韓流ドラマ・サム、マイウェイ恋の一発逆転!のあらすじとネタバレ、感想

サム・マイウェイ

韓流ドラマ「サム、マイウェイ」。などに出演した人気俳優パク・ソジュンを主演に迎えた、ラブコメディです!!

韓流ドラマならではの、女子をキュンキュンさせてくれる内容が盛りだくさんで、かつ着飾らない登場人物たちが日常生活で起こる挫折や嫉妬を、より感情移入しやすい作品に仕上げてくれています。

今回は「サム、マイウェイ」のメインキャストとネタバレを踏まえたあらすじをご紹介します!!

いますぐサム、マイウェイを視聴したい方はこちらから↓↓

 

サム、マイウェイ ~恋の一発逆転!キャスト紹介

コ・ドンマン(パク・ソジュン)

パク・ソジュン

 

・ 元テコンドーの選手 エラと20年来の幼馴染

チェ・エラ(キム・ジウォン)

キム・ジウォン

 

・デパートの案内係 ドンマンを意識し始める

ペク・ソリ(ソン・ハユン)

ソン・ハユン

 

・ テレビ通販会社のオペレーターでジュマンと交際中

キム・ジュマン(アン・ジェホン)

アン・ジェホ

 

・テレビ通販会社社員

パク・ヘラン(イ・エリヤ)

・ 有名アナウンサー ドンマンの元恋人

パク・ムビン(チェ・ウシク)

・ 医者。エラに猛アプローチする

チャン・イェジン(ピョ・イェジン)

・テレビ通販会社インターン ジュマンに片思い

ファン・ジャンホ(キム・ソンホ)

・ドンマンのテコンドーのコーチ

キム・タクス(キム・ゴヌ)

・ ドンマンのライバルで格闘家として成功している

引用元:http://kandera.jp/sp/myway/

▼今すぐクリック▼
 

サム、マイウェイのあらすじ

テコンドー選手として活躍していたコ・ドンマンはある事件をきっかけに競技を辞め、ダニ駆除業者に就職した。

そしてドンマンの20年来の幼馴染であるチェ・エラはアナウンサーの夢を断念し、デパートの受付に。

良妻賢母が夢だったペク・ソリは通販会社のオペレーターという仕事をしながら、同じ会社で食品購買担当をしているキム・ジュマンとの交際を6年も続けている。仕事でミスも多いソリはそろそろジュマンとの結婚を望むがジュマンはいつも煮え切らない。

さらに社内恋愛を隠している、ソリとジュマン。2人の交際を知らずにジュマンに想いを寄せるチャン・イェジンが動き出す。

 

エラは友人の結婚式で、急遽司会をして欲しいと頼まれ、もともとアナウンサーを夢見ていたこともあり、大成功をおさめます。

 

結婚式後、参加した男たちに絡まれたエラを助けるために、ドンマンは相手に回し蹴りをおみまいします。

 

司会の成功と久しぶりの回し蹴り、2人はそれぞれの自分の身に起こった出来事を

「気分が良かった」と語り合い、胸の中にある、捨てきれていない夢への情熱が再燃しました。

 

しかしドンマンは昔、当時ライバルだった、キム・タクスのコーチに「負け試合」をしてくれと金銭と引き換えに頼まれます。父親の借金で苦労している母親、車いすの妹のため、悩んだ末、ドンマンは勝利を譲ります。しかし、試合が八百長試合だったことが判明してしまい、ドンマンはすべての罪を背負い、競技を辞めました。

 

その過去から、なかなか立ち直れないドンマンをエラは励まします。

これをきっかけに幼馴染だった2人の関係に少しずつ変化が見え始めます。

 

しかし、ドンマンの前には元恋人であるヘランが現れ、ドンマンにアプローチを仕掛けます。

一方エラは結婚式で一目ぼれしたというムビンから積極的にアプローチされ告白されます。

 

テコンドーのライバルだったタスクは、格闘家として成功し、活躍しています。

タスクはドンマンを見下し、軽蔑します。触発されたドンマンは会社を辞め再び格闘家としての道を本格的に歩みます。

 

そしてエラもアナウンサーの夢へと突き進みます。

多くの困難を乗り越えながらも、ドンマンは格闘家になり、エラはリングアナウンサーとなります。

エラとドンマンは一度は恋人同士になったものの別れてしまいます。

しかし最終回ではドンマンがエラにプロポーズ!!!

ソリとジュマンも危機を乗り越えて再びよりを戻します。

▼今すぐクリック▼

 

サム、マイウェイの感想

格闘家としてライバルとの試合に見事勝利し、エラとも婚約できた。もう完全なるハッピーエンドですね。

 

個人的にはムビンが最初にエラにアプローチするところが大好きです。

エラに会う前に「もしかしたら、エラがドライブに行きたいと言うかもしれない、」

と頭の中で勝手に妄想して、ガソリンを満タンにしてからあと会いに来るきます。現実にされるともしかしたらひいちゃうかもしれませんが、ムビンだとかわいく見えてしまいます!

 

そして韓国ドラマならではの女子をキュンキュンさせる要素がぎっしり詰まっています。

そしてキャスト同士のやり取りも思わず笑ってしまうものも多く、ドンマンとエラのやり取りは笑える中にも相手への思いやりも感じられ、ついニヤニヤしてしまいます。

紹介している作品は、2018年6月時点の情報です。
現在は配信終了している場合もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。