ・昼顔が無料で見放題

ドラマ・昼顔最終回あらすじ


ドラマ・昼顔最終回「#11 2014年9月25日放送 罪から始まった恋完結・・・妻が選ぶのは夫か恋人か」

紗和(上戸彩)は、貸別荘で北野(斎藤工)の帰りを待っていた。紗和の夫・俊介(鈴木浩介)、妻の乃里子(伊藤歩)と会って思いを伝えた北野は、約束通り紗和の元へと戻る。ところがその夜、紗和たちの元に探偵会社の調査員(神農直隆)とともに俊介や乃里子、慶子(高畑淳子)らが現れ、ふたりは無理矢理引き離され、連れ戻されてしまう。

数日後、紗和は利佳子(吉瀬美智子)と再会する。紗和が北野を諦められずにいることを知った利佳子は、ここまできたら自分の意思で決めるしかないと助言する。しかし、利佳子自身は、加藤(北村一輝)と別れるべきかどうか悩んでいるという。スポットライトを浴びる加藤の隣に立つのは、離婚でもめている子持ちの人妻ではないと言うのだ。

そんな中、加藤がバルセロナから帰国する。一方、笹本家と北野家は、弁護士を間に入れて話し合うが・・・。

引用元:FOD
▼ドラマも映画も!昼顔配信中

ドラマ昼顔最終回ネタバレ

北野裕一郎(斎藤工)と紗和(上戸彩)は結局、結ばれることなくお互いに想いを押し殺して生きることになりました。

裕一郎の妻、乃里子(伊藤歩)は、笹本家と北野家を集め、弁護士事務所での話し合いをしました。
そこで、紗和と裕一郎を二度と合わせないため、紗和に示談の条件を提示します。その条件は、「今後一切、合わない。電話もメールもしない。それを破ったら、月30万円の慰謝料を死ぬまで乃里子に支払う」というものでした。

裕一郎は紗和に遊びだったと言って、諦めさせようとします。紗和も退屈しのぎの不倫だったと言って、示談の条件にサインしました。

紗和は一目、裕一郎に会えないかと、勤務する高校まで自転車を走らせます。
そこで、裕一郎の校内放送の声を耳にし、うっとりする紗和。

『ただ、会って抱き合う。それだけが愛の営みではない。先生はそんなふうに思います。たとえ離ればなれになっても、相手の幸せを願い続ける。心を持ったホモサピエンス、人間という生物の愛なんだと。だから、君たちにはいつか、誰かを真剣に愛して欲しい。そう願っています。途中で去ることを謝ります。ごめんなさい、そしてありがとう。さようなら。』

放送を聞いて、涙した紗和は、校舎から出てきた北野先生を見て泣き崩れます。
本当は、今すぐ駆け寄って抱きしめたい気持ちをぐっと抑えます。

笹本家のアパートに帰宅した紗和は、靴紐に火をつけ、ゴミ箱に投げ捨てます。
火は燃え移り、大きく燃え上ります。しかし、火はすぐに消し止められ、紗和は夫に庇われて罪に問われることはありませんでした。

この一件を機に、紗和は夫と離婚することになりました。

裕一郎も紗和も、別の街に引越して、許されない恋は幕を閉じたのでした。

ドラマ昼顔最終回の感想

紗和(上戸彩)と北野先生(斎藤工)は結ばれませんでしたね。北野先生の妻、乃里子の猟奇的な行動にゾッとしながらも、愛する夫を取られると思ったら誰でもこうなってしまうのでしょうか。個人的には、ここまで夫の心が離れたら、つなぎとめても虚しいと思いますが…お互い辛いですよね。

北野先生、紗和を想うならもっと、ちゃんと妻を説得しろよ!と思いました。北野先生に喝!

ドラマ昼顔のSNSでの反応

まとめ

ドラマ昼顔では、北野裕一郎(斎藤工)と紗和(上戸彩)は結局、結ばれない結末でしたが、二人とも想いを残したままの別れなので、3年後に公開された映画「昼顔」ではもしかしたらくっつくエンドが見られるかもしれません。
とにかく、紗和を演じる上戸彩ちゃんが可愛くて、吉瀬美智子さんの美しさも極上なので映像で見て損はないと思います!

FODプレミアムに登録でドラマ昼顔が無料見放題!を紹介した記事はこちら↓

▼ドラマ・映画昼顔を配信中!

昼顔を見る

本ページの情報は2018年4月時点のものです。
最新の配信状況は FODサイトにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です